フィールド

PEOPLEText: Victor Moreno

ロンドンを拠点にデザインとテクノロジーの相互作用に焦点を当てたクリエイティブスタジオ、フィールド。彼らはデジタルアートを制作し、特に物理的な空間においてインタラクティブで没入感のあるデザイン体験を数々の世界トップブランドのために提供している。フィールドは、カッセル美術大学に在籍していたドイツ人のクリエーター、マーカス・ヴェントが設立したスタジオで、2000年代半ばにロンドンに渡り、インタラクティブ・メディア・アートや音楽シーンのパイオニアであるトマト・コレクティブアンダーワールドアンチロムらと交友を持つようになる。それから数年で、フィールドはすでにIBMやアディダス、アップル、ナイキ、メルセデス・ベンツ、バービカンなどのクライアントのために画期的な作品を開発してきた。ブレグジット(英国のEU離脱)以降、フィールドはロンドンとベルリンに本社を置き、世界中からコントリビューターが集まるヨーロッパ連合の分散型スタジオへと適応してきた。最近、フィールドはMETAのリブランディングに取り組み、現在、IBMのリリースを間近に控え、いくつかの興味深いプロジェクトに取り組んでいる。「DeepTime」は彼らの新しい芸術作品で、2023年8月末までバルセロナで開催されているデジタル・インパクト展で展示されている。デジタルコンテンツ制作や、新しいAI生成ツール、ブランド言語と表現の重要性など、今日の膨大な需要をどう乗り切るかについて、マーカス・ウェントに伺った。


Marcus Wendt, Executive Creative Director, Co-Founder

どこで学び、どのような経緯でビジュアルデザインの仕事を始めたのか、経歴をお聞かせください。

私はスケートボードで育った子供で、グラフィックデザインが好きでした。ずっと絵描きになりたかったのですが、グラフィックデザインと絵画のどちらを選ぶか決められませんでした。私の父はエンジニアで、とてもドイツ的です。私は、壁が崩壊する前の東ドイツで生まれました。そういうこともあって、テクノロジーに超オタクになり、興味の対象は、グラフィックデザイン、テクノロジー、そして絵画になりました。2002年頃、アートスクールに通うことにしました。カッセル美術大学でグラフィックデザインを学びましたが、「グラフィックデザインでは新しいものは作れない、難しい」と実感しました。面白いのは、そこがバウハウスのような学校で、基本的に戦後最初のバウハウス校だったことです。そこはとても自由でアナーキーなものでした。唯一のルールは、入学するにはテストを書き、退学するにはまたテストを書くというものでした。学校に入ることよりも、出ていくことの方が難しいんです(笑)。辞めなかった人もいますし、まだそこにいるかどうかは分かりませんが…(笑)。

そこからどのようにして今の道を見つけたのでしょうか?

ロンドンでインターンシップをしたのですが、インターチェンジが本当に嫌でした。アンディ・アレンソンは、いわゆるCD-ROMをフォーマットとして使っていた時代のアンチロムのメンバーで、当時のインタラクティブ・アートの世界に大きな影響を与えた人物です。というのも、私は以前、生計を立てるためにウェブサイトをコーディングしていた美大生で、グラフィックデザイナーになりたかったのですが、彼は私に『こういうものを組み合わせればいいんだよ』と教えてくれた人なんです。彼は、波の幾何学や音楽、音色に精通していて、奇妙でインスピレーションのある人でした。実際、彼は私にとって教授のような存在でした。彼はいつも複数のクライアントを抱えていて、ある日、厳しい納期でどうしても助けが必要ということで、僕は、無我夢中で徹夜でコーディングしていたよ。それが上手くいって、2ヵ月後にはニューヨークのユニオン・スクエア・パークで大きなショーを一緒にやることになったんだ。ドイツではありえないことだと思いました。パブで出会って、フリーランスの仕事を得て、2ヵ月後にはアメリカの全国放送のテレビに出演しているなんて。それはとても特別なことでした。学位取得後、ロンドンに移り住み、2009年に自分のプロジェクトを始めるために自身のスタジオ、フィールドを設立しました。


IBM Think 2019

フィールドという名前に込められた意味は何でしょうか?

私は学ぶこと、情報を吸収することが大好きで、ただ、すべてをミックスしただけなんです。アニメーションやインタラクティブなものを作りたいなら、このようなものがコードでどう動くのかを理解する必要があると思ったので、グラフィックデザインや絵画に集中する代わりに、幾何学を学びました。私の周りの世界は、信じられないほど静的だと感じていました。スケートボーダーとしては、ダイナミックで、音楽が生きていて、魅力的であることを望むものです。だから、この組み合わせはとても魅力的でした。学業の最後には、システム美学に関する論文を書きました。最初のページには、デザイン、ビジュアルアート、コミュニケーションについて書いていますが、隣接する分野とのつながりがあるからこそ、面白いのです。だから、インタラクティビティ、AI、ジェネレーティブ、そういったものを取り入れる必要があるのです。AIとインタラクティビティをつなぐ方法はたくさんあって、色々なことができます。それは今でも僕らのエートスだと思うんだ。つまり、言うなれば、常に新しい技術があり、それらをどのように掛け合わせるか、常に新しい興味深い方法がある。もちろん、それは進化し続けます。私は探検、旅、発見の旅が大好きです。私たちは、クールな没入感のあるものを作りたいと思っています。


FIELD.BLUE x Quasar

現在のフィールドのメンバーは20人を超えるまでになりましたね。その今日に至るまでの道のりを少し教えてください。

私たちは、文字通りデザイナーとして面白い仕事をしたいという思いから、ライフスタイルビジネスとしてスタートしました。最初の7年間は、ビジネスパートナーのヴェラと私、そして当時付き合っていたガールフレンドの2人だけの小さな組織でした。最初の7年間、私たちはとても小さく、大したことはできませんでした。というのも、私たちができることが十分に理解されず、ただ『あぁ、面白いことをしているね』という感じで受け止められていました。でも、ある意味、理解されないとわかっても、最終的には気に入ってもらえると信じていました。そして、7年後、突然、新しい世代が政権を取って替わるように、私たちの時代が来たのです。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
カラードットインク
MoMA STORE