ソナー 2010

HAPPENINGText: Julio Cesar Palacio from Panopttic

第17回国際最先端音楽とマルチメディアアートの祭典。

ソナー 2010

来年18才を迎えるソナーの今年は、誕生から17回目の開催となりティーンエイジエディションとしては最後の回となった。これまでのソナーはA+の成績を残し成長を遂げてきた。

スペインでは経済的に難しい年となった。経済危機はすべてのイベントに降りかかったが、それでもソナーは立ち上がり、彼らの長い歴史の中でも記録的な盛り上がりをみせた。84,000人以上が参加し、夜の部のチケットは売り切れた。

今年のフェスティバルはそのラインナップから疑わしいというのが最初の感想だったが、聴衆は喜んでパーティーに参加し、世界で最も影響力のある音楽イベントを祝った。

金曜の夜は25,000人以上の入場があった。ここで強調しておきたいのは45%もの聴衆は外国人であったことで、これは大きな成功であり、フェスティバルが国際的であるというその重要性が明らかになった。専門家とプレス関係者の参加人数は登録されていた1461組よりも増えた。

ラインナップには、ケミカルブラザーズ、ロキシーミュージック、LCDサウンドシステム、プラスティックマン、ヨンシー、ディジー・ラスカル、ホットチップ、ブロードキャスト、フライング・ロータス、トゥー・メニー・ディージェイズ、シュガーヒル・ギャングなど。

さて、ソナードーム・ステージで行われたレッド・ブルアカデミーを皮切りに始まった昼のステージの模様をお伝えしよう。ソナードーム・ステージは年々来る人達の憩いの場所になっているが、それはたぶん緑の草地やテントが女の子達の日除けになっているからかもしれない。でも事実は、すべての年で皆がソナードームにいい思い出があることだ…。移動することなく、全日程を過した人がいたようだ。今年のソナーではこのドームステージが、昼間のプログラムではおそらく一番優れたアーティスト達が登場していた場所だろう。

金曜に行われたテリ・ジェンダー・ベンダーのエキセントリックなエレクトロニック・メキシカンロック。準備万端で来場しノンストップで踊りに来たオーディエンスに向けてショウをスタートさせた。

SONAR 2010
Caribou

その後のソナーの初日は、人が込み入ってきて、カリブーによるウェルカムライブを見にテントに入るのがほとんど不可能になった。この日のハイライトのひとつでもあった、このカナダ人によるエレクトロポップバンドのライブは「リーブハウス」のナンバーで幕を開けた。暑く、すし詰めにされながらも、以前のバンド名「マニトバ」の新しいサウンドはダンスしていてものすごく楽しかった。

SONAR 2010
Lucrecia Dalt

豪華な音楽の前菜でもてなしてくれるレッドブルステージでは、金曜日の早い時間に、バルセロナをベースにしているコロンビアのアーティスト、ルクレシア・ダルトの演奏を行った。ルクレシアはハードテクノの中へと人々を狂ったようにダンスに誘う催眠術のような力をもっていて、彼女のスペース・ポップと弱い歌声、それと彼女の立ち振舞いが人々を魅了する。聴衆はギターとベースでループする音節によって世界をつくる若い地元のアーティストをうれしそうな顔でみつめる。美しい。

SONAR 2010
Goldielocks

ドームステージの金曜は女性の日だった。ポップやエレクトロ、ソウルのリズムからヒップホップまで女性たちによって多彩なジャンルのパフォーマンスが披露された。その日の最後のショウは、UKからきたアーティスト、ゴールディーロックスによる、聴衆の心と結びついているかのような硬質なパフォーマンスと激しいダンスミュージックのパフォーマンスだった。

SONAR 2010
Moodymann

土曜は、ムーディーマンことケネディ・ディクソン・ジュニアによるスイートなオールドスクールの時間となった。伝説的なハウスDJは想像を越えたサンプリングを駆使し、演奏中ずっと観客を沸かしていた。それは最高のファンクやソウル、ヒップホップなどの名曲をミックスしたものだった。ムーディーマンはカリスマ性のあるDJのうちの一人であり、彼はこのセッションで本物のソウルの輝きとファンクの絶頂期、それとディスコの熱を素晴らしい具合に加えた。彼が時間が来たのでショウを終えるように伝えられ、『やめたくないね、まだレコードが残っているんだ』と取り付けられたマイクに向かって言ったとき、観客はすっかり喜んだのだった。最高だ!

ソナードームの様子を伝えたあとは、MACBA(現代芸術美術館)の中にあるソナーコンプレックス・ステージへと話を移そう。私にとってここはフェスティバルの中でも最高のステージの一つであり、ポピュラーで人でごった返しているというようなことがおよそない場所だ。実験音楽やアバンギャルド音楽のとても興味深いバンドやパフォーマーたちのリスキーなライブが披露される。

SONAR 2010
DP-S

初日のライブでは、パトリック・パルシンガーの新しいプロジェクトであるDP-Sを披露。アナログシンセとモジュラーシンセのサウンドを探究したものだ。目を見張るようなパフォーマンスだった。

SONAR 2010
Cluster

フェスティバルのハイライトのうちの一つで、私の記憶に残っているのは、ベテランアーティストでありカルトなドイツ人クラスターによる宇宙的でミニマルなパフォーマンスだ。このようなスタイルはソナーコンプレックスの重要性の一つである。初日は最高のステージだった。もしも他のステージでのパフォーマンスが最終日のためのウォーミングアップだったとしたら、ソナーコンプレックスは最初から全開であったといえよう。

SONAR 2010
bRUNA

SONAR 2010
Bradien

2日目を迎えるまで、ソナーコンプレックスはエレクトロとアンビエントを混合したようなbRUNAのパフォーマンスなど地元ミュージシャンを集めた。エキゾチックで豊かなサウンドをつくりだす地元バンドのブラディエンは、メロディーと楽器音が万華鏡のように混じり合った音楽を演奏した。

SONAR 2010
Emilio José

実験的なアプローチと即興的な演奏による深い音の重なり合いを聴かせる次なるバンドは、土曜の早朝に行われた地元のナーワルだった。激しいフォークとやさしいメロディーを折紙のように精緻に組み合わせ、誠実なでまっすぐな歌詞をのせ演奏したのは、ガリシア州のアーティスト、エミリオ・ホセだった。ほかにソナーコンプレックスで演奏したのは Macromassa(スペイン)、レスリー・フラニガン(アメリカ)や、アメリカのサウンドアーティストのフィル・二ブロックとカルロス・カサスだ。

SONAR 2010
Tim and Puma Mimi

CCCBとMACBAの間には収容人数の多い野外ステージのソナービレッジがある。会場は一番大きく、大勢で踊るのには十分なスペースがあり、有名なアーティストがプレイすることでも知られている。実験音楽やアンビエント、ドリームポップなどはなく、みんなここには体を動かしに来る。今年も例外なく、観客はティム・アンド・プーマ・ミミの力強いエレクトロポップと日本人ボーカリストの素晴らしい歌声を楽しんだ。

SONAR 2010
Jimi Tenor with Afrobeat Band Kabu Kabu

偉大なジミ・テナーと彼のアフロビートバンドのカブカブによる、溢れんばかりのパーカッションと奥行きのあるメロディー、それと渋いサウンドを響かせるエキセントリックな演奏が行われた。ソナー・ビレッジではいつも、人々をまるでダンスホールにいるかのように踊らせるのだ。

SONAR 2010
Bomba Estéreo

ラテンクンビアとパンクロックの混合がレゲエや民族音楽に噛みついたような音楽を力強く演奏するのは、コロンビアのボンバ・エステーレオだ。その日最もユニークなパフォーマンスに、聴衆は体を揺らしジャンプした。演奏が終わりに近づいてきたときには、バンドの一員になってステージでダンスして歌を歌っていた…ラテンの騒乱だ!

SONAR 2010
New Young Pony Club

ビッグネームのラインナップについては前途したが、最も期待されているバンドの一つにUKのニュー・ヤング・ポニー・クラブがいる。バンドは3年ぶりに新作の「The Optimist」を引っさげてバルセロナへ帰ってきた。素晴らしい演奏をし、いまだ新しいレイブパンクの手本とされていることを証明した。

SONAR 2010
Delorean

世界中をツアーして回っているスペインの最も活動的なバンドの一つ、デロリアン。彼らはソナービレッジに登場し、聴衆はほとんど外国人であるにも関わらず、みな彼らを知っているかのように演奏を楽しんだ。バスク出身のバンドがステージで素晴らしい演奏をした瞬間だった。

ソナーホールはCCCB(現代文化センター)の中に位置している。ソナーの昼のステージでは最も困難なステージの一つだ。凄い演奏が入れ替わり立ち替わりあるが、すぐに満員になってしまうので、ステージの時間に間に合わせるのが難しいことに否が応でも気づくのだ。

SONAR 2010
Broadcast

ビックリするような出演者にも関わらず、実際ステージは至って普通だった。最も待ち望まれた演奏の一つであったUKのバンドブロードキャストは初日に登場し、神秘的な音と映像の演奏を披露した。まるで森の中に旅に出たような感じで、個性的かつ特徴的だった。

SONAR 2010
Necro Deathmort

ダークな雰囲気のなか、ネクロ・デスモートは電子機器とギターを使いオブスキュアなドローンメタルとドームメタルを掘り下げ、ソナー・ホールのすべての記憶をダークに塗り替えるような演奏をした。

SONAR 2010
The Slew featuring Kid Koala

ホールステージでは1番のパフォーマンス、もしかしたら昼のソナーで最も力強いショウの一つだったかもしれないのは、ザ・スルー・フィーチャリング・キッド・コアラのファンタスティックなショウだ。キッド・コアラとダイノマイトDの二人はロックバンドウルフマザーのメンバーである。

昼のソナーの興奮を伝えたところで、今度は夜の部に話を移そう。夜のソナーでの体験は昼のものとは全く異なっていて、まるでフィラ2(ソナーの夜の会場)が新しい国になっていったようだった。そこでのパーティーは過去と現在と未来が一緒になってしまっていた。年を追うごとに人が増えているのだが、それがまるで中国のようである。
会場は巨大であるのも関わらず、パフォーマンスがある時はしばし人ごみをかき分けて進むことができないことがある。

SONAR 2010
Air

金曜の夜のソナーはフランスの二人組エアのライブで始まった。この環境エレクトロのショウはネオンライトなどの美しい視覚効果を完全に使っていた。エアは数年前の環境音楽と似たようなのを繰り返し演奏していて、目新しいものは無かったものの、実に幻想的だった。

SONAR 2010
Hot Chip

ソナー・パブでのホットチップスの演奏は何か違っていた。それは音のカクテルで視覚効果やエフェクトなどの余分なものは何一つ必要無かった。彼らの音楽は金曜に起こったビックパーティーへの開始の合図となった。

SONAR 2010
LCD Soudsystem

ジェームス・マーフィー率いるビックバンドのLCDサウンドシステムは、彼らの3つのアルバム曲を1時間に渡って演奏した。立て続けに注意を引きつける演奏は、最後には聴いている人を恍惚にさせた。LCDサウンドシステムは、数年かけた末の昨年、最も重要なバンドの1つとしてその地位を獲得した。そしてソナー・クラブでのパフォーマンスは一般の人たちにも批評家にも、その名声が確かであることを証明してみせた。

SONAR 2010
The Sugarhill Gang

今年のフェスティバルでおそらく1番のショウの時間であっただろう。ヒップホップのオールドスクールの先駆者である、「ラッパーズ・ディライト」で有名なシュガーヒル・ギャングは、クラシックの超ヒット曲で聴衆を狂ったようにノンストップでダンスさせ、彼らのバンドメンバーが表したエネルギーとカリスマ性は、今年のどのバンドのステージにも無かった。まさに素晴らしいショウだった。ヒップホップの伝説が帰ってきたのだった。彼らの演奏はマイケル・ジャクソンを思い起こさせ、すべてのショウで群集を恍惚とさせたのだ。素晴らしい!

SONAR 2010
Roxy Music

昼のソナーを楽しんだ後の土曜の夜は、期待すべきブライアン・フェリー、フィル・マンザネラ、アンディ・マッケイのロキシーミュージックを聞きに走らねばならなかった。このショウの為にソナークラブにいたオーディエンスは、この日他のステージでフェスを楽しんでいるオーティディエンスの親たちだ。なにせ、ロキシーミュージックがバルセロナで最後に演奏したのが、フェス参加者の殆どがまだ生まれてない頃なのだ。

SONAR 2010
Roxy Music

ロキシーミュージックはまだ健在で、ブライアン・フェリーは本当に活力に溢れていた。3人のメンバーは素晴らしい音楽バンドになっていて、彼らの代表曲を以前と同じくらい全く新鮮に演奏していた。

ソナーパブでの次のショウは、シガー・ロスのフロントマンの新しいプロジェクトであるヨンシーのライブだった。ショウは森の動物たちの美しいビジュアルとともに、 Jón Pór Birgissonの比類なきボーカルによる魔法の旅のようだった。もし目を閉じたなら(すなわち、バンドの姿は見えない)、シガー・ロスのコンサートにいるように感じたにちがいない。ともかくも、洗練されていて美しかった。

SONAR 2010
Angel Molina

ディジー・ラスカルのショウの前のエンジェル・モリーなのDJセットでは、(ディスコボールのような)小さなミラーを全身に身にまとったダンサーに、レイザーライトが跳ね返って素晴らしい光の散乱をつくりだすという視覚効果が、本当に驚くべきものだった。

SONAR 2010
Dizzee Rascal

そして次にディジー・ラスカルが、UKで最も尊敬され影響を与えているヒップホップ・アーティストだということを見せつけた。演奏での曲は彼の最新のアルバム「Tongue`n´Cheek」からのものであった。ラスカルはステージを加熱させ、ショウは楽しくエネルギーが溢れていた。

SONAR 2010
Matthew Herbert

マシュー・ハーバートのワン・クラブは、マシーがやりたいことをステージで行い、ソナーパブで融合的な演奏を行った。本当に奇妙な音とエレクトロのミクスチャ。だけど私たちはすべてがハーバートがパフォーマンスすることを知っていて、それはもうひとつの予期せぬ楽しみなものだった。

SONAR 2010
The Chemical Brothers

2010年のソナーの締めくくりとして、ソナークラブではその最高に待ち望まれたケミカルブラザーズのショウがその開始を待っていた。

SONAR 2010
The Chemical Brothers

この2人組のショウは、今日の大規模な音楽ライブで最も人気のあるものの一つとなった。今回の場合も例外ではなかった。ソナークラブの広大なスペースは、個性的なショウを心ゆくまで堪能しようとする大勢の人々でごった返していた。

SONAR 2010
The Chemical Brothers

最先端のテクノロジーが披露されたショウでは、彼えらのヒット曲がエクスタシーでワイルドなパーティーのアンセムとなるようだった。

週末を振り返れば、まるでひと月のようで、ステージからステージへと走り、ジャンプし、ダンスし叫びながら過去のソナーでの思い出が体と心を通り過ぎた。来年のソナーでは18年の歴史を祝い、すべてがもっとビッグになると言われることだろう。

SONAR 2010
会期:2010年6月18日〜20日
会場:CCCB, MACBA, Centre d’art Santa Monica
住所:Montalegre 5, 08001 Barcelona
http://www.sonar.es

Text: Julio Cesar Palacio from Panopttic
Translation: Nozomi Suzuki
Photos: Julio Cesar Palacio from Panopttic

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE