東野祥子

PEOPLEText: Mariko Takei

「ALL LOVES YOU!」

東野祥子

2004年に「トヨタコレオグラフィーアワード 2004」で次代を担う振付家賞を受賞するなど、世界的にもその即興センスのあるダンスパフォーマンスに注目があつまるコンテンポラリーダンスの振付家/ダンサー 東野祥子。「BABY-Q」というダンスカンパニーを立ち上げ活躍すると共に、「煙巻ヨーコ」名義でソロ活動も行っている。

山口情報芸術センター[YCAM]では、今回第4回目となる、ダンス公演シリーズ「YCAM Performance Lounge(パフォーマンス・ラウンジ)」に煙巻ヨーコを迎え、ミュージシャン、DJ、VJ、さらに空間演出をおこなうアーティストとコラボレーションし、ダンス、音楽、映像、光などあらゆる表現がひとつになる、一夜限りのダンスセッション「ALL LOVES YOU!」を繰広げる。

東野祥子
Photo: Banri

まずはじめに自己紹介をお願いします。

東野祥子(ひがしのようこ)。ダンスカンパニー「BABY-Q」を主宰し、振付家・ダンサーとしても活動しています。ワークショップも行い、都内、地方に出向いてダンサーの育成を行っています。またソロ活動として、数多くのミュージシャンとのセッションを行っていて、「煙巻ヨーコ」名義でクラブやライヴハウス、ギャラリーなどに出没。フランス、チェコ、ニューヨークなどの海外のアーティストともコラボレーション作品を発表しています。オリジナルブランド「HEXTION」のデザイナーでもあります。

ダンスを始めることになったきっかけと、ダンサー/振付家として活動していくことになった経緯を教えてください。

奈良の桜井という田舎に生まれ、引っ込み思案で取り柄のないおとなしい子でした。体だけは柔らかくて、テレビを観ながら楽しそうに踊っているのを見た母親が勧め、お稽古事の一つとして10歳からモダンバレエを習い始めました。お稽古事の意識としては高校生くらいまでですね。コンクールに出ることになって、自分で作品をつくってみたときに自分の表現というものが始まったように思います。それからフリーで、ニューヨークなどでワークショップを受けながら、大阪にて活動を始めました。そして、1995年に2人のDJと「ERROR SYSTEM」というユニットを組んでクラブや小劇場、野外などでパフォーマンスを始めました。これをきっかけに、もっと大きな枠で作品をつくってみたいという意欲からメンバーを集め、2000年に現在の「BABY-Q」の母体をつくりました。

続きを読む ...

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE