モゴヨン

PEOPLEText: Junko Isogawa

モゴヨンはニューヨークを拠点にし、純粋に仕事を楽しむ事を大事に日々活動している、デザインスタジオ。多方面に才能を生かすフランシスコ・ロペスとモニカ・ブランドによる作品はカラフルかつセクシー、時には小悪魔のように、そして微量の不気味さを私達に残す。しかしその鮮やかさがそれぞれを滑らかにブレンドし、忘れられない印象を焼き付ける。

MOGOLLON

まずはじめに自己紹介をお願いします。

モゴヨンは、2004年に私達(フランシスコ・ロペス、モニカ・ブランド)が、PS1/MoMAで依頼されたそこでのインスタレーションをドキュメント化したことから始まりました。お互いとても気持ちよく仕事ができると感じ合い、私達の住んでいるニューヨークのブルックリンの近くでアート・ディレクションをはじめることに決めました。

モゴヨンはデザイン、プリント、フィルム、シアター、フォトグラフィー、ファッションをプロデュースする機関として生まれたのです。ひとつのルールの中で自分たちを抑えつけたくなく、またひとつの作品の中に様々なアーティスティックな糸を織り交ぜるという意味も込め、モゴヨン(スペイン語のスラングで、沢山の意)という名前を付けました。

音楽業界の仕事はCDジャケットのデザインから始め、ポスター、プロモーション・ビデオなどいろいろな方向に発展していってとても楽しんでいます。

他にモゴヨンとして取り組みたい事は、オリジナル・デザインのテクニックを見直して、それを利用していくことです。これは何を意味するかというと、私達のアートワークはテクノロジーをよく使うことで知られていますが、それらはハンド・ドローイング、コラージュ、スケッチブックや作業台の上で行う手仕事に基づいているということなのです。

MOGOLLON
Outmigration – Art Direction, Costume and Music selection: Mogollon

最近の活動について教えて頂けますか?

現在は晩餐に取り組んでいます、というのは「Outmigration」という演劇の作品で、10月にウィリアムスバーグのモンキー・タウンという場所で行われるものです。セットのデザイン、ビデオのプロデュース、コスチュームを協同で製作し、作品のための音楽を監修しました。今年二回目の公演になるので、今回の目的はさらに魅力的になるよう磨きをかけることです。

今月のSHIFTのカバーデザインのコンセプトを教えて頂けますか?

今回は中東/ハリウッド女優を思わせるキャラクターにしました。実はこの作品はジャック・スミス、そして彼のお気に入りのひとつ、マリア・モンテスへのトリビュートでもあるんです。

MOGOLLON
MOGOLLON
TUSH Magazine Issue 06, Berlin, Germany – Art Direction: Mogollon, Photo: Eva Muller

ニューヨークと比べて日本のアートシーンについてどう思われますか?また、お気に入りの日本のアーティストはいますか?

日本とニューヨークではアートシーンはかなり違うと思いますが、二つの世界で相通じる物はあると思います。インスピレーションが欲しいときには必ず日本のアートを見ますしね。草間彌生森万里子野田凪田名網敬一、北斎、安藤忠雄の作品が好きです。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
MoMA STORE