NAMURA ART MEETING ’04-’34 VOL.04「臨界の創造論」

HAPPENINGText: Kaku Akage

10月21日、22日大阪の北加賀屋にある名村造船所跡地で、26時間連続のアートイベントが開かれた。「NAMURA ART MEETING ’04-34 Vol.04 臨界の創造論」(以下NAM)と題するこのイベントは、2004年のVol.00から30年間に渡って開催される長期的な試みであり、今回はその第5回目となった。「26時間連続」「造船所跡地」「個性豊かなアーティスト達」。それだけでワクワクするこのイベントは、一体何なのか。

NAMURA ART MEETING ’04-’34 Vol.04「臨界の創造論」
ヤノベケンジ「THE STAR ANGER」インスタレーション 撮影:長谷川淳

午後4時、造船所内に美しい夕日が照らす頃、イベントは開幕を迎える。敷地に入ってまず目を引くのがドラゴンの乗った巨大なミラーボールであろう。オープニングと共にクレーンによって高々と挙げられたこのミラーボールは、ヤノベケンジ氏の新作「THE STAR ANGER」である。敷地内に心地よいクラブミュージックが流れる中、光に照らされて堂々と輝きを増すミラーボールに、多くの来場者が目を奪われていた。

h_ujino.jpg
宇治野宗輝 ライブ・パフォーマンス 撮影:長谷川淳

入口すぐ、4階建ての製図棟は、原寸大の船の図面跡が残る造船所ならではの広いスペースである。ここでは3組のアーティストによるインスタレーションが行われていた。1、2階と広い吹き抜けの部屋、「Black Camber」では宇治野宗輝氏の「THE BALLAD OF EXTENDED BACKYARD」が設置された。生活の中に存在する様々な家具や日用品で構成されたこの作品は、まさに現代の大量生産・大量消費社会を象徴している。鑑賞の楽しみは各々である。遠くから作品の大きさ・光・音による圧倒感を全身で感じるも一つ。近づいて細部を見ながらどんな風に音が生み出されているかを発見するのもまた一つ。さらに宇治野氏のライブパフォーマンスを鑑賞するのも一つであった。

h_kuwakubo.jpg
クワクボリョウタ+梅田哲也 「ほとんど事故に気づかない」滞在制作によるインスタレーション 撮影:長谷川淳

3階では雨宮庸介氏・梅田哲也氏によるインスタレーション+ライブパフォーマンス「壁の間に卵を立てる」、そして4階にはクワクボリョウタ氏・梅田哲也氏によるインスタレーション「ほとんど事故に気づかない」が、それぞれ来場者を作品の持つ魅力的な異世界へと誘ってくれた。3階では26時間にわたって、作家を含む27名のパフォーマーによるパフォーマンスが絶えず繰り広げられていた。パフォーマー各々が独自の世界を作り上げる中で、その空間にいる自分も “鑑賞する” という行為を通して作品を作り上げている、自分までもがアートの一部であるような錯覚する。窓際に何気なく置いてあるりんご、壁を動かしている人間、窓から空へと延びる風船。全てが作品を構成していて、かつ何かしらの役割を持っているのであろうか。いつまで見ていても飽きない作品であった。4階への階段を上るとそこはまったく違う世界。
3階が “動” なら4階は “静” の世界。夜になると会場は真っ暗になり、作品自体が放つ光が最も強調される。ブラックライトが映し出す、造船所に残る製図の線。蛍光に発色する線が交じり合う様は、昔この地で製図が行われていたことを私たちに教えながらも、今度はアートとしてその美しさで私たちを魅了した。

