ソナー 2013

HAPPENINGText: Julio Cesar Palacio

この記事を、ソナー出演アーティストや来場者ではなく、ソナーに捧げたい。20年もの間、ミュージックカルチャーにおいて最も注目され、影響力あるアーティスト、ミュージックシーンの動きやトレンドを体感できる機会を与え続けてくれたのがその理由だ。

Sonar 2013

ただビジネスとしてではなく、留まる事のない探究心と情熱、信仰心のようなものがあり、勿論仕事と言えば仕事だし、競い合う事や、そういった社会のシステムを理解できなくちゃ、すぐゲームオーバーになってしまう。この訳は、全ての事がリスクによって守られてるって事で、僕たちのような人間がソナーに望んでいた事。だけど他の人のための機会はあるべきだし、ラインアップのいくつかはビジネスのためにあるってことは理解しなきゃならない。

Sonar%20Village.jpg

今年でソナーは20周年!そして12,100人もの来場者の記録した。フェスティバルは来場者全てにバースデープレゼントをくれた。それはソナーの象徴になっている都心の中心部にあるCCCBMACBAから、より大きなスペース、プラザ・エスパーニャのモンジェイック・フィラに会場を変更し開催される事になったからだ。

長年このフェスを楽しんでいた僕たちにとって少し不安でもあったが、初日の木曜日、この会場に足を踏み入れた途端、これまで以上に最高だという事が分かった。ソナー会場はかなり拡大し、野外ステージの象徴的なソナーヴィレッジは、グリーンをキープしつつかなり大きくなり、尚かつヴィレッジ風に中央に大きなフードブースがあり、3箇所のルーフエリアはメインステージの観客を日差しから守ってくれる。

2manydjs.jpg

モンジェイック・フィラでは全ての会場とのアクセスがスムーズで、ステージからほど近い場所に、音を感じながら休憩できるスペースが充実し、ヴィレッジステージからソナードーム、ソナーホールという屋内外の行き来も最高に楽しかった。

evol%201.jpg

プレス関係、特にカメラマンへは大きなピットスペース、ワードロープもあり、快適なプレスルームが用意された。年々環境も良くなって行き、迅速で、プロフェッショナルでフレンドリーなソナー・プレスチームのおかげで、僕たちの仕事はかなりスムーズになった。

chromatics.jpg

ソナー・バイ・デイ。今年のソナーヴィレッジは素晴らしいショーを見せてくれた。そのカメラマンビットは大きくなり快適だった。初日は、ゴールド・パンダとエキセントリックなフランス人アーティスト、セバスチャン・トリエとリンドストロームとトッド・トリエのコラボレーションの注目のパフォーマンスを楽しんだ。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
チーヤン・チェン
MoMA STORE