バルティック現代美術センター

PLACEText: Sayaka Hirakawa

ニューカッスルは正式名称をニューカッスル・アポンタインと言い、北東イングランドの最大の都市である。市内を流れるタイン川沿いの夜景は、テムズの夜景に慣れたロンドンっ子でもうっとり見とれてしてしまうこと受け合い!バルティック

タイン川を挟んだ対岸は、ゲイツヘッドと呼ばれる再開発地区となっており、その一環として建設されたゲイツヘッド・ミレニアム橋のふもとに、ちょうど位置しているのが、バルティック現代美術センターである。

バルティック

バルティックは1950年代に建てられた製粉倉庫を改築し、2002年にスタートした。常設展を持たず、常に斬新で精力的な企画展を展開していることで、イギリス内外からの注目を浴びているアートギャラリーである。6フロアの広々とした展示スペースはもちろんのこと、ガラス張りのエレベーターに乗って最上階まで上ると実はタイン川のベストビューを臨むことができるのも知っておきたいところ。

バルティック

2階部分は、ラーニング&アクティビティスペースになっていて、奈良美智のイラストで囲まれたライブラリーや、フィリップ・スタルクのキッズサイズチェアが置かれた閲覧場所が設置されている。子供向けのワークショップなども展開されているようであるが、どちらかというと大人がこどもの気持ちになって絵本を手に取って遊んだりできるスペースとしても使われているところが微笑ましい。

バルティック

同ギャラリーは過去に、グラフィティやグラフィック・アートをテーマに今やカリスマとなったバンクシーや村上隆の作品を紹介した「スパンク・ザ・モンキー」、世界中からのビートルズファンによるインスタレーション展などが話題を呼んだ。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
MoMA STORE