h_rubber.jpg
Rubber(()Cement DOMMUNEでのライブ・パフォーマンス 撮影:長谷川淳

翌日午後1時半から、宇川直宏氏が創設した日本初のライブストリーミングスタジオ兼チャンネル「DOMMUNE」では、今回のためにアメリカから来日した、キャロライナー・レインボーのメンバー、‘グラックス’による別バンド「Rubber (() Cement」によるライブ・パフォーマンスと、宇川直宏氏、東瀬戸悟氏(Forever Records)によるトークがストリーミング中継された。幾何学的な模様で囲まれたステージ上で未来から来たサイバーロボットが暴れ出す。大音量のビートと彼が持つ楽器から奏でる音は、耳を、心臓を刺激し、スモークが立ち込める中誰もがステージに釘づけになっていた。彼らの生み出す音やパフォーマンスはあっという間に会場を飲み込み、まるで異世界にいるような感覚を生み出していた。

u_mayonaka_yamakawa.jpg
山川冬樹 真夜中ミーティング NAMURANITE 「現代表現群の系譜-2」でのパフォーマンス 撮影:漆原未代

数多くのインスタレーションが開催されたが、このイベントは鑑賞するだけが楽しみ方ではない。真夜中ミーティング、NAMURANITE「現代表現群の系譜」では、様々なバックグラウンドを持つアーティスト達による現代のアート、カルチャーについての実に興味深いトークが繰り広げられた。1部では宇川直宏氏・服部滋樹氏・水田拓郎氏(dj sniff)によるラウンドテーブルが開かれ、2部ではパフォーマンス&トークとして今野裕一氏・タニノクロウ氏・dj sniff・山川冬樹氏が登壇した。現代表現のあり方を問いながら、それぞれ独自の世界観を示すアーティスト達の思考法を目の当たりにし、多くの人々が引き込まれていた。イベントの最後を締めくくるのが佐々木中氏によるダイアログ「臨界の創造論」。『シャッター速度はゼロになることはない。だから写真は常に動いている。』日常で自分が当たり前だと思うことが彼の一言で覆される。現在進行形で考えながら語る佐々木中氏の言葉に引き込まれてしまった者も多いであろう。

u_AKIBIN.jpg
アキビンオオケストラ モーニングイベント「BREAKFAST FAST」 でのライブ 撮影:漆原未代

そしてこのイベントを更に盛り上げてくれたのが、数々の‘食’である。製図棟にはカフェが並び、そこはいつも人の絶えないスペースであった。また「BREAKFAST FAST」では朝ごはんを皆で食べながら、様々なアーティスト達のライブパフォーマンスを楽しむというものであった。屋内ステージでは音楽が流れ、外は良い匂いで立ち込める。もちろんパフォーマンスはステージ上だけでなく、時に青空のもとで、時に料理を皆で囲んでと、2日目の朝を和やかに彩るイベントであった。

h_umeda_amemiya.jpg
雨宮庸介+梅田哲也 「壁の間に卵を立てる」滞在制作によるインスタレーション+ライブ・パフォーマンス 撮影:長谷川淳

様々なアーティスト、様々な場所、様々な〈出来事〉と、内容がふんだんに詰め込まれたNAMであったが、時の流れは実にゆったりしたものだったように思える。26時間という長い時間だからこそ、一つ一つの作品に時間を掛けて向き合える。ただ受動的に鑑賞するだけではない。広い空間の中で作品それ自体を感じる。そして何より環境との融合。造船所跡地だからこそ、作品を吊り上げるクレーンまでもが絵になる。新しきものを作るだけが創造ではない。昔は造船所であったこの土地をどう利用していくか。既存のモノをどう組み合わせて新しく命を吹き込むのか。NAMはまだ8年目。残り22年間、時代が変わればもちろん環境も変わる。風営法によりクラブカルチャーに表現の規制がかかっているように、今後もアートを取り巻く環境や社会は変わっていくだろう。その中で、“芸術について考える場” を私たちに与え続けて欲しい。そこで出会う私たちが “〈出来事〉を共有できる場” を与え続けて欲しい。そんな願いを込めて、次のVol.5に期待と想いを馳せる。

NAMURA ART MEETING ’04-’34 Vol.04「臨界の創造論」
会期:2012年10月20日〜21日
会場:名村造船所跡地
住所:大阪市住之江区北加賀屋4-1-55
TEL:090-9690-2225
http://nam04-34.jp

Text: Kaku Akage

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE