NIKE 公式オンラインストア

アルバニー・バルブ

PLACEText: Ammon Haggerty

アルバニー・バルブに入るのは、少々プライベートを侵害するような気持ちになる。道は舗装されていないし、他のベイサイドパークに見られるような明確な提示もない。生々しく、草木が茂り、工場廃物が散らばっている。バルブの奥へと進むと、その無印の道は分かれはじめる。茂みの中のトンネルか、行き止まり、または出戻ってくる道。最終的に最西端にたどり着くと、そこはベイブリッジからエンジェル・アイランドにかけての広範囲な景色が広がる、ゴールデンゲートブリッジ正面の海岸線だ。ここが、そのアートに気付くはじめの地点になる。


Emeryville mudflats, Unknown artist, circa 1980

アートや彫刻の群れに気付かなくとも、ここは息を呑むような場所だ。最初に目につくハート・キャスルは、捨てられたセメントで組み立てられ、刺激的な色で塗装されたへんてこな建物。北を歩き回ると、散らばったアートが密集しはじめ、あらゆる方角の風景に、変わった修飾が加わる。


Arch of Sniff (made from salvaged styrofoam blocks), Sniff

サンフランシスコ・ベイの東海岸はもう長い間、廃物利用アーティストの場所とされてきた。エマリービル・マドフラッツというベイブリッジの側のエリアは、大規模で品粗な彫刻のための良く目立つ展示スペースとして、また天然資材のまかない屋として役立ってきた。80年代後半の高速道路拡大で、このエリアは取り払われ、アーティストは他の場所に送られた。そのうちの一つが数マイル北に位置するアルバニー・バルブだった。

バルブはゴミ捨て場として建てられ、有毒なので発展しないと考えられていた。60年代後半のウォーターフロント環境法令への変更で、ゴミは捨てられなくなり、20年もの間使われずに佇んでいたのだ。ゴミ捨て場としされてきた頃の廃物資材が豊富にあり、この場所は廃物利用アーティストの理想だった。


Wheel of Life, Sniff

80年代からバルブはアーティストに使われていたが、ここ5年くらいの間にアートが激増したのだ。へんてこな構造物、大規模な彫刻、カラフルな壁画が、目眩がする勢いで現れた。2度訪れても同じものは見つからない。スニーフとして知られている団体は、バルブの資材を最も活用するアーティストとして自らを掻き立てた。バルブの北西の角は全て、スニーフの作品のためのギャラリーと化した。大きな壁画のラインが小道になっている。バルブの不明確な運命や論争の増加によりスニーフは昨年のいつかより、活動を辞めてしまったとの噂がある。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
鈴木将弘
MoMA STORE