ソナー 2001

HAPPENING

前置きはあまり必要無いと思うが、せっかくだからちょっとだけ。ソナーという名で知られているが、正式名称は「インターナショナル・アドバンスト・ミュージック・アンド・マルチメディア・アート・フェスティバル・オブ・バルセロナ」。その2回目が、 6月14、15、16日に、2つに大きく分かれて開催された。ひとつは、ソナー昼の部で、 CCCB(バルセロナ現代文化センター)と MACBA(バルセロナ現代美術館)を会場に、コンサート、DJセッション、会議、実験映画、ビデオアート、グラフィックデザイン、ネットアート、出版、レコードレーベル等々。もうひとつは、ソナー夜の部で、バルセロナ郊外のオスピタレットの LA FIRA 2 にて、音楽とパーティーが存分に提供された。間違って欲しくないのは、これはキャンプみたいなものじゃないってこと。都市のフェスティバルだから手荒には扱えない。シャワーを浴びて栄養を十分に摂り、完璧に準備して参加するように。僕達はバルセロナにいるわけだけど、カタロニア人ほど魅力的な人達はほとんどいない。スペインは違う。ソナーもまた然り。


世の中ほとんどそうだけど、物事はやって来ては過ぎ去っていく。献身的なファンである僕達や新入りのために、今年もまたソナーがやって来た。8回目の今回は、昼夜3日間で 80,000人以上を集める大成功。協会は人々が殺到することを予想してソナー夜の部を新しくてより大きな建物に移転したけれど、ソナー昼の部もちょっと閉所恐怖症になるくらいに混雑することは予期できなかったみたいだ。来年はこの超混雑を防ぐためにソナー昼の部の新しい会場を探していると、協会は既に発表している。個人的には、こんなに大きくなったことを少し恐ろしく感じている。このフェスティバルみたいにアンダーグラウンドとして始まったものがこんなに大きくなった場合、商業主義に圧倒されないように、優先順位をはっきりさせる必要がある。

1994年、第1回ソナーの参加者は約6000人。8年に渡って途方も無く大きく成長し続けているけれど、ソナー協会の人々は明確な優先順位を持っているようだ。要求には応じるけど、「国内外問わず、可能な限り最も最新かつ最も革新的なビジョンを提供する」という哲学は変えることはない。今年はビッグスター不足により(もしくは、ソニック・ユースみたいな普通じゃないヘッドライナーを揃えて)全体として新しくて実験的な音楽を提供している。常にレギュラーのジェフ・ミルズ、ローラン・ガルニエ、リッチー・ホーティン等の例外を除いては(これに関しては数多くのジョークがある。彼らはフェスティバルの定位置を決して失わないけど、毎回同じものを大量に産み出しているだけって評判もあるから)。

フェスティバルの後にやって来るのは、二日酔いや疲労、ショーの批評や十分に観れなかったことの不平不満。夜のパフォーマンスに関する記憶は少し曖昧だと認める。ソナーは記憶を飛ばすことで有名だからね。多くの逸話を語れるけど、特にはっきりと覚えているのは、金曜日に、一旦夜のセッションが終わった後、ある組織の方々が建物の入口に車を着けたこと。車の中には、発電機、アンプ、デッキ、レコード盤。何百もの人々は表でフェスティバルを続けた。ソナーは、決して眠らない。

[NEXT]

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE