三上晴子

PEOPLEText: Mariko Takei

「Desire of Codes - 欲望のコード – 」

80年代以降、情報戦争と身体をテーマに大規模なインスタレーションを相次いで発表し、メディアアートシーンを世界的に牽引するアーティスト、三上晴子。その活動を総合的に紹介するアジア初の大規模なインスタレーション展「Desire of Codes - 欲望のコード – 」が3月20日より山口情報芸術センター[YCAM]で開催されている。観客を監視するインタラクティブ・インスタレーションから見えてくるものとは?情報生態系に渦巻く欲望をベースに新作を展開している三上氏にお話を伺った。

これまでの活動内容を含め、自己紹介をお願いします。

三上晴子(みかみせいこ)アーティスト/多摩美術大学教授。1984年より、「情報社会と身体」をテーマに、インスタレーション作品を発表し、90年代にはニューヨークを拠点に活動し、主に欧米のギャラリーや美術館で作品を展示してきました。観客参加型のインタアクティブ・アート作品を最初に発表発表したのは、1991年のP3Art&Environmentの「パルス・ビート〜あなたの脈拍を貸して下さい」で、その後、知覚によるインターフェイスを中心とし、視線入力による作品(キヤノン・アートラボ企画展、1996)、聴覚と身体内音による作品(ICC常設作品、1997)、触覚による三次元認識の作品(NY、1998)、重力を第6の知覚と捉えた作品「グラヴィセルズ」(山口情報芸術センター[YCAM]、2004-)などのメディアアート作品を発表してきました。

今回、YCAMで発表している新作「Desire of Codes|欲望のコード」は、カルチュールフーセット(ストックホルム、スウェーデン、2005-2006)での展示後、ドイツ(2007)、イギリス(2008)、フランス(2008)などで展示してきた作品ですが、今回の個展では、新作2点を含めた最新バージョンを制作/展示しています。これらの作品のうち2点は2010年7月30日から9月5日まで「欧州文化首都」であるドルトムンド「RUHR ISEA」(ドイツ)、もう1点は8月5日から9月20日までウィーンの現代美術館「キュンストラーハウス」で展示を行い、その後ヨーロッパを巡回する予定です。

doc01_ycam.jpg
三上晴子「Desire of Codes|欲望のコード」(新作/YCAM委嘱作品)撮影:丸尾隆一(YCAM InterLab)

80年代より「情報社会と身体」をテーマにインスタレーション作品を発表されていますが、いくつかこれまでに手がけた作品をご紹介いただけますか?

90年代からは、知覚によるインターフェイスを中心とするインタラクティブ作品を制作しているのですが、知覚というある意味複雑で広範なテーマを、視覚、聴覚、触覚、重力覚など、それぞれのインターフェースから個別に研究、制作しながらプロジェクトを進めています。

例えば、視覚をテーマとした「モレキュラー・インフォマティクス―視線のモルフォロジー」(1996)は、視線によって3次元空間に形態を生成していくインスタレーションですが、「視ることそのものを視る」、「無意識と意識の連鎖」という2つのコンセプトから、空間と身体のダイアローグ環境を表現しています。また、『「視ることそのものを視る」とはどういうことなのか』、視るという行為を観客に問いかけた作品です。

また、重力をテーマとした建築家の市川創太さんとのコラボレーション作品「グラヴィセルズ」では、重力が第6の知覚と呼ばれていることに注目し、立って歩くという単純なインタラクションにより、重力の作用で、どのように空間が歪むかを表現しました。私たちの身体は、内耳にある三半規管によって重力を捉え、同時に、抵抗します。車に乗ってほんの少しこの知覚を揺すぶられるだけで酔ってしまう程、重力と身体の関係性は深いのです。知覚を補助し身体機能を補完するものとして、目には眼鏡、耳には補聴器が装着されるように、人口内耳は重力という知覚を補い、長年の重力の歪みで衰えた老人は転ばなくなるとも言われています。この作品は、2004年にYCAMで発表後、世界8カ国12ヵ所で展示を行い、今回、改訂バージョンとして、YCAMで展示されています。

gravicells_ycam.jpg
三上晴子+市川創太「gravicells —重力と抵抗」(改訂新バージョン/YCAM委嘱作品)撮影:丸尾隆一(YCAM InterLab)

ほかのプロジェクトも「インターフェイスは、我々の内側に存在している」ということを軸に制作され、形態としての作品そのものよりも、身体と空間の間に存在するインターメディウムな情報交換自体のプロセスを表現しています。今回の新作「Desire of Codes|欲望のコード」からは作品の方向性が「知覚としての身体」から「情報化社会としての個人へ」とシフトしてきたように思いますが、80年代の私の作品テーマが「情報社会と身体」ということもあり、大きな括りでは、同じようなテーマで作品を制作しているとも言えます。

今回開催する個展「Desire of Codes|欲望のコード」では、新作インスタレーションを発表されるそうですが、3部構成で展開する今回の個展についてコンセプトやそれぞれの展示内容をご紹介頂けますか?

「Desire of Codes|欲望のコード」は、3つの作品構成で展開されているインタラクティブ・インスタレーションです。この作品は、私が考える今現在の私たちの社会を映し出し、また、情報生態系社会に増殖する欲望を表現しています。

手前の巨大な壁面には、昆虫の触毛を思わせる小型カメラを搭載したストラクチャー、そして、中央の天井からはビデオカメラとレーザー・プロジェクターが搭載された6基のロボテックス・サーチアームが吊られています。各装置は、昆虫がうごめくように、観客の位置や動きをサーチし、それに向かって動き出し、観客を監視し、その姿を蓄積しています。さらに、会場の奥には、昆虫の複眼のような巨大円形スクリーンが位置し、壁からのカメラのリアルタイム映像データや、世界各地の公共空間にある監視カメラの映像とともに、独自のデータベースを構築し、過去と現在の会場の画像と世界各地の映像は、時間や空間を断片的に組み変え、交錯しながら、この複眼スクリーンに投影される仕組みになっています。

doc02_ycam.jpg
蠢く壁面
会場入口付近の横14.4m×高さ4.5mの白い壁面には、縦6列、横15列、に設置された90ユニットの動くストラクチャーが組み込まれた壁面が広がっている。これらのユニットは観客の動きに連動し、追随するように蠢き、個々のユニットから出される「カシャ」という生の駆動音により、全体として生物体がざわめくような空間を作り出す。

doc03_ycam.jpg
多視点を持った触覚的サーチアーム
中央の天井9m×6mのエリアには、蜘蛛の巣のように58個のセンサーが張り巡らされており、触覚的なロボットアームの形状をした作品6基が吊られている。そのアームは静かに疾走して追うように観客の動きに追随する。アームの先端には超小型高精細カメラとフォーカス・フリーの超小型レーザー・プロジェクターが装着され、観客をカメラで捉えると同時に、あらゆる角度の観客の姿をリアルタイムで床面に映し出す。考える隙間を否定するかのように速度を増しながら動くアームによって、「今現在」は「ヴォイド/空虚」の繰り返しであるということが認識されていく。
観客が1カ所に立ち止まっているとビデオカメラのレンズが光に焦点を合わせるように観客へズーム。別の観客がセンサーの網に近づくと、再びこれら触覚アームは別の観客を捉え、静かに疾走しながら観客自身を反射させていく。また、会場入口付近へ入る時に撮影された観客の画像も、この床面を這うように映し出される映像に介入する。

doc04_ycam.jpg
巡視する複眼スクリーン
「蠢く壁面」から送られてくる観客の映像、観客の動きやネット上にある世界各地の監視カメラ画像など、センサー/カメラ/プログラムなどの様々な独立した要素(データ)は、独自のデータベースとして構築される。複眼スクリーンの各個眼は、互いに連携しながら、時間軸、空間軸、ネット軸を横断し、このデータベースを通してリアルタイムに巡視、全ての要素がこの個眼の思考によって分断され、複眼スクリーン上で再構築されるのである。
直径4.7mの複眼スクリーン上には、観客の皮膚、眼、髪、鞄などのリアルタイムの会場の映像と、5秒前あるいは5時間前、5日前、5週間前などの過去の映像も入り交る。また、飛行場、公園、廊下、湖、雑踏、コンピュータルームなどの世界中の監視カメラの映像も同時に映し出される、その61個の個眼からなる映像の経緯は、まるで分断された夢や、脳の記憶を見ているかのような様相を生み出す。また、データベースには顔認識のシステムも組み込まれており、人の顔を認識すると、自動的に人面データベースへと取り込む仕組みになっている。

※データベース
本作で開発された、ネット上に公開されていると世界の監視カメラの画像、顔認識された画像、会場内のカメラによる過去の画像、リアルタイムの画像などを巡視している単眼エージェントのプログラム。これをグラフィック化した画像を、会場の入り口付近に設置されたモニタ—で表示している。これは「欲望のコード」のプログラムの管理人ともいえ、過去と現在を分断、また横断している様子を見ることができる。

※3つの作品を統合している音と光 
インスタレーション空間内に流れた人々の話し声や物音、作品から発生される機械音は超指向性マイクによって収集され、音声から音圧や周波数成分といった時系列情報が抽出され、解析される。「蠢く壁面」からは15列それぞれのセンサーの反応と可動ユニットの角度データ、「サーチアーム」からはシリンダーの長さとステップモータの角度のデータ、「複眼」からは各単眼の表示内容などの情報をリアルタイムにデータベースとして記録する。同時に、その現在の状況をトリガーとして、現時点までに蓄積されたデータベースから過去の音声や作品状況を呼び戻し、それを素材とした新たな音響空間を作り出す仕組みになっている。また、会場の環境光も作品とのインタラクションやプログラムと連動して、まるでリセットしたかのように白く光るなど、変化する。

今回の新作では、構想に1年以上も費やし、様々な分野のアーティストや技術者が関わっているそうですね。どのような活動をしている人たちが関わっているのですか?また、構想から制作に至るまでのプロセスも簡単に教えていただけたらと思います。

構想からYCAMのキュレーターの阿部一直さんと話し合いながらプロジェクトを進めてきました。実際の制作では、ロボットサーチアームの開発をクワクボリョウタさん、複眼映像のプログラミングは平川紀道さん、壁のプログラミングは市川創太さんが担当されました。また、YCAM InterLab方々には、全ての作品のサポート、ロボットサーチアームデザイン、サウンドを担当してもらいました。皆さん、技術者というよりは、アーティストの方々なので、表現するという根幹の共通認識が各自に元々あることが作品の底上げに繋がっていると思います。そして、壁のハードウェア設計は竹ヶ原秀文さんで、彼は「グラビィセルズ」のセンサー&デバイスも制作しています。照明や機構、そして進行や広報、ドキュメンテーションについても、YCAMのスタッフの皆さんに多大な協力をして頂きました。

制作のプロセスでは、「これは高度な技術研究所レベルでやることかもしれない…」というような当初は実現不可能かもしれなと思われるプランもありました。1度目は11月下旬に多摩美術大学にて実験を行い、1月下旬にはYCAMで滞在しながらプロジェクトを進め、3月1日からは会場のスタジオAに籠ってずっと制作という日々を過ごして来ました。最初は夥しい数の作品や工具、部品、ケーブルなどが溢れていたスペースも作品の仕上がりと共に、空間がスーッと何もなくなるようにモノが姿をひそめ、削ぎ落とされた印象になっていき、最終のランニングテストでは、その動きだけで、スペースに何かが居るような感じが出て来て、一応の完成としたという経緯があります。

三上晴子

「情報社会と身体」というテーマに着目しはじめたのはなぜでしょう?このテーマを主軸にした作品の背景を教えて下さい。

作品の背景ですが、「欲望のコード」は、「二重存在論」をテーマに「個」の存在をパブリックとプライベートの境界線から考えたインタラクティヴ・インスタレーションで、「データとしての身体」と「ここにある肉体」との境界が曖昧になっていく現代の状況を表現した作品です。

情報化社会では、欲望が渦巻くところにさらなる欲望が加速され、あなたのデータは剥き出しに反射、解析、書き換えられ、二重の個が螺旋状に存在していると言えます。例えば、私がインターネットで友人の誕生日のプレゼントに「クマのぬいぐるみ」の本を購入したとします。そうなると私はインターネット上のデータでは「私はクマのぬいぐるみに興味がある人物」と認識されます。そして「この本を買った人はこんな本も買っています」という全く興味がないカテゴリーのメールが続々と届く。このようにして「クマのぬいぐるみが好きな人物」のデータが次々と私の前に現れ、この情報は必ずどこかでデータ化されるでしょう。一度打ち込まれた「欲望の情報」は、それが「欲望」であるがゆえに、消える事はなく、増殖していきます。

ユーザの行動記録がグラフ化されている現在はその行動もトレースされています。ソーシャルネットワークにより認識されているあなたに合わせるようにあなたが行動することもあるかもしれません。また、グーグルなどの検索システムは、我々の意識する以前の情報、つまり我々の脳の中身をダイレクトに集積していると思われます。私が答えを得ようとして、あれやこれや思考を巡らせてタイプする検索キーワードの履歴は、いつのまにか私自身を映し出している鏡になっているのかもしれません。そしてさらに我々の死後も我々のデータやメール情報などが、コードとなって我々の残骸として、また自己複製としてトレースされ、永遠にネット上に漂うのかもしれません。

この二重存在論はネット上だけではありません。もし、あなたが昨日購入したもの全てのレシートやクレジットカード、ポイントカードなどのデータがここにあるとします。これらのデータの羅列から本当のあなたの姿が浮かび上がるという分析もあり、はたしてこのような「データ」があなた自身なのか?あるいは、目の前に現実にそこに存在する肉体があなたなのか、という問いが出て来ます。もしあなたのIDやコード自体が欲望をもったらどうなるのでしょう。個人情報の問題は、今後も加速していくでしょう。例えば住基ネットに代表されるように1つのコードでパスポート、年収、支出、納税額、交通違反歴、病院の通院歴など、あらゆる個人の行動がひとつのコードに情報化されていく可能性も否めません。それ以上に、それがあなたの病院の病歴記録だけではなく、あなたのおじいさん、さらに祖先までが何の病気で亡くなったのかというDNAもデータとしてコード化されてしまえば、あなたが何の病気になるであろうという生死の予測まで、そのコードで解析されていくかもしれません。コードが欲望を持つならば、それは我々の欲望であると言えます。

私はこれらのことを警告するために作品をつくっているのではなく、このような現実を空間として表現しようと試みたのが今回の作品です。

海外でも作品を展示されていますが、日本と海外での反響には何か違いはありますか?

ありません。「違いが無い」ということが特徴かもしれません。というのも、今までの私の作品が「視覚」「聴覚」「触覚」「重力」など人間の根幹をテーマとしているので、社会的、文化的背景が多少違っても、人間としての身体のインタラクョン体験としては、同じだからです。多いときは1年に4〜5回ほど、ヨーロッパで展示を行いますが、日本的、アジア的、女性性という事で作品が呼ばれることもないですし、「日本の何々展」というものにもあまり参加したことはありません。

作品を制作する上で、どのようなことからインスピレーションを受けますか?

アートはある意味において「現実社会の鏡」であることから考えても、私も「日常生活」からインスピレーションを受けていると思います。イメージ的には突然の思いつきも多いかもしれません。この思いつきは、まず私なりの「現実空間」のイメージがあり、それに2重に重なり合いながら「もうひとつの少し変わった別の現実空間」が現れてきます。この2つの空間イメージが必ず同時に存在しています。実現可能かどうかは別として、作品化するのはこの混合イメージになります。たまに「世界の裂け目を見る」という旅に行くのですが、この自然の亀裂や、境界線に立つことによって得られることも多いです。とは言っても、大学でもフルタイムで働いていますし、作品以外のことに取られる時間もかなり多いので、混沌とした日常のスパイラルから制作する時間を捻出しているという感じです。

今後手がけてみたいこと、手がけてみたいトピックなどあれば教えて下さい。

手がけてみたいことはかなり多いのですが、現実的には、8月から9月までのウィーンの美術館での展示後に、本作の更なるブラッシュアップを行う予定です。サーチアームの数を12台に増やし、作品に取り付けられたカメラ部分の焦点に関するプログラミングを強化します。観客が留まることに応じて、カメラがズームイン&アウトしていくタイミングや、観客の動きのトレースを複雑化して、アームがまるで頭脳を持っているかのように、観客の行動の真似をする、というようにしたいと考えています。また現在の天井に張り巡らせたセンサーをアーム自体に内蔵させるなど、2010年中にアームに関しての大幅なバージョンアップをしていく予定です。

また、2011年中には「多視点」というコンセプトをもう少し、突き詰めたもうひとつの「欲望のコード」作品を制作、このシリーズを完成させる予定です。

ほかにも、何百もの小型のマシーンが空中を漂い飛び交うインスタレーション、何十万本もの人工の草の先に光センサーを取り付けたインスタレーションや、建築的な規模の作品など、スケッチブックの中にある有象無象のアイディアを何とか少しでも実現する方向で動いて行きたいと考えています。

三上晴子 新作インスタレーション展「Desire of Codes - 欲望のコード – 」
「gravicells-重力と抵抗」改訂版 (三上晴子+市川創太)(5月9日まで)
会期:2010年3月20日(土)〜6月6日(日)
時間:10:00〜19:00
料金:入場無料
場所:山口情報芸術センター[YCAM]
住所:山口県山口市中園町7-7
TEL:083-901-2222
http://www.ycam.jp

Text: Mariko Takei

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE