札幌美術展 アクア・ライン

HAPPENINGText: Ayumi Yakura

水をテーマにした美術展は世界に溢れているが、その中でも現在、札幌芸術の森美術館では、水がつくり出す「線」に着目し、日本画、油彩画、写真、立体作品、書、インスタレーションなど、異なるジャンルで活躍するアーティスト14名の作品を集めた「札幌美術展 アクア・ライン Art along the shore」を開催している。
副題の「Art along the shore」は「岸辺に沿った美術」を意味している。直接的に水を表現しただけの作品ではなく、水を発想の源とした作品や、水へ想像力を寄り添わせた作品が集められ、現代の北海道から厳選されたアーティストによって、展示空間が瑞々しく満たされていた。
鑑賞者は、水という1本の身近なテーマに身を委ねながら、14通りの水の線を流れるように巡り、鑑賞ルールを持たない現代アートをリラックスして楽しむことができる。そして、さりげなく計算された展示の導線や、作品に添えられた解説パネルの文章表現から、澄んだ美意識を感じられる美術展だ。

札幌美術展 アクア・ライン
「SNOWFLAKE」国松希根太, 2013年 Photo: © 山岸せいじ

奥へ足を進めると、国松希根太による「SNOWFLAKE」が厳かに屹立している。黒いアクリル板の中心に、高さ2.55mの幹が立ち、天から刺す光が、樹皮に雫のような陰影を落としている。上半分は白く剥き出され、凍てつく氷柱のように彫り出された先端を見上げると、所々でスワロフスキーが光を乱反射している。
幹を囲む6つの木彫は氷山のようだ。一周しながら各々の稜線を観察すると、素材の有るがままと対話しながら彫刻するかのような、作家の研ぎ澄まされた感性を感じる。
上から見下ろすと、顕微鏡で雪の結晶を覗くような配置だ。横から見渡せば、双眼鏡で海の氷山を望むようでもある。実像と虚像の境界に立ち、自らの現在地を俯瞰でイメージできる作品だ。

03yamadaryo.jpg
「海抜ゼロメートル/石狩低地帯」山田良, 2013年  Photo: © 山岸せいじ

山田良の「海抜ゼロメートル/石狩低地帯」は、高さ2m・全長24.58mもの桟橋だ。階段から昇ると、組まれた細い廃材から、ギシギシと不穏な音がする。人によっては足のすくむ高さだが、道幅は60cmしかなく、掴まる手すりも、寄りかかる壁もないので、身の危険を感じながら綱渡りのように歩いた。
40〜100万年前、この地帯ではおよそ地上2mに海水面があったという。その高さを不安定な状態で渡ることによって、不在となった海水面を想起できる体感型の作品だ。人が橋を架けるのは、そこに繋ぎたい何かがあるからだろう。昇らない場合は、水深2mの床から海面を見上げるという視覚的体感も可能だ。

05hatasatoshi.jpg
「水への返礼。水に対する私のエンターテインメント」端聡, 2013年 Photo: © 山岸せいじ

展示導線の中心部には、端聡による「水への返礼。水に対する私のエンターテインメント」が設置されている。彼は「札幌国際芸術祭2014」の地域ディレクターとして注目されているが、その活動の手段として深読みすることを止めたとき、作品を流れる純粋な喜びに胸を打たれるだろう。
まずは全体像から、過去として未来を見ているかのような印象を受けた。薄暗い一角に、シンプルな鉄の箱が16個並んでいる。蛇口からは白濁した水が流れ、管の中で曲線を辿りながら、箱の上を満たして循環している。水面には、水にまつわる様々な映像が、様々な音とともに投影され、4分40秒のサイクルで白く静まりかえる。
作品の着想は「水は記憶する力を持っている」という、仮説段階の学説から得られたという。もしも水が記憶するならば、万物の源である水への謝意や敬意を、複合的な表現で水面に流し込むことによって、水に良い記憶を循環させることができるのかもしれない。その水への純粋な謝意や一途な敬意は、あまりに素直で無防備にも感じられるが、芸術表現においてはそれこそが強さではないだろうか。

06maekawayoshiaki.jpg
「20100214192908titose」前澤良彰, 2010年 © 前澤良彰

今回の出品作家は14名中3名が写真家だ。3名が異なるコンセプトで撮影した、水にまつわる北海道の風景写真が、それぞれの展示スタイルで表現されている。
前澤良彰の写真には、道内各地で撮影された水の光景が、収められた黒い箱の中から発光するように浮かび上がっていた。よく見ると、モノクロームの所々にカラーが見られる写真もある。
2009年の札幌を空撮した写真には、霞む街を流れる豊平川が捉えられている。地上では知り得なかった川のラインが、その美しい姿で今もこの街を流れている事実に、深い安らぎを覚えた。千歳の森の中で撮影された湖面には、肉眼では決して見ることのできない、北海道の澄みきった空気が映り、空へ光を反射しているようだった。

07amanoamanatsu.jpg
「Escualo」蒼野甘夏, 2010年 Photo: © 山岸せいじ

蒼野甘夏は、今回唯一の日本画家だ。日本古来の技法を受け継ぎながらも、南米の打楽器で演奏された音楽から着想を得ているという点が興味深い。
「バトゥカーダ」は、密教の大威徳明王を、女性に置き換えて描いた作品だ。三面六臂六足で水牛に跨る様子からは、神でありながら自由奔放な印象を受けた。「Escualo」の、薄い衣を纏いサメを操る女性は、気高くも危うさを醸し出していた。新作である「岸想図」の、横長の画面に白い波の線が大渦を巻く海辺では、美しい人魚が頬と唇を色づかせながら、誰かを想っているようだった。
3作品共に、伝統柄を現代的に再構成した波線や格子柄によって、画面がスタイリッシュに構成されている。

13yoshinarishoko.jpg
「静かなそよそよ」吉成翔子, 2013年 Photo: © 山岸せいじ

幌加内町出身の吉成翔子は、現在26歳で14名中最年少だ。書道家の中野北溟が90歳と最年長であり、年齢幅の広い美術展だといえる。
「静かなそよそよ」は、大小様々な鉄の作品が、森に生える植物のように点々と配置されていて、展示されている空間全体が作品となっている。
鉄が丸みを帯びて曲げられた姿には、可愛らしい印象を受けるが、迎合しているようではない。また、物静かだが、鑑賞者を誘う軽やかな気配を発しているようだ。さり気なくて心地良い、自然体の遊び心を感じた。細くシンプルでも、その一つひとつの造形に、空間に景色を生み出すような独創性を感じる。

14sasakihideaki.jpg
「雫を聴く」佐々木秀明, 2010-2013年 Photo: © 山岸せいじ

館内、第2会場入り口の暗幕の奥は、佐々木秀明による「雫を聴く」の空間だ。天井に吊るされた3つの装置の氷が溶け、静寂の中「ポチャン」という微かな音とともに、ガラス皿に落ちた雫が小さな水たまりを揺らすと、ランプが水たまりを透過して、床に映った光の輪が大きく揺れる。装置が床から遠いほど光の輪郭は淡く、水たまりが広がると輪が重なり合い、平らな床に架空の水深を感じられる。鑑賞者は、優しく揺らぐ光の層の中を歩いていくことができる。
奥の壁には、ガラス板を3段重ねた作品もある。装置から雫が落ちて上段に溜まると、下段へと流れ落ちていき、表面張力で膨らんだ水面に落ちて、壁に映る影が生き物のように揺れた。
どれほどの時間、この空間を眺めていただろう。時間の経過とともに様子が変わる作品だ。最初に入って、鑑賞のために五感を澄ませておくのも良いし、他の13名による多彩な作品を堪能した後に入って、穏やかな水の光に包まれながら鑑賞を終えるのも良いだろう。

「札幌美術展」は歴史が古く、元は札幌市民ギャラリーを会場としていたが、2008年に札幌芸術の森美術館に移されて以降、毎年独自のテーマを設けて開催されている。
同館の特長としては、恵まれた自然の中で彫刻を鑑賞できる「野外美術館」(冬期休館中)などが広く知られているが、その他にも、道外や海外で高評価されたアーティストを取り上げるだけではなく、道内アーティストや新カルチャーの価値を自ら見出し、企画力を駆使してコンスタントに発信するスタンスも、注目すべきところだ。
来年は「札幌国際芸術祭2014」の会場としても、異なるジャンルの人々が交わる場となるポテンシャルを感じる。芸術の森へ集った人々がアートを通して何かを感じ、そこで育まれたものが外へ広がっていくことに、今から明るい期待を巡らせている。

アーティスト・トーク
会期:2014年2月9日
時間:14:00~14:40
会場:札幌芸術の森美術館 展示室
講師:山田良
参加料:無料(展覧会の入場券が必要)

札幌美術展 アクア・ライン Art along the shore
会期:2013年11月30日~2014年2月16日
休館日:月曜(祝日の場合は翌火曜)、年末年始(12月29日~1月3日)
開館時間:9:45~17:00(入館は16:30まで)
観覧料:一般700円、高校・大学生350 円、小・中学生150円
出品作家:蒼野甘夏、国松希根太、佐々木秀明、露口啓二、徳丸晋、中野北溟、端聡、前川アキ、前澤良彰、宮川美樹、八木保次、山田恭代美、山田良、吉成翔子
http://sapporo-art-museum.jp

Text: Ayumi Yakura

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE