NIKE 公式オンラインストア

新納英仁展

HAPPENING

SHIFT 2月(111号)のカバー・インタビューに連動し、同月札幌「SOSO」では1ヶ月間に渡る「HIDEHITO SHINNOU EXHIBITION」が展開された。前月のカラフルでビビッドな「HUMANS BY MIKE MILLS」展からまた一転、この度はシンプルで開けたレイアウトのSOSOに、パステルピンクやライトブルーのポップで楽しい仲間達が登場する。


愛知県出身の若きグラフィックアーティスト新納英仁。地元名古屋の学校でデザインを学び、現在は働きながらイラストの活動をしている彼は、2006年度「SHIFTカレンダーコンペティション」で入選を果たした。あなたがもし「SHIFT2006カレンダー」を活用しているとしたら、ちょうど2月を飾っていたグラフィックは彼の作品だ。「SHIFT2006カレンダーエキシビション」を含めると、新納英仁の作品がSOSOを飾るのは2度目のこと。個展としてはこれが札幌初の開催となる。

2月11日の土曜日、街では「さっぽろ雪まつり」がクライマックスを迎える頃、本人を迎えてのライブパフォーマンスイベントが行われた。オリジナルのキュートな大判ポスターやTシャツがSOSOに現れ、それら作品のキャラクターが登場するSHIFTカバーのアニメーションが愉快に流れることすでに10日余り。この後中央の大きな白い壁でどのようなパフォーマンスが行われるのかは誰も予想できず、前月号のインタビューでも『その時描いたものにリアクションをとりながら』と、即興性が仄めかされている。キャラクターペインティング?オリジナルモチーフを使ったコラージュ?みんなのワクワクを背負ってスタートした。

新納氏がまっ白な壁の前で取り出したのは、黒一色の油性ペンだった。客が注目する中しばらく壁と向き合っていたかと思うと、突然中央にモクモクと線が浮かび上がる。『線に強い意識を持つようになった』という彼のスタイルが、細い線、太い線、曲線、直線、ドット、それぞれの微妙なニュアンスを介して手描きの黒一色で展開されていった。

早いっ。まず何よりもみんなが驚いたのはそこではないだろうか。油性ペンでこのおよそ縦2.5m×横4mのスペースを埋め尽くすまでには、相当な時間がかかるに違いないと思っていたが、結論からいうとそれはなんと2時間で達成されてしまった。中央からスタートしたドローイングは、連鎖反応のように次々と様々なモチーフを加え、さくさくぐんぐんと仕上げられていった。

エスカレーター、スニーカー、眼鏡、SOSOのロゴやコーヒーカップまで登場したりと、身近なオブジェクトが生まれたかと思えば、判別はできないがなんだか愉快な形や線に想像を掻き立てられる。それらはまたバラバラなようで繋がっていて、計算されているようで感覚であった。

楽しいっ。早い故に飽きない、だから見ていて楽しいのだ。集まったみんなは、DJが織り成すサウンドコラボレーションに揺れ、新納氏のペン先にキュッと集中し続けた。アニメ−ションを見ている子供のように時々笑いながら。新納氏自身が楽しんで描いていることが、その場の緩やかな空気に伝わっていた。あっという間に時間が流れていく。

そしてかわいいっ。終了真際、新納氏オリジナルポスター「a Girl」の女の子が突然、現実世界に飛び出してきた。飛び入りで登場したメイクアップアーティスト横山美和「TGMU」陣による、新納氏にとってもサプライズの素敵企画。新納氏のグラフィックキャラクターの特徴をよく捉えてスタイリングされたモデルさんが会場に紛れこんだ。

札幌在住のイラストレーター新矢千里、デザイナーコタケヒロシも同じく髭をつけてニッコリ。新納氏のドローイングに『楽しそう!参加したい!』という新矢千里。世界中で勢力的に活躍する彼女のポップで暖かなキャラクターデザインの世界がさらに楽し気にここに加わったら、、と、未来のコラボレーションを思い描くだけでもドキドキする。

「finish !」という吹き出しを最後に、休みなく動き続けていた新納英仁の手はそこで止まり、客席から暖かい拍手が湧いた。まだまだ時間が許すならば、この後も果てしなく彼の頭の中が壁に現れ続けていただろうという勢いだったが、すでに真っ白の壁は陽気な黒で埋め尽くされている。

聞けば、描かれたモチーフの数々は、ほとんどがその日に新納氏が見たもの、感じたこと、触れた話題などがそのまま現れたものだった。札幌の街並に感じたことから、お昼に寄ったラーメンやさんでの出来事までが、話を聞く程に具体的に記されていることがわかり、まるで日記のよう。こんなに快活な日記を描くことができたら、嫌なことがあった日々もハッピーに昇華できるだろう。

ドローイング後も油性ペンを持ったまま、手帳にTシャツにとみんなの要求に応えてデザインを施す新納氏。会場にいたみんなは、2つとないオリジナルデザインを大事に持ち帰る。

『楽しいか否か』という新納英仁のデザインに対するこだわりが、ここに見えた。感じるままにのびのびと、自由なスタイルから生まれるポップな線、形。そして本人のまだまだこれから出会い、取り入れ、挑戦しようという、それでいて良い感じに力の抜けた姿勢。これからのますますの活躍と、可能性を秘めた新納ワールドに目が離せない。

※新納ポスター、Tシャツは「SHIFT FACTORY」で購入できます。

HIDEHITO SHINNOU EXHIBITION
会期:2006年2月1日(水)〜28日(火)
開場:11:00〜21:00
会場:SOSO
住所:札幌市中央区南1西13三誠ビル1F
TEL:011-280-2240
協賛:BEAMS T, PRINT’EM, Pioneer

Text: Yurie Hatano
Photos: Sharima

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
葛西由香
MoMA STORE