マイク・ケリー回顧展「ゴースト・アンド・スピリット」

HAPPENINGText: Victor Moreno

アメリカ社会における制度的権力、労働者階級、哲学、ポップカルチャーといったトピックに関心を持ち、特にジェンダー、セクシュアリティ、階級差別に執着し、犯罪性や倒錯についての観察も行ったアンダーグラウンド出身のアーティスト、マイク・ケリー。その表現手段は絵画、インスタレーション、コラージュ、オブジェクト、ビデオ・アート、パフォーマンスなど多岐にわたる。彼は1973年から1985年にかけて活動したパンク・バンド、デストロイ・オール・モンスターズのメンバーであり、ニューヨークの実験的ロック・バンド、ソニック・ユースなど、同様のジャンルの他のバンドに影響を与えた。


Mike Kelley, Kandors Full Set (détail), 2005-2009

2012年1月31日、マイク・ケリーはパサディナの自宅で自殺とみられる死体で発見された。今回パリ中心部にある商業取引所で彼の回顧展「ゴースト・アンド・スピリット」が2024年2月19日まで開催されている。この回顧展はピノー・コレクションからケリーのキャリアを網羅し、多くの作品が一堂に会するもので、その後ロンドンのテート・モダン、デュッセルドルフのK21、ストックホルム近代美術館に巡回する予定だ。


Mike Kelley, Kandors Full Set (détail), 2005-2009

1999年、ケリーは最も野心的な作品の一つである「カンドール」シリーズでスーパーマンへの興味を探求し続けた。カンドールはスーパーマンが生まれたクリプトン星の首都で、1930年に出版されたコミックに描かれている。ケリーが描くスーパーマンの故郷は、モダニズム的で色彩主義的なユートピアである。コミックでは、惑星全体が吹き飛ばされる前に、悪役によって町が縮小され回収、ガラス製の瓶(ベル・ジャー)に保存している。架空の都市は、この円形の部屋を囲むように設置され、テレビモニターにはショートフィルムが映し出された。この古典的なスーパーヒーローへの頌歌は、ケリーのポップカルチャーと階級差別への関心に応えたもので、私たちの上に立つ超人であると同時に、スーパーヒーローの出自にまつわる哀愁と喪失のメッセージを伝えている。

Read more ...

[Help wanted] Inviting volunteer staff / pro bono for contribution and translation. Please e-mail to us.
MoMA STORE