NIKE 公式オンラインストア

高木真希人

PEOPLEText: Memi Mizukami

SHIFT2012カレンダーに採用された、ストロボ撮影された“キャラクターのスナップ写真の描写”というメタビジュアルとも言うべきイラストを描く高木真希人の作品は、その風景や色味に素朴さを感じると同時に強烈な印象を残す。人を記号として認識するとすればこのような表現になるのだろうかと、おもわず「私のキャラクターを描いて欲しい!」と思わせる魅力を持ち合わせている。アーティスト集団「オル太」としても活動している彼に、少しのインタビューをお願いした。

高木真希人 Makito Takagi
2010年 個展「Ascension Please!!」展 会場:ギャルリー東京ユマニテlab Photo:Takeshi Sumi

まずはじめに自己紹介お願いします。

高木真希人。1986年生まれ、静岡県出身のアーティスト、イラストレーターです。学生時代から、キャラクターを捉えたスナップ写真を描いた絵画を発表しています。アーティスト集団「オル太」に在籍しながら、個人でも絵画、イラストを発表しています。

snap_22.jpg
Snap series-22, Acrylic on canvas, 515×728mm, 2010 © Makito Takagi

独特な世界観のイラストですが、イラストはコンセプトが一つ一つありますか?

場面設定があるのみで、それに深い意味を持たせるようなことはしません。ですが、背景や、キャラクターの模様、服装に暗号的にその時の気分を表すメッセージを入れることがあります。

drawing037.jpg
© Makito Takagi

一日にどれくらいのイラストを描くのでしょうか?

多くてノート10ページ、最低でも1ページ分ぐらいのドローイングをしています。電車の中や、暇な時など時間を見つけて手を動かします。ペンとノートを鞄に入れていないと落ち着かなくなります。

Read more ...

[Help wanted] Inviting volunteer staff / pro bono for contribution and translation. Please e-mail to us.
MoMA STORE