NIKE 公式オンラインストア

ソナーサウンド・トウキョウ 04

HAPPENING

毎年スペインのバルセロナで行われるマルチメディア・フェスティバル「ソナー」。ソナーサウンド・トウキョウは、2000年から毎年日本でも「ソナー」の衛星イベントとして開催されてきた。そして、今年は規模も大きくなり音楽だけでなく映像も充実させて、10月9、10日の両日、恵比寿ガーデンプレイスで行われた。


9日の一日目は、史上稀に見る大型台風が関東地方に上陸したことで開催を心配したが、会場に着くとエントランス前は長蛇の列、当日券を求める人と会場へ入ろうとする客でごった返していた。このイベントに対する期待と興奮がエントランスを見ただけで分かる光景だった。

無事、混乱を抜けホールへ。そこでも人は一杯で、どこから見ようか迷った。なぜなら、観客が多いのもさることながら、今回のソナーサウンド・トウキョウは、ライブやDJが行われる会場がソナーサウンド・ホールとソナーサウンド・ラボと二つ、そして、ショートフィルムや世界中から集められたミュージック・クリップを上映するソナーサウンド・シネマと会場が複数あるからだ。

まず向かったのは、ホール。長方形の比較的大きな会場で、ステージの上ではカラフトがDJをしていた。ここはこのイベントの中でメインステージに位置付けられていて、ソナーのサウンド・コンセプト「アドヴァンスド・ミュージック=前進する音楽」(テクノ、ハウス、ヒップ・ホップ、エクスペリメンタルなどエレクトロニック・ミュージックを中心とした音楽)のもと取り上げられたアーチストが、クラブ・スタイルのDJ、ライブ、ヴィジュアルショーを行う場だ。
まだ時間は夜10時を過ぎたばかりだというのに、大きなホールの中は7割ほど埋まっていて、普通のオールナイトイベントではあまり見られない光景。


Photo by Akihiro Saga

プログラムの予定ではカラフトの次はレイ・ハラカミだった。是非観たいと思っていたので、始まるまでラボの方をチェックしておこうと思い、少々迷路のようになった通路を抜けホールからラボへ。ラボの会場はホールの3分の1程の広さで、ここもホールと同じコンセプトのもと、さらに先鋭的なアーチスト、一般的にいうと少々マニアックなアーチストをフォーカスして紹介する場になっている。

そのラボの前にテクノロジー・ショウケースと名付けられた、様々な楽器や音楽ソフトのメーカーのブースがある。ここでは、エレクトロニック・ミュージックには欠かせないテクノロジーの進化が直接体験できる、これもまたソナーならではの趣向だろう。その一角にあったハイレゾリューションのブースへお邪魔する。たまたまそこのデモンストレーターが友人だったこともあり、世界中の多くのアーチストが使用する「LIVE4」というソフトと「Allen&Heath」の最新ミキサーを触らせて頂く。かのテクノゴッド、リッチー・ホーティンも使用していることからこのミキサーには以前から興味があったのだが、本当に面白かった。ソフトウェアとハードのミキサーがリンクしていてコンピューター上のフィルターまでアサイン出来てコントロール可能なのだ。技術的には、USB-MIDIコントローラーがあるから珍しくは無さそうだけど、その外観のインパクトとこれでコントロールする楽しさたるやコントローラーの比ではない。機材やソフトウェアは日々進化しております。昨今、iPodでDJしてしまう人も出てきていることから、いずれiPodも操作できるようになったりしたら、楽しいことになりそうだ。

そろそろ、レイ・ハラカミの時間だったのでホールへ戻ると、会場から聴こえるのはジャジーで美しいエレクトロニカを演奏するレイ・ハラカミとはまったく違うノリのいいハウス・ミュージック。
もしやぼくの知らない間に音楽のスタイルを変更してしまったのか、もしくは時間を間違えてしまったのかと驚き、足早にホールへ入るとステージ上では日本人ではないDJが演奏していた、なかなか前に行くにも人が多く進めず、後ろの遠いところからでしか判別できなかったがアクフェンのDJだったようだ。

レイ・ハラカミの次はアクフェンだったからやはり見逃したんだと、意気消沈。しかし、いくら時計を見直しても時間は間違っていなかった。
気を取り直して、数年前から盛り上がりを見せるクリック・ハウスのシーンを牽引するカナダのアーチスト、アクフェンのDJを観る。カナダはミューテックという大きなマルチメディア・フェスティバルが行われていることからも、今注目されているシーンで多くの才能あるアーチストが生まれてきている。
アクフェンのDJ自体はなにか調子の狂ったものだった。後から分かることなのだが、レイ・ハラカミが台風の影響で大幅に遅れたことから当初予定されていた出演時刻より早まって演奏を行ったからかもしれない。いまいち乗り切れていなかったようだ。

そして、台風を乗り越えて、レイ・ハラカミが登場。ダム・タイプのシロー・タカタニのビジュアルとあいまって、会場全体を包み込むエレクトロニック・ミュージックは脱帽もの。特にシロー・タカタニのビジュアルは、一般的なVJなどで見られる発想とはまったく別次元のアプローチから作られているようなビジュアルで、音楽と完璧にシンクロしていく、静かだが非常に有機的なものだった。

レイ・ハラカミの演奏後ソナーサウンド・トウキョウのもう一つのテーマとしてフォーカスしているソナーサウンド・シネマの会場へ。
上映されていたのはジェフ・ミルズによる「The Three Ages」。バスター・キートンのサイレント・フィルムにジェフ・ミルズが音楽をのせるという試みだ。上映後おこなわれたディスカッションでは、どう映像と音楽とのマッチングのバランスを考えたかという質問に対して、楽曲の雰囲気や構成よりもボリュームの上げ下げで映像とのミキシングのバランスを調整したと答えていた。なんともミニマルな返答だが、色々試みた先に行き着いた答えだったようだ。
ジェフ・ミルズの作品もさることながら、メイン会場の喧騒を離れ、深夜の映画館で良質な映像と音楽を観賞する体験に、なんともリッチな気分が味わえた。


Photo by Akihiro Saga

イベントの休憩所となっているホールの前のバーコーナーも興奮した観客で埋まっていた。そのスペースにも今回出演予定のアーチストたちがちらほらあらわれる。そこで見付けたのは、スクエアプッシャーの弟でもある、シーフェックス・アシッド・クルー。缶ビール3本を重ねて手に持ち歩き回っていた。
話しかけると気軽に答えてくれて、アーチストがセキュリティーにバシバシ固められている状況では味わえないオープンな環境がこのイベントの醍醐味でもあるだろう。

以降も、チックス・オン・スピードやホワン・アトキンス、カール・クレイグなどが登場し会場のボルテージは上がる一方で一日目の夜は終わりを迎えた。

二日目は開演の時間帯も一日目とはうってかわって、夕方から12時まで。会場の雰囲気も昨日とは違う、どこかのんびりしたもの。さすがに、二日連続オールナイトでは少々堪える年齢に差し掛かっている人にはとても親切なイベントプログラム。ソナーサウンドで扱われる音楽を聴いている年齢層が比較的高いことも関係しての配慮だろうか。

ホールでもセットも前半はビートきつめのアーチストで後半はよりエレクトロニカなサウンドが志向されていた。前半はやはり、T・ラウルシミール。パンクロックとエレクトロニック・ミュージックの融合をこれほど突き抜けた形で表現できるアーチストも少ない。破壊的でポジティブなメッセージに溢れた演奏を展開。しかし、相変わらずホールの中で本人が一番のりのりだった。

最後に触れない訳にはいかないアーチスト、おおとりとして登場したのが、ヒューマン・オーディオ・スポンジ。過去、あまたの有名グループが再結成をして、懐古主義的なサウンドに終始するなか、世界のエレクトロニック・ミュージックに大きな影響を与えたYMOの細野晴臣、高橋幸宏、そして坂本龍一が柔軟に新しい音楽を追求しサウンドと同時に名前も変え再結成ならぬ、まったく新しい形としてソナーサウンド・トウキョウに出演した。
途中、コーネリアスの小山田圭吾などもゲストに向かえ、往年の名曲のエレクトロニカ・バージョンなども披露、会場には入りきれない人が溢れ入場規制が行われるほどだった。
ラボの方でもライブ中継で映像と音が流されそこにも会場に入りきれなかった観客が集まっていた。坂本龍一が鍵盤を引き、高橋幸宏がドラムを叩き、細野晴臣がベースを弾くという3人が揃い踏みした姿を観ていると、エジプトのピラミッドがハイテク装備を施され現代に蘇ったのを目撃してしまった気分になる。

全体を通して驚きだったのは、これだけの人がこのようなジャンルの音楽を聴いていて、理解を示していることだった。中には、よく聴き込まなければ分からない音楽も存在する、何でもありのこのジャンルだが会場が人で埋め尽くされる程の観客が同じ場に集まり、体験を共有できるのは少し前までは思いもよらない奇跡みたいなものだった
こうして、音楽とテクノロジーと人との出会いの二日間が終わった。

sonarsound tokyo 2004
会期:2004年10月9日(土)、10日(日)
会場:恵比寿 ザ・ガーデンホール 、ザ・ガーデンルーム 他
info@sonarsound.jp
www.sonarsound.jp

Text: Yasuharu Motomiya from Nordform
Photos: Yukari Morishