石倉美萌菜

PEOPLEText: Satsuki Miyanishi

アートに対する様々な思いや葛藤の中、素直な感情を作品に表現しつづける美術家・石倉美萌菜。主に札幌で活動、そして上海のアーティストレジデンス参加を機に活動の幅を広げている彼女の個展がCAI02にて開催される。

石倉美萌菜

力強いタッチで描かれたインパクトのある作品「最強のアピールコスチュームを着て愛の告白をする”わたし”「す」「き」」についてお聞かせ下さい。

この作品は短大の卒業制作で作った作品で、シリーズの2作目です。
最初の動機は、絵がうまくなりたいけれどモデルを雇うお金がないので自分をモデルにして描こうと思ったことでした。19歳の悶々した盛りなのに恋愛において全くネガティブで何の行動もできない私は、その鬱憤を作品にしました。
作品にはもう一つ動機があります。タイトルに「わたし」と入れたのはタイトルを鑑賞者が読むことで、おっぱいにハートだけという到底普段はしない恥ずかしい姿で告白している画中の「わたし」になってしまえ、という「リア充爆発しろ」的精神も盛り込まれています。

jiitsuyoukaiga.png
「実用絵画シリーズ フック付き台所用絵画(サンプル)」2009 410×318 油彩、キャンバス、フック

2009年制作の「実用絵画シリーズ」についても教えて下さい。

この作品シリーズは制作の動機が強いものではありません。
きっと作品制作している人なら一度は感じるであろう「私の作品なんて粗大ゴミだ、畜生!」という気持ちに、「アートってすごい!私の作品ってすごい!今に見ていろ!」という気持ちが勝つことができなくて制作した作品です。作品を作る立場なのにアートのことを信じられていないので、作る事を少しためらったのですが、その時にちょうど「くだらない展覧会02」という展示にお呼ばれしたので「こりゃいいや!」と制作、展示に至りました。

positiveman.jpg
「ポジティブ君」 油彩 361cm×202cm

作品を制作する際に、最も大切にしていることは何ですか?

自分を過大評価しないこと。良い作品をつくれたら正当に良い作品だと評価するのはいいですが、例えば作品がまだアイディア段階の時や、作り始めの時は「私が思いついたことは誰でも思いついている」と考え、自分の事を万が一にも「人より優れている」と思うことが無いようにと思っています。
聞こえは悪いですが「身の丈にあった」といいますか、決して「自分からはみ出さない」ようにしています。冒険しないという意味ではないのですが… 言葉にするのが難しいです。
なんというかはみ出し方が躍進する方向ならいいのですが、思い違いにならないように見極めています。

自分自身を描く作品も多いようですが、作品の着想はどこから得ているのですか?

作品を作る人は自分と対話すると思うのですが、その対話をそのまま作品にするので自画像が多いのだと思います。興味の対象が自分の感情や状況なので、どうしてもこうなってしまいます。興味の対象が別にある時も、その興味の対象と向き合っている自分に興味がわいてしまうので困り物です。「次はどんな自画像をかこうかな」と意識しているのではなく、浮かんでくるアイディアが自画像の事が多いのです。
しかし最近、自画像のアイディアは浮かばなくなってきました。それでも、やはり興味の対象が自分の内面という事が多いです。自分の事ばっかりで嫌になりますがやめられません。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
ボール・ピヤラック
MoMA STORE