梅沢和木

PEOPLEText: Yuki Mine

「エクストリームAR画像コア」 

梅沢和木

新進気鋭の美術作家、梅沢和木による展覧会「エクストリームAR画像コア」が東京・渋谷のディーゼル・アート・ギャラリーにて開催中だ。梅沢氏は、インターネット上にある無数の画像を集めてコラージュを作成しており、それら膨大な数のモチーフを組み合わせることで、予想もつかない新たな作品を作り出している。

本展覧会では新作が多数発表され、また「AR」(拡張現実)という技術を用いて表現活動を行うAR三兄弟を開発に迎えている。「AR」が埋め込まれた作品は会場に準備された端末を通して鑑賞することで、モニターの中で新たに構成され、立体的な作品として表現される。今回の展覧会に合わせ、梅沢和木氏にこれまでの活動や、今後の展開についてお話を伺った。

梅沢和木
撮影:助田徹臣

まずディーゼル・アート・ギャラリーで展覧会「エクストリームAR画像コア」を行うことになった経緯や、この展覧会で意識した点などあれば教えて下さい。

自分の作品や今までの色々な活動、個展でAR三兄弟と作りたい作品などをディーゼルにプレゼンし、その結果無事に通り、個展を行うことになりました。

ファッションブランドのディーゼルと一緒にやらせていただくとのことで、普段と異なる客層を意識した、というのはあります。ファッション側からの視点とアート側からの視点、両方の視点が一番うまく交わる部分を探り、展示を作りました。

_MG_1682.jpg
撮影:山中慎太郎

展覧会のタイトル「エクストリームAR画像コア」とは具体的にどういう意味なのか教えて頂けますか?

「画像コア」という名称は最初の個展から一貫して使っているタイトルの要素です。明確に意味を決めているわけではないのですが、まず「画像」はデジタルのコラージュの要素を多分に含んだ自分の作品にとって必要不可欠な単語です。脳内のイメージ、イデア、絵画、などなど絵に関する色んな概念に届くような響きがこの単語にはあります。「コア」というのは核や中心といったような意味合いですが、個人的にこの「コア」は音楽ゲームでよく使われる遊びめいたジャンル名を意識してつけています。「ハードコア・テクノ」「ルネッサンスコア」「姫コア」など、もはや「コア」を付けてしまえばなんでも成立してしまうような、現代っぽい自由さがとても好きで使っています。

加えて、今回はARを用いた作品がメインなのでそのまま直球で「AR」を付けさせていただきました。「AR画像コア」でも良かったのですが、勢いで「エクストリーム」もつけました。自分の好きな音ゲーの世界がエクストリーム・スポーツの如く妙な過激さを持っているからというのも関係しているかもしれません。

diesel_umeleb_22.jpg
撮影:山中慎太郎

今回のAR三兄弟とのコラボレーションはどのような流れで実現したのでしょうか?

東浩紀氏の企画する福島第一原発観光地化計画の取材で南相馬へ行った時、AR三兄弟の長男である川田氏と出会いました。その時に「是非一緒に何かやりましょう」と話し、その次に2.5DでAR三兄弟と梅沢でトークをさせて頂きました。それから、ディーゼルへ個展のプレゼンをするにあたって、思い切ってARを使った作品をAR三兄弟と一緒に作ってしまおう!と思い立ったのが今回の個展の始まりです。何度か打ち合わせを重ねることによって、自分の作品に内包される複雑なレイヤー構造とパターンをARによって鑑賞者に明示する今回の作品にたどり着きました。

diesel_umeleb_49.jpg
撮影:山中慎太郎

実際に作品を拝見して、ビビッドな色づかいがとても印象的でした。様々な色を重ねつつ、それを一つの作品としてまとめる上で気を付けてらっしゃることはありますか?

作品の色はモニターの発光する透過のRGBの色が常に参照されています。映像の持つ色と絵の具の持つ色は種類の違うものです。単純にデジタルとアナログで分けることのできない、複雑な関係がそこにはあります。絵の具の色はモニターの色とは違いますが、モニターの色を意識して構成することは可能です。自分が作品を作る時は、モニターにしか表出しないあえかな色の感触を辿るように制作をしています。具体的には、その多くがモニター上で生き生きと表情を発揮するアニメやゲームのキャラクターの鮮やかな眼や髪の色などが参照されています。

diesel_umeleb_33.jpg
撮影:山中慎太郎

作品はどのような流れで制作されているのですか?一つの作品を完成させるにはどれくらいの時間がかかっているのでしょうか。

大きくムラがあります。最近把握できてきた気がするのですが、三時間、三日、三ヶ月というパターンがあります。三時間でできる時は今までの脳内のイメージ蓄積とHD内のデータ蓄積がとても都合よく噛みあい、完成イメージへ超特急で向かう時。三日でできる時は脳内とHDとそれぞれの蓄積を若干分解と再構成を繰り返しながら完成図を作っていく時。三ヶ月というのはかなり悩んで前提を壊してさらに構築する必要のある時です。過去に「げんじつ!」展というグループ展に出品する作品を作った時は、三ヶ月くらいかかりました。三年という感覚は今のところ来ていません。

diesel_umeleb_02.jpg
撮影:山中慎太郎

梅沢さんの作品におけるいわゆるオタク文化の影響は、初期の作品と最近の作品では変化してきていると思いますか?

オタク文化が内容を常に更新して変化していくのと同じように、その都度そのつど影響されていると思います。震災以後ではオタク文化に加えて三次元要素、社会的要素を意識するようになりました。そういった意味では変化していると思います。

diesel_umeleb_45.jpg
撮影::山中慎太郎

最近面白いと思ったものや、梅沢さんがはチェックしているものはありますか?

ビートマニア・ツー・ディー・エックス(beatmaniaⅡDX)はエクストリームな脳内情報イメージ処理能力を鍛えるために常に(とは言ってもここ5年ほど)プレイしています。最近段位が皆伝になったので、次は全白という領域を目指しています。

あと基本的に流行っているものはチェックするようにしています。「艦隊これくしょん」、「進撃の巨人」、「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」、「ダンガンロンパ」、など。進撃とわたモテは一巻からチェックできてましたが、それ以外は完全に後追いです。あと週刊誌の「ジャンプ」も毎週読んでいます。

diesel_umeleb_21.jpg
撮影::山中慎太郎

より多くの人々が梅沢さんの作品を見るようになるなかで、意識の変化はありましたか?

「公共性」についてより考えるようになりました。

自分の作品はやはりかなりコアな層に向けて作られているというか、現代アートというくくりの中でもそれなりに距離を置かれるような領域のものなのかなと、美術館などで展示する度に思います。

なんでもないような文字やマークでも、より多くの人に見やすいように作られている…と言うとデザインの話のようですが、とにかく自分の作品はそういったものではない。しかしエッジさを保ちつつ公共性を持つにはどうしたらいいか、そのことをよく考えます。岡本太郎が当時最先端だったテレビをメディアとしてかなり活用していたことなど。

diesel_umeleb_30.jpg
撮影:山中慎太郎

今後、一緒に作品を作りたい、あるいは一緒に展覧会を開きたい方はいますか?

二艘木洋行氏と前から何かやろうと話しながらもできていないので合作をしたいと考えています。

これから梅沢さん個人として、あるいは一人の美術作家として挑戦していきたいことはありますか?

基本的には見たことのないイメージをみたいという欲望にそって作家活動をしています。自分がみたことのないイメージが自分以外の人にとってもそうであったら一番良いです。そういった作品を作っていきたいです。

美術作家としては国内と海外で名を馳せて活動を広げていくというのが対外的には一番の目的なのですが、個人的に一番大切なのは自分の欲望をどう作品として昇華していくかなので、そういった個の部分を捨てないで挑戦を続けたいです。現在はセクシュアル、ジェンダーなどのテーマがいくらか意図的に隠蔽されて情報量が全面に押し出された作品を作っています。それは梅沢和木の自らの個の欲望が関係しています。そこが開放された時にまた新たな展開があるのかもしれませんが、まだ自分ではわかっていません。挑戦するとしたらそういった部分でしょうか。

梅沢和木「エクストリームAR画像コア」
会期:2013年8月23日~11月15日
時間:11:30~21:00(不定休)
会場:DIESEL ART GALLERY (DIESEL SHIBUYA内)
住所:東京都渋谷区渋谷1-23-16 cocoti B1F
開発:AR三兄弟
キュレーター:松島英理香 / CASHI
協賛・協力:CASHI / GraphersRock / 株式会社プレーン
TEL:03-6427-5955
http://www.diesel.co.jp/art/

Text: Yuki Mine

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE