松原慈 WITH ASSISTANT

PEOPLE

枠組みを取り払い、新しい文脈を空間で表現する。
松原慈 with assistant
空間構成、内装デザイン、建築、現代アート、エキシビション、インスタレーション、グラフィックなど、ボーダレスにその活動の領域を広げ、それら作品を展開する場所も国内外のあらゆる都市のあらゆる所。境界の何もない広い空を自由に飛ぶ鳥のように、地球を舞台に自由に行き来し、独自のクリエイションを展開するassistant。8月の終わりにスタートし、現在もDIESEL DENIM GALLERY AOYAMAの1階ショップにて、ひっそりと佇み呼吸しているインスタレーション作品「BOOJUM」を手がけた、松原慈 with assistantにお話を伺った。

松原慈 with assistant松原慈 with assistant
Photo: Sebastian Mayer / AEIOU

メンバー構成を含む自己紹介をお願いします。


assistantというスタジオは、2002年に私と有山宙君と須之内元洋君を中心に始めました。基本的にはその3人がプロジェクトごとに得意分野によって担当します。初期のプロジェクトには、GPS携帯電話を使った心理地図や、『休日の問題』という世界の問題を整理したカードなどがあります。携わるプロジェクトには建築設計、現代美術の展覧会からアーカイヴシステムのようなこと迄ありますが、フリー演技/設計/コンピュータなど、それぞれの専門性が異なるので、プロジェクトに合わせてお互いの力を加減して取り組みます。
最近は、プロジェクトの性質がさらに特殊になっていくときもあって、assistantが、単純なメンバー構成を持つものなのかどうかよくわからない時もありますが、広がりを持ち始めています。

どのような活動をされてますか?また、現在進行中の活動を教えてください。

建築をベースにして、空間を設計したり、インスタレーションを制作したりしています。オンラインで発表されるものや平面的なものを作るときもあります。目の前に現れたきっかけを解釈してそこから表現を拡げるような活動を、普段はしています。
現在は、東京と北京でそれぞれ展覧会の企画があり、構想に入っています。また、住宅の設計が始まります。

松原慈 with assistant結成の経緯をお聞かせ下さい。

assistantというスタジオと別に、そうしたものがとくに結成されたわけではありません。今DIESEL DENIM GALLERY AOYAMAで展示しているBOOJUMというインスタレーションのアイデアがふと頭に浮かび、展覧会をソロで行うことにしたのですが、BOOJUMはインスタレーション作品で、その制作過程にassistantという自身のスタジオの存在が大きなサポートになっています。母親が自分の子どもに助けられるような感じです。あるいは兄弟姉妹の関係かもしれません。スタジオが始まってからしばらく経過した今となっては、assistantは私そのものではありませんが、私がassistantの一部として動くときもあれば、assistantが私を支えてくれるときもある、という気がします。そういう形を取ることで、自分もスタジオも自由でいられるのです。assistantに明確な定義や与えられた形というものはなく、assistantというものに表現が集約されていくのとは逆に、そこから何かが広がっていくような考え方で始めました。今回のように、自身と自身のスタジオの関係は、そのときどきでお互いにとって、もっとも自由を享受できるよう変わってゆくと思います。

展覧会の会場設計などの空間構成や、内装デザイン、建築、現代アート、エキシビション、インスタレーション、グラフィックなどなど、ボーダレスにその活動の領域を広げてますね。表現方法が多岐に渡る中で、それぞれに共通して表現したいことはありますか?また、それぞれに、代表的な作品や活動をご紹介頂けますか?

すべてに必ずしも共通に表現したいことがあるとは言えないので、同じことを繰り返さないように意識しています。少しでも油断すると、過去や繰り返しに簡単に引きずり込まれてしまうものだと思います。これからを含めた長い時間と拡がりの中で、もしかしたら共通性への気づきがあるかもしれませんが、注意や意識は散漫なもので、毎日の出会いや刺激で、考えもいつも動いているように感じます。その全体をまとめてしまうことはできません。私自身は、日々のことと制作の境目があまりはっきりしていないので、自分の時間を使ってひとつひとつ経験して想像して作っているということだけが、すべてに共通しているし、大切にしていることのような気がします。

これまで、展覧会の空間をつくるというのはいくつか経験しました。
最初のものは、ロンドンデザインウィークで発表された「Totoro House」です。

松原慈 with assistant
Photo: Carlo Draisci / Totoro House, Vujj展覧会空間設計, London, 2006

スウェーデンの新しい家具ブランドVujjが初めて展覧会をするというので、その最初の展覧会の空間を作りました。私たちにとっては、ロンドンから帰国した後、最初にふたたびロンドンに戻るきっかけとなったヨーロッパでの初めての作品発表です。スウェーデンの森の中で、サマーハウスがドロンと化けて森に散ってしまう、その瞬間を表現しています。
翌年には、同じVujjのミラノでの展覧会のためにミラノサローネで発表された「Rock Garden」を作りました。こちらは、スウェーデンの岩礁の風景に発想を得ました。

松原慈 with assistant
Photo: Fabian Svensson / Rock Garden, Vujj展覧会空間設計, Milan, 2007

同じ年の秋、DesignTide in Tokyoのメイン会場の一部を招待作家として制作することになりました。「Woven Marionette」と名づけた、真っ黒い編み物が天に向かって解けていくような空間です。

松原慈 with assistant
Photo: Frosty / Woven Marionette, DesignTide展覧会空間設計, Tokyo, 2007

今年の4月には、パリのGalerie des Galeries, Galeries Lafayetteで「mellow fever」というコンテンポラリー・アジアをテーマにした現代美術展覧会へ呼ばれ「半透明の街路」と名づけた空間を作りました。アジアの消え行く旧市街に発想を得て、大型トレーシングペーパーを幾重にも吊り、透き通った街路空間を表現しました。

松原慈 with assistant
Photo: Marc Domage / Translucent Passage, mellow fever展覧会空間設計, Galerie des Galeries, Galeries Lafayette, Paris, 2008

インテリアも幾つかありますが、2007年10月にオープンしたTimberland渋谷公園通り店は、リサイクルとエコロジーをテーマにしていたので、ストーリーのある廃材だけを使ってデザインしました。広島の神社を改築するときに足場に使われていた木材を使って床を作ったり、嵐で倒れた若い木をそのまま使って動く森を作りました。

松原慈 with assistant
Photo: Sebastian Mayer / AEIOU / Timberland Concept Store, 内装設計, Tokyo, 2007

一番最近は、建築学生のイベントに呼ばれて「絵本と、建築」というワークショップをしました。参加者にはまず、空間的な模型を作ってもらいました。新聞紙やアルミホイルなど薄い素材で、とても立体的な模型が出来上がりました。その次に、参加者にはその瞬間まで伝えないでおくのですが、その模型を2次元に平たくつぶしてしまいます。ぺったんこに。そして、つぶれた模型をキャンバスに貼り、3次元だったものが2次元になったことで失われてしまったストーリーや、見えなくなってしまったものを、文字やドローイングで表現してもらい、それを絵本としました。この過程は、なかなか気に入っています。

松原慈 with assistant
Photo: Sebastian Mayer / AEIOU / Picturebook & Architecture, ワークショップ, Tokyo, 2007

少しつながりがありますが、昨年、雑誌「ユリイカ」の誌面と森美術館で子どもたちとル・コルビュジエにまつわる作品作りをしました。ここでは、子どもたちに、丸眼鏡と蝶ネクタイを贈られ、建築家になりきって初めての建築を作りました。

松原慈 with assistant
Photo: Sebastian Mayer / AEIOU / Tremors were Forever: Remember Le Corbusier, ワークショップ及び展示, 森美術館, Tokyo, 2007

また、今月まで、丸の内のカウ・パレードというイベントで、制作した牛の彫刻作品「軽さ、または重さの絶対的不在」が展示されています。
普通は牛に絵の具で絵を描くものらしく、制作途中では、私の牛だけややこしいと委員会に言われてしまったりして、少し大変だったのですが、先日訪れたらおばあさんと小さな子どもが同時にシーソーに乗った牛と戯れていて、とても嬉しくなりました。

松原慈 with assistant
Photo: Sebastian Mayer / AEIOU / Lightness, or absolute absence of weight, パブリックアート, Tokyo, 2008

また、インタラクティブの作品では、夏にオンラインで見る「 同時に存在する2008年8月のための日記」という作品も作りました。重なる雑多なざわめきと記憶の地図です。この作品は、早稲田大学で情報工学の研究をなさっている久保陽太郎さんとのコラボレーションでもあります。(オンラインマガジンPublic/Image特集企画「クリエイターを刺激する土地・都市・街」に合わせて制作)

松原慈 with assistant
© assistant / Diary for simultaneous August 2008, オンライン作品, 2008

プロジェクトごとにメンバー構成は変わりますか?また、作品制作や活動をされる過程では、どのように制作を進めていくのでしょう?

プロジェクトひとつひとつの性格は大きく異なります。その度にキャスティングは重要です。それはassistantというスタジオの内部に閉じた話ではなく、そのプロジェクトに関わる人物すべてに言えることです。たとえばABSENT CITYという、自身のスタジオを開放して開催された、都市についての展覧会には外部から、知人友人、写真家や音楽家、社会学者という人々が関わっています。彼らを巻き込んで作品は出来上がり、そのベースにassistantというスタジオがあるわけですが、実際には、そのプロジェクトのメンバー構成をassistantとして整理することにはあまり意味がありません。このプロジェクトの場合、私の頭の中で始まったストーリーに白いページが用意されていて、そこへ周りの人との会話が書き込まれる予定になっていたりしました。同様に、写真や音楽の要素が最初から想定されていますが、私やassistantが何もかも作るわけではなく、場所を用意し何らかのコントロールを加えているにしても、ふたを閉じて整理してしまうことができないのです。assistantというものを通して、自分自身や周りの人々の多様な創造活動や日常生活が絡み合っています。誰かのアイデア次第で、それはいかようにも変身してプロジェクトを実現させますが、アイデアがなければ何も起こりません。
制作はいつも、誰かのポジティブなエネルギーで始まり、それに反応した因子が周りを取り囲む形で進みます。

松原慈 with assistant
Photo: Sebastian Mayer / AEIOU / ABSENT CITY, 展覧会, Tokyo, 2008

ホームページを拝見したのですが、様々な作品の中で「白いブリックのような箱」を共通して取り入れているのを発見しました。見ていて、「あ!この作品にもあの白い箱だ!」と、assistantさんのフットプリントを見るかのようでワクワクしました。何か特別なアイデアや意図が込められているのでしょうか?

あの白い紙の煉瓦は、ロンドンから日本へ帰国して最初のプロジェクトであった、2005年の展覧会のために作りました。「Tremors were Forever」というその展覧会では、ギャラリー空間に空景を作りました。東京に戻って最初に、スタジオを探しましたが、そのときに、東京では建物の屋上に出ることがあまり許可されていないことに気づきました。ロンドンに住んでいた時は、高い建物もなく、屋上に上がることはとても普通でした。その懐かしさもあって、室内に屋根の上に出て外を眺めたときの風景を作ったのです。すべてを紙やフォトコピーのようなクオリティで作り、展覧会が終わったときにベリっと剥がして丸めて捨ててしまえるようなものにしたので、煉瓦も紙の箱になりました。帰国して初めてのプロジェクトだったこともあって、あの煉瓦の箱はとても思い入れのあるものです。

松原慈 with assistant
Photo: Motohiro Sunouchi / Tremors were Forever, 展覧会及びインスタレーション, Tokyo, 2005

煉瓦はパワーアップして、最近では今年4月丸の内アートウィークスのために制作したインスタレーション「存在しないカフェ」に、銀の煉瓦となって登場しました。

松原慈 with assistant
Photo: Martin Holtkamp / ABSENT CAFE, インスタレーション, Tokyo, 2008

活動の拠点のある東京以外にも世界各地で制作、活動されているようですが、お気に入りの都市や場所があれば教えてください。また、そこでどのようなクリエイションを行いたいですか?

お気に入りの都市はつねに変わります。たぶん自分の置かれている状況とそれに付随している身の回りの環境の変化次第で、くるくる変わっているのだと思います。いまは北京が好きです。自分がわからないことだらけなのが、とても新鮮に感じて刺激を受けるのです。数年暮らしたロンドンも好きです。ほかには、都市というより田舎ですが、南フランスのカシスという小さな港町は、避暑地の代表のような港町なのですが、坂と路地が多くて港や周りの山の風景が歩くたびに変化して楽しい場所です。また、スウェーデンのスモーランドという森林地帯の永遠に続く静かな森の風景は、何度訪れても好きです。イタリアのヴェニスは夜迷いそうになりながら歩いているときのおどろおどろしさが好きだし、スペインのバルセロナは2つの山に囲まれているのですが、車に10分乗れば、海にも山の上にもたどり着けるコンパクトさ、都会なのに自然がすぐ街の中にある地形が素晴らしいと思います。先日展覧会のために訪れたソウルも、想像以上に街のエネルギーがあって、とても好きになりました。
いま、もうひとつ興味をもっているのはナイジェリアのラゴスです。まだ訪れたことがないのですが、現在、ラゴスについての作品を作っています。また、都会の自然も好きなので、日本では、東京の森である御岳なども好きです。
新しい場所を訪れるのはいつも楽しみです。訪れた場所でそのまま制作に入らなければならないことも多く、最近観光旅行をすることがあまりありませんが、制作に入ってしまうと沢山の人といきなりコミュニケーションを取らなければならないので、濃密な滞在時間になります。それが疲れるのも事実ですが、考える間もなく、あっという間にその街や暮らす人のことが体に染み込んできます。実際には、自主的な旅と制作のための旅が半分半分くらいだと、私にはちょうど良いように思います。

現在、DIESEL DENIM GALLERY AOYAMAの1階ショップにて展示しているインスタレーション「BOOJUM」についてお聞かせください。

BOOJUMは、無意味にバランスを与える装置です。
Backwards、Broke、Blind、Blemish、Becauseなど、アルファベットの文字Bで始まる単語を名前に持つ10台の機械がひとつの空間の中で呼吸しながら緊張感を保っています。具体的には、Becauseは永遠に揺れ続ける振り子、Brooklynは植物に方向性を失わせ、Backwardsは風船が大きく膨らんだりしぼんだりを繰り返し、Biscuitは人の動きに応じて流れる音楽に合わせてBlindの中に音符を放り、Bridgeに刺激されてBrokeの上で自動鉛筆が動き出したりします。
BOOJUMのアイデアは、頭の中で二つのことが重なって生まれました。ひとつは作品の構想を練り始めた頃に考えていた「事のバランス」について、もうひとつはルイス・キャロルの『The Hunting Of The Snark:スナーク狩り』という叙事詩への興味です。

キャロルの詩の中の登場人物の名前はすべてアルファベットの文字Bで始まる名詞なのですが、一方「バランス」はBで始まる英単語です。私の気になっていた単語「Balance」と、キャロルの詩に出てくる「Bで始まる英単語」には直接の関係はないですが、その二つは言ってみれば”無意味”という触媒をとおして、私の中でつながってしまいました。そのあとは、辞書を眺めて、Bで始まる単語すべてに目を通し、もっともバランスの取れる10の単語をピックアップしました。その10の単語を使って短い詩のようなテキストを書きました。”Boojum is a mechanism that gives a Balance in nonsense…”という一文で始まる文章です。この文章を書いたときに、ほとんど半分くらい、作品は終わり、後はその書かれた文章を空間化していきました。初めから造形でイメージが浮かんでいた装置もあったので、慎重に10の機械を考えながら、空間の中で一定のバランスを与えていくよう心がけました。それがあまり意味をもちすぎないように、あるいは逆に無意味を捉えようとしすぎないように。空間として、浮遊している”無意味”を知覚できるようにしてみたいと考えていました。

松原慈 with assistant
Photo: Martin Holtkamp / BOOJUM, インスタレーション, Tokyo, 2008

影響を受けた人や、もの、場所など何かありますか?

沢山ありすぎて書ききれません。私はとても影響を受けやすいと思います。影響を受けたとしても、忘れてしまうこともあります。自分の心理状態にもよるのですが、歩いたり出かけたり、動くときに観察したものにもよく影響を受けます。

また、わりとしつこい性格なので、何かが気になるとつきつめて調べてしまいます。調べて行く過程で、背景やエピソードに重ねてインスパイアされることがよくあります。初めは自分のアンテナにひっかかったから調べていたはずなのに、調べ尽くしていく過程で、アンテナが曲がってゆくような感じです。
ほかには、ちょっと面白かったのは、寝ている間に見た夢に影響を受ける場合が幾度かあったことです。夢で見た内容をそのまま作品にしたことがあります。

今後のご予定をお聞かせ下さい。

作品の発表は来年になってしまうのですが、いくつか制作が始まったものがあります。私が手がけるものは、ひとつは東京で、もうひとつは北京になります。始まったばかりで詳細が発表できないのですが、どちらもテーマが政治的、社会的意味を含む、チャレンジングなプロジェクトなので、今年はこれから、どんどん集中して取り組むことになりそうです。
また、assistantスタジオとしては、国内で住宅の設計も始まり楽しみにしています。

最後に、これからの目標をお聞かせください。やっていきたいことなどあれば教えてください。

新しい文脈を作るようなプロジェクトに、意識的にチャレンジしていきたいと考えています。21世紀的な感覚を大事にしたいです。21世紀には未来も過去も現在もその境目はないかもしれませんが。
前文でもお話した「mellow fever」という展覧会へ参加する機会がありましたが、これは大きな変化でした。それまでそうした括りは頭の中に存在していなかったのに、今のアジアについて空間で表現しなければならなくて、とても考えさせられたのです。そして秋にソウルの展覧会にも参加しましたが、こちらは、日本と韓国のアーティストにフォーカスした展覧会で、ここでもほかの作家、ギャラリーのディレクターや作品を取り巻く出会いから刺激を受けました。これまでは、目の前の自分のプロジェクトに必死なところがあったのですが、出会いがもたらすたしかな連鎖と運動を感じるようになったのが、最近の変化です。今年は、会いたい人に自分で会いに行ったり、さらに枠組みみたいなものを取り払ったり、自主的な動きを大切にしたいと思っています。

松原慈 with assistant「BOOJUM」
キュレーター:高橋正明(ブライズヘッド
会期:2008年8月30日〜2009年2月8日
時間:11:00〜20:00
定休日:不定休
会場:DIESEL DENIM GALLERY AOYAMA 1F
住所:東京都港区南青山6-3-3
TEL:03-6418-5323

Text: Mariko Takei

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE