高嶺格「とおくてよくみえない」展

HAPPENINGText: Meiko Maruyama

とおくてよくみえない」は現代美術家、高嶺格(たかみね・ただす)による横浜美術館での展覧会タイトル。このタイトルについて、『「遠い」という言葉の中には物理的な距離だけでなく、心理的な距離感についても感じさせます。また、「見える」という言葉も視覚的な意味だけではなく「わかる」「理解する」という意味を併せ持っていて、このタイトルは字義どおりの意味を超えて、他者とのコミュニケーションについても考えさせるフレーズだと思います。』と、担当学芸員の木村絵理子氏が語る様に、数々の作品を通して私達に様々な問いを投げかける。

高嶺格「とおくてよくみえない」展
《野性の法則》2011年、横浜美術館での展示風景 撮影:今井智己

展覧会はインスタレーション作品「野性の法則」から始まる。この大きなインスタレーションから発せられるお化けの様な音が館内に響き渡る。

Kimura-San.jpg
《木村さん》2011年、横浜美術館での展示風景

そして、二つ目の作品「木村さん」は、美術館館長、逢坂恵理子氏によるあいさつと共に展示される。あいさつの文面には高嶺氏のビデオ作品「木村さん」が2004年の展覧会では展示されなかった事について述べられる。「木村さん」は高嶺氏が以前、介護をしていた、パフォーマーであり森永砒素ミルク中毒事件(1955年)からの一級身体障害者である男性についての作品。作品は性的な表現を含む事から法的な配慮により展示されなかったが、この展覧会はそうした美術館と作家との間の過去の経緯を示す新しい写真作品「木村さん」からはじまる。

greenroom.jpg
「緑の部屋」より、横浜美術館での展示風景 撮影:今井智己

続いて来館者は「緑の部屋」という展示室に誘導される。そこには21点の平面作品が、タイトルなどのキャプションや作品の解説とともに展示されている。しかし展示されているのは、実は日常的に使用する毛布や蚤の市でアーティストが見つけた刺繍など。この部屋は「美術館ではあらゆるものが言説化される」というシステムに注目した、遊び心に溢れた部屋。劇的にあてられた照明がまたそれらを印象づける。一方で、部屋の出口に展示された二つの作品は対照的で謎めいている。一つは緑の粘土でできた額、そして向かい合っているのは緑の粘土でできた蔦のように壁を覆うレリーフだ。

A_Big_Blow-job.jpg
《A Big Blow-job》2004年(2011再制作)、横浜美術館での展示風景 撮影:今井智己

次は暗い部屋の中で展開する作品「A Big Blow-job」だ。遊園地にいるかの様なメロディに導かれて、緩やかなスロープを上ると、ステージの上にたどり着く。そこからは四角い部屋の全体が見渡せるようなのだが、見えるのは僅かだけ。スポットライトのような映像が床や壁に書かれた文字を追う。その文字は「あなたのみている赤とわたしの見ている赤とは、本当に同じ赤なのか?」、というフレーズではじまる美学者吉岡洋氏による「新・共通感覚論」の文章だ。それは床に敷きつめられた砂や紐にかかったTシャツなど部屋にある様々な物を映し出す。把握できそうでできない部屋の全体像が来館者を部屋に留まらせるのかもしれない。

butsubutsukoukanron.jpg
《物々交感論》2005年(2011再制作)、横浜美術館での展示風景

次のビデオインスタレーション「物々交感論」では、モニターとその両脇に和装した男女のパネルがある。中央のモニターではアーティストが自分の着ている服とニューヨークの路上で売っている古着を次々と交換し、徐々に男性の服装から女性の服へと変化していく様子が映し出されている。時々両脇の和装した人物のパネルから台詞が発せられる。映像についてのコメントの様でもあり、適当である様にも聞こえる。

そしてまた大きな展示室の中へ。ここには、3点のビデオインスタレーション、写真、書道、彫刻作品など6作品が展示されている。

最初のビデオインスタレーションのタイトルは「Do what you want if you want as you want」。この作品ではアーティストが「友人」と呼ぶ女性が、パレスチナにおけるイスラエル軍の行為を間近に目撃した体験談を語る様子が、分断された3つの画面に映し出されている。女性の台詞は全て和訳され、電光掲示板に示されているが、ここで伝えられようとしているのは、女性が声高に訴えるパレスチナ問題ではなく、「友人」とは何であるのか、という問いなのかもしれない。

God_Bless_America.jpg
《God bless America》2002年、横浜美術館での展示風景 撮影:今井智己

2つ目の作品、「God Bless America」では二人の男女が約3週間、赤い部屋で巨大なクレイアニメを製作する様子が映し出されている。最初は男の顔の様な粘土のかたまりも時間が経過するに連れ変化して行き、粘土とはまるで関係無いかのように部屋の中ではカップルの生活が進んで行く。そして「ゴッドブレスアメリカ」の歌が流れ続ける。

baby_insadong.jpg
《ベイビー・インサドン》2004年、横浜美術館での展示風景

次の作品「ベイビー・インサドン」は文字、写真、そしてビデオを交えたアーティストと彼の在日韓国人である妻についての作品だ。二人の恋愛関係、そしてアーティストの心情が作品を通して語られる。

その向かいにある3幅の掛け軸「Korean Studies」は、アーティストが韓国に赴いて制作した書道作品で、韓国の書家による赤い墨の添削がそのまま残されている。

その次の二つの立体作品は、緑の肌をした猿か人間の頭のような「I.T.」と、小さな作品「A.I」。ガラスの鉢に入った「A.I」は、コンクリートのブロックに偶然できた蜂の巣を拾って来たという作品だ。

Too_Far_To_See.jpg
《とおくてよくみえない》2011年、横浜美術館での展示風景 撮影:今井智己

最後にwelcome(ようこそ)と書かれたネオンサインがあり、展覧会をしめくくる作品、「とおくてよくみえない」への入り口になっている。「とおくてよくみえない」は再び暗い展示室で展開するビデオインスタレーション。正面の大きなスクリーンには、地面に置かれたオブジェにしゃぶりつく男女の影が投影される。これはワークショップの後に生まれた作品である。ワークショップでは二日間(各日約5時間ずつ)に渡ってフェラチオについてのディスカッションが行われたという。映像の最後に映るのはビルの屋上らしき場所で、誇らしげにも見えるかの様に自分の陶芸作品を持って立つ男女の姿が映し出される。

展示室の外にはワークショップで制作された陶器のオブジェが展示され、映像の中で繰り返しさまざまな国の言葉で聞こえてきた詩が、黒い壁に手書きで書かれている。

この展覧会は、最後にはまるで自分が様々な経験をしたように感じる。最初の作品「野性の法則」で流れている音は、アーティストの妻の陣痛の時の声を録音したものであるという。肌の様なクリーム色の布が、強い風により内側から吹かれるその作品が放つエネルギーは、出産のイメージかもしれない。展覧会「とおくてよくみえない」は美術館の仕組み、パレスチナの友人との関係、日常生活の中にあるアメリカという国の存在、また、在日韓国人である妻との関係、などが、まるで鑑賞者自身の経験のように、体験させながら見せようとしているのかもしれない、と感じた。

高嶺格「とおくてよくみえない」展
会期:2011年1月21日(金)〜3月20日(日)
開館時間:10:00〜18:00
休館日:木曜日
会場:横浜美術館
住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい3−4−1
電話:045-221-0300
http://www.yaf.or.jp/yma/

Text: Meiko Maruyama

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
ラ・フェリス
MoMA STORE