クロスカウンター・日英アーティスト共有展

HAPPENINGText: Yuko Miyakoshi

東京・世田谷に今年オープンしたばかりの2つのスペース、「XYZ collective」(エックスワイジー・コレクティブ)と「CAPSULE」(カプセル)で同時開催されるという合同展。この企画が持ち上がったそもそものきっかけは、イギリスのロイヤル・アカデミー・オブ・スクールの生徒だったピーター・ドナルドソン氏が、卒業生向けのコンペティションに応募するために澤柳英行氏を誘い、日英作家の交流を目的に始めたプロジェクトだった。それがみごとベスト・アワードに選ばれ、1万ポンドの賞金を獲得。ところが当初は今年の4月にスタートを予定していたプロジェクトが、東日本大震災の影響で延期になり、ドナルドソン氏らは企画を改め、よりコミュニケーションに重点を置いた共有展として再出発した。日英の国境を超えて集められたのは新進気鋭の若手アーティストたち。さっそくオープン初日の様子からお伝えしていこう。

まずは、エックスワイジー・コレクティブへ。もともと倉庫だった建物の小さな入口をくぐり抜けると、中は薄暗く、一瞬そこがイギリスかどこかにあるガレージのように思える。ただガレージと違うのは、そこにアート作品が隣り合う緊張感が満ちていること。それぞれの作品が醸す雰囲気や音が互いに作用し、独特の空間を生み出している。

DSC00683.JPG
左:チックス・オン・スピード 「Don’t」 右:朝海陽子「素敵な歌と船はゆく、横浜」 
Photo: Yuko Miyakoshi

大きなスクリーンで目を惹いたのはアレックス・マーレー=レスリー氏とメリッサ・ローガン氏をコアとする女性だけのパフォーマンスグループ、チックス・オン・スピードの「Don’t」。白い砂浜の浜辺で、白い布やネオンカラーのタイツを見にまとった女性たちが思い思いにダンスをし、かわるがわるカメラに語りかけてくる。ゆるみと緊張を繰り返す独特のリズムが心地よい。チックス・オン・スピードは、音楽、映像、ダンス、ファッションなどさまざまなジャンルでのパフォーマンスで知られ、キャリアは長いがカッティング・エッジな姿勢を保ち続けている。ファッションの分野ではカール・ラガーフェルドやジェレミー・スコットなどの著名デザイナーとのコラボレーションを実現させたり、もともと彼女たちの名前を世に広めたバンドからCDを出したりと、その活動は幅広い。二作目の作品集「Don’t Art, Fashion, Music(ドント・アート、ファッション、ミュージック)」という名前が象徴するように、彼女たちの創作はアートでもファッションでも音楽でもなく、同時にその全てであり、ジャンルを越えてひと続きの表現をして見せる。

love30_2.jpg
右:澤柳英行「There is still love after the 3 minutes」

チックス・オン・スピードの作品の音に、ときどき重なるシャープな女性の声に思わず振り返ったのは、澤柳英行氏の「There is still love after the 3 minutes」。スクリーンに映し出された数字が女性の声と共にカウントダウンされていき、ゼロになった瞬間にメッセージが明滅。その文字「LOVE」は残像として視界に残る。メッセージは一瞬だが、印象は強い。3分間という時間は東日本大震災の時の揺れの時間とほぼ同じだという。澤柳氏は、『東日本大震災だけを意識した訳ではないが、震災後に自分が実感したように、人のつながりの大切さの様なもの考えるきっかけになれば』と語る。

02.jpg
ルース・イーワン「Unrecorded Future Tell Us What Broods There」

赤、緑、黄、水色のポスターを並べたような作品は、ルース・イーワン氏の「Unrecorded Future Tell Us What Broods There」。作品中に使用されている“ちょっとづつ世界を良くする”スローガンは、20世紀初頭の反優生学運動活動家の本から引用されたもの。固いロゴを用いてどこか冷めたスタンスで提示されているが、「FRAIL AND YOUTHFUL AS WE ARE WE COULD BE LIKE YONDER STAR(若くてうぶな私たちでもあの星のようになれるだろう)」、「WITH THE FRAGRANCE OF OUR DEEDS SATISFYING HUMAN NEEDS(実りある行いの香りは私たちの希求を満たす)」など、そのどれもがポジティブなメッセージ。今の日本とイギリスの状況に捧げる言葉のように響いてくる。

06_tiff.jpg
青山悟「祈りは通りすぎる」

このほか、黒い刺繍糸で描いたマリア像で通奏低音のように場を引き締めていた青山悟氏の作品「祈りは通りすぎる」や、一瞬が永遠に感じられるような独特の描写で日常を見せる浅海陽子氏の写真「素敵な歌と船はゆく、横浜」など、全体としてポップさがありつつも、少し重みのある印象を残す空間になっていた。

NINGYO_GEKI.JPG
松原壮志朗氏による人形劇 Photo: Yuko Miyakoshi
シンプルな場面設定ながら、すっかりその世界に引き込まれた会場の人びと

エックスワイジー・コレクティブを見終わったら、5分ほどバスに乗り次の会場カプセルへ。オープニング・レセプションはアーティストのパフォーマンスが開催されるとあって大賑わい。かくして始まった松原壮志朗氏の人形劇は、紙芝居にわくわくした子供の頃を思い出させながらも、ちょっとブラックでもの哀しい大人のための寓話のようでおもしろかった。山川冬樹氏のパフォーマンスはギターやシンバル、山川氏の心臓音や肉声によるホーメイが多用され、生理的に震わされる表現だった。

CUPSULE1.JPG
ピーター・ドナルドソン「A Quiet Explosion」 Photo: Yuko Miyakoshi

カプセルの展示会場は先ほどのエックスワイジー・コレクティブとは一変して、ホワイト・キューブの明るい空間。中央に置かれた立体作品はピーター・ドナルドソン氏の「A Quiet Explosion」。大砲の先がゆるやかにカーブして下を向いているのが、なんともユーモラスで皮肉っぽい。巨大な大砲といういかにも硬質な印象を与えそうなものが、ドナルドソン氏の手にかかると、本来の役目を放棄した不条理な物になってしまう。

CUPSULE2.JPG
左:八幡亜樹「NAKI-BOTARU」 右:ピル・アンド・ガリア・コレクティブ「The Future Trilogy」 Photo: Yuko Miyakoshi

映像作品で気になったのは八幡亜樹氏の「NAKI-BOTARU」。駅のホームや森を撮り、都会と自然を行ったり来たりする感覚に落ち入らされる映像に、みずみずしい切り口で ”今、ここ” にある感覚を落とし込んでいた。自身の作品で「日常の予告編を作りたい」と言う八幡氏は、1985年生まれで東京藝術大学大学院美術研究科修士課程に在籍中とのこと。女性が日常の中で感じる「不思議な感覚」をこれからもどんどん形にして見せて欲しいと思った。

IMG_7000.JPG
ピーター・マクドナルド インスタレーション風景

そのほかにも、八幡亜樹氏の作品と並びまるでコラボレーションのようなおもしろい効果を生み出していたピル・アンド・ガリア・コレクティブの映像作品「The Future Trilogy」や、お菓子のようにポップな色合いのピーター・マクドナルドの絵画「Mother’s Bobbles」、松原壮志朗氏の絵画を配したインスタレーション「TELEPHONE (SELF PORTRAIT)」 など、こちらも充実した空間になっていた。

IMG_7049.JPG
松原壮志朗 「TELEPHONE (SELF PORTRAIT)」

澤柳英行氏の作品に登場する言葉「LOVE」が象徴するように、3.11以降、日本のアーティストが共通して持ちえたテーマは、愛情や絆といったものなのかもしれない。それまで、たくさんの情報に囲まれ、美しいものはもちろん、派手なものやコミカルなもの、はてはグロテスクなものなど、あらゆるカラーのモチーフを選択することができたアーティストにとって、愛情や心といったものに寄り添い、そこに照準が絞られていくということは、アーティストにとっても、見る人ににとっても、意味深い。日本とはまた違った背景、違った問題を抱えるイギリスから寄せられたアーティストの作品も、不思議なぐらい日本人の気持ちに共鳴していたと思う。

SUNDAY.jpg
Photo: Yuko Miyakoshi

オープニング・レセプションが行われたCAPSULEとなりのカフェ「SUNDAY」(サンデー)は、夜が更けるにつれて人が増え、いつまでも人が絶えることがなかった。

クロスカウンター・日英アーティスト共有展
会期:2011年9月17日(土) ~10月2日(日)
会場1:XYZ collective(東京都世田谷区弦巻2-30-20 1F)
会場2:CAPSULE(東京都世田谷区池尻 2-7-12)
参加アーティスト:【英国】チックス・オン・スピード、ピーター・ドナルドソン、ルース・イーワン、ピル・アンド・ガリア・コレクティブ、ピーター・マクドナルド、ケイト・オウエンズ 【日本】青木陵子、青山悟、秋吉風人、朝海陽子、雨宮庸介、松原壮志朗、山川冬樹、八幡亜樹
キュレーター:青山悟、ピーター・ドナルドソン、澤柳英行
企画協力:松本紋
運営:高屋永遠、山本浩貴
協賛:ドイツ銀行グループ、グレイトブリテン・ササカワ財団、ドイツ対外文化交流研究所、公益財団法人 花王芸術・科学財団
特別協力:ブリティッシュ・カウンシル
http://www.crosscounter.org

Text: Yuko Miyakoshi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE