スタジオ・アズロ

PEOPLE

テクノロジー時代における人間的で詩的な経験のために。


スタジオ・アズロは「叫びではなく、かすかに繰り返す物語」というメッセージで国際的に有名になったアーティストのグループだ。私達のウエブサイトの開設にむけ、何かアイディアはないだろうかという事でこのグループに会った。数時間に渡る論議の後、パーティーで彼等がインスタレーションを用意するという当初の方針は、彼等にウェブを担当してほしいという強い願いに変わっていった。

触れることはない、現実の世界もない、インタラクティブカーペットあるいはパラシュート、というのがスクリーンを通して意味を持つ。


Images from the interactive installation “Tavoli”

スタジオ・アズロは、それぞれ異なる気持ちを一緒にすることを通じ、アーティスティックなビデオリサーチプロジェクトを行う試みとして1982年につくられた。 ミラノ出身の写真家、ファビオ・サリフィノ (1949) とリミニで生まれビジュアル・アートと映画を制作しているパオロ・ローサ、パルマでグラフィックスとアニメーションを中心に活動するレオナルドサンジョルジ (1949)、そして1995年最後に参加したのがインタラクティブ・システムで活動するステファノ・ロヴェダ (1959)。

スタジオ・アズロのリサーチは、スタート時から彼等の定義した「ビデオ環境」に参加する人々の注目のもと、エレクトロニックなイメージを環境の中に統合する事に重点を置いている。フィルムとショートフィルムのプロダクションで明らかになる、平行にある映画制作の解釈に関する分野としてのショーやミュージカルオペラを行うデザインと設備を持った劇場空間へと広がっていく経験だ。


Characters in the interactive installation “Il giardino delle anime”

その仕事は彼等の表現によると、「オッチ・インパーフェッティ」−不完全な目。ビジュアル・リサーチ、エレクトロニック・イメージ、そして現代のオンラインミュージックに向けられた目。

不完全な目を持つことは、人間にとっては自然な状態だ。この身体的限界は、 21 世紀のエレクトロニック・イメージの宇宙を探究する事を可能にする。私達の目はゆっくり動き、そして完全ではない。目をすばやく動かした後にその敏感な表面を修復することができないからだ。つまり、私達はとても速く変化するイメージには騙され続けるという事だ。

幅広いアクションや飛躍的な前進、将来への見込み等を吸収するために、限界が口実になることも多い。それは年代に関係するだけではなく、ふるまい、カルチャー、民族にもリンクする。「不完全な目」はこういった状況では別な意味も持つ。小さく光る四角やギザギザの縁、速い動きや実際にはあり得ない形のモザイクの中で、確かにぼやけて曖昧さを持つ合成的なリアリティーとして受け入れてしまうという自発性をもっているからだ。


Interactive installation “Tavoli”

しかし、いったい「不完全な目」というのはなんだろう。サイトのことか?インタラクティブ・インスタレーションのこと?映像実験の場?はたまた、ビデオリサーチのための道具だろうか?このオンライン作品をいろんな方向から解釈することで、これらの問が明らかになるだろう。


Scenes and actions from the installation Landing talk

スタジオ・アズロの作品に向かった時の一般的な反応は予測不可能だ。それは彼等のパフォーマンスに対する熱狂的な反響、あるいは巻き込まれたいという熱い欲望をかくそうとする内気さかもしれない。叫んだり、手を叩いたりとアクティブに参加することもできるし、静かに傍観するという事も考えられる。

「私達は、自分達の本当に個人的なプロジェクト、つまり意志が集まってできた大きな残像でこの新しいアリーナに入ったのです。特定の物を追うのを避けようとする中で、私達の意識は最近の先端テクノロジーに向かっていったのかもしれません。特にサウンドやイメージといった一般との対話を生み出して呼応するインタラクティブなものを扱う時には、2つのはっきりとしたゴールを心掛けています。1つは、収集目的のスペースを作ること、もう1つは自然なインターフェイスを使うこと。この2つがもっとたくさんのプランと知覚的に高いレベルを論じる新しい形のナレーション表現の基礎知識を与えてくれるだろうと期待しているのです。最近は、外に出て人と話すことをあまりしないため、最近のニューテクノロジーの分野でのリンクが弱くなってしまいました。だから結果的に個々のオファーをうまく扱えず悪化させてしまう傾向にあります。そのため、私達は参加者数名によるチョイスを行い、話の筋を共同で決め、それぞれ個人における関係が人と機械の関係より深い意味を持つ場を作ることにしました。これが「敏感な環境」と私達が名付けたもののバックにあるものです。それから、ハイテクな設備を持つのが当たり前の現在の状況をできるだけ小さくとらえて「天然のインターフェイス」を推奨し、マウスとキーボードといった要素を除去し、触れる、足踏みする、音を出すといった比較的一般的で象徴的な置き換えに頼らないコミュニケーションの可能性を探ろうとしています。これは体験を通して人と人とを近づけ、観客と彼等を取り巻く出来事に対する自然で知覚的な反応との間にコミュニケーションを挟み込む隙間を作るという事ができるように意図されたものです。ある意味では、−これは彼に敬意を表していうのですが−デュシャンがしたのと全く反対の事をしようとしていたのです。日常的な使い方から物を推測して芸術的なコンテクストの中に直に反映するというよりも、人々の行動に直接関わるアート作品を作りそこで起きた行動をアーティスティックな経験の一部に取り込むことを試みているのです。」


Image from the interactive installations Il Nuotatore and Coro

スタジオ・アズロのプロジェクトの中に「記憶の男」がある。過去のどんなことも、自分の誕生した時の事でさえ忘れることのできない男の話だ。この作品では生活のすべての瞬間において、全部のイメージがコンスタントに臭いや感覚といった他のイメージと結びついていることが表現されている。主人公は記憶という、メカニズムと回路が交錯する複雑な檻の中を作り出し、それに耐えている。

「インタラクティブなインスタレーションを用いてきた私達は、ナレーションは時間のように継続的なものではなく、分けられたりくっつけられたりするものだということを経験してきました。これは私達の中にある記憶がクリアになっていくのと似たようなことなのでしょう。」

彼等の作品については、DOUMUSWEBでチェックすることができる。

Text: Loredana Mascheroni From Domusweb
Translation: Naoko Ikeno

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE