岡部昌生

PEOPLEText: Kenta Torimoto

岡部の創作は、昨今の現代アートの表現に見られるような、スペクタルなインスタレーションや、コンセプチュアルに寄り過ぎた表現はなく、人間が手に触れて感ずる表面を紙の上に鉛筆で1ストロークずつ擦りとっていく、極めて地味で手間がかかる作業の繰り返しである。しかしだからこそ、文字も映像もすべてデジタル化され、かつソフトウェアでいくらでも編集できる現代において、彼の表現は人々や街の歴史、記憶、人間の営みの痕跡を可視化する表現方法として、鑑賞者により強い印象を与えている。

岡部昌生

岡部さんの作品は非常にシンプルですが、その力強さは積み重ねてきた時間からくるのではと思うのですが、歴史や時間といったものを可視化するというところもありますね。

技法にしても素材にしても、美術の考え方にしても、そのシンプルさが意外と多彩多用に展開でき、力を持ち得るのだと思います。シンプル故に共感や共有してもらえるということもあると思います。

作品や制作のスタイルが変わっていくアーティストも多いと思いますが、岡部さんは今のこのスタイルを始めたときにこのような形で展開していくことは予想していましたか?

予想はしていませんでしたが、ある決断を持って出発しました。それは自分の中でのある挫折感からなのですが、失ったことによって生まれてきたエネルギーが持続したのではと思います。ブレないような意識というものは、自分の中にそぎ落とすようなシンプルさを求めていったことで生まれたのかなと思います。

_MG_7239.JPG
「色は憶えている」岡部昌生, 2012 CAI02

その挫折感を経て決断したというのはいつ頃ですか?

1977年です。それまでは記録というものをテーマに版画や絵画的な表現をしていたのですが、それでは自分の考えている時代を写すことができないと感じ、一切を捨てざるを得なかった。それで自分が立っているその場所を刷りとることをはじめました。それが77年のフロッタージュです。その2年後にパリで自分の滞在日記のようにフロッタージュで作品を作っていたのですが、滞在生活を送るうちに、日常的な平和な暮らしのなかに、街の歴史や事件があったことに気付きました。それを知った時に都市は大きな判であるということを獲得し、それから色々な都市のフロッタージュを制作していったのです。

今回展示されているフロッタージュには、3つの数字がプリントされていますね。

フロッタージュは、広島旧国鉄宇品駅プラットホームを擦りとったもので、作品には3つの1894、1945、2004と年号が記されています。1894は日清戦争開戦の年であり、山陽鉄道から宇品港(現広島港)までの軍用鉄道か造られた年です。それ以来、第二次世界大戦集結まで、この駅から莫大な数の軍需物資と兵士がアジアへ向けて送り込まれました。1945は広島に原爆が投下され、終戦を迎えた年です。2004は高速道路建設によって宇品のプラットホームが壊され、これ以上刷り取ることができなくなった年です。
近代日本の海外侵略の拠点のために造られ場所が、その結果として原子爆弾という形で被害を被り、同じ場所が加害と被害の同時に2つの顔を持つこととなった。そして都市の再開発計画で完全に消滅してしまい、人々の記憶から忘れ去られようとしています。

今回の展覧会「色は憶えている」はいつから構想していたのですか?

去年の震災以降、アーティストとして何ができるのだろうという思いがあり、なかなか整理ができず、一年間の時間を必要としました。アーティストとして違った角度で物事や、将来を見据えた考え方、態度を探っていかなければならないという中で、ベネチアでの展覧会以降、作品に携わりながら旅してきたことも含めて震災以降の問題を考えるきっかけになる展覧会になれば、という思いで開催しました。

_MG_7174.JPG
「色は憶えている」岡部昌生, 2012 CAI02

展示はベネチア以降の作品が中心となっていますが、震災以降に制作した作品はありますか?

福島三陸海岸の600キロの中の6都市の作品が12点で、震災直後に制作した作品です。それから震災前ですが、土の記憶という縄文の土をつかった作品。そしてベネチアの時の作品に福島の黒い一枚のシートをかぶせることによって、今日的な福島以降というものをそこで表現しています。

作品についてお伺いします。土の作品とフロッタージュは根底にあるコンセプトは変わらないと思いますが、作り方は全然違いますね。作り手としては何か違いがありますか?

フロッタージュは時間、場所、物が介在しています。それを想起されるようなものに紙を当てて自分の身体で関わっていきます。土を使う時はその場所に自分の身体を投げ入れ、手で引っ張り上げます。触覚や、時間、場所性というのは非常に似ているのですが、取り出す行為が土の方がより具体的なのかもしれません。

_MG_7060.JPG
「色は憶えている」岡部昌生, 2012 CAI02

最近は土の作品が多いと思いますが、それは何か理由があるのですか?

広島で「土の記憶」という展示を行いました。土の層が1センチになるために100年かかるという、ひとつの時間の長さがあり、その層が色彩をつくりだします。それが今回の港さんとの「色は憶えている」という展覧会のタイトルと結びつきました。
今までは人間中心の物の考え方があったと思います。今回の港さんが展示された写真の中では放射能汚染された福島で咲き誇る花を捉えていますが、テーマに対する自分自身の態度について考えさせられました。

港さんはベネチアビエンナーレ日本館のコミッショナーとして岡部さんを起用されたのがきっかけで、その後も幾度となく共同で作品発表を行っていますね。

コミッショナーとアーティストは一度きりの関係がほとんどのようですが、港さんとは不思議と回を重ねています。ローマ、東京、ベネチア、タスマニア、広島、ベイルート、杭州、そして今回の札幌もそうです。ものを見る態度が似ている反面、僕にない部分は港さんにあって港さんにない部分は僕が補完したりといった、ユニットとしてテーマを膨らませたり深めたりすることを今までやってきたような気がします。

作品を制作する場所はどのように決めているのでしょう?

呼ばれて行く場合もあるし求めて行く場合もあります。先日行ったベイルートは、「アラブの春」という問題があり、福島以後のイメージと重なりました。中国の杭州で国交回復40年という節目の年に展示ができたことも、必然性と巡り合わせがあったからだと思います。

今も継続中のプロジェクトはありますか?

広島や根室、夕張、福島や東京の同潤会代官山アパートなど、日本の近代あるいは世界の近代に通ずるような場所があります。ほかにも沖縄や韓国の済州島、ヨーロッパなどにも行きたいと考えています。

CAI02開廊5周年記念展「色は憶えている」港千尋×岡部昌生
会期:2012年5月19日~6月14日
時間:13:00~23:00(日曜祝日休廊)
会場:CAI02
住所:札幌市中央区大通西5丁目昭和ビルB2
TEL:011-802-6438
主催:CAI現代芸術研究所
http://www.cai-net.jp

Text: Kenta Torimoto

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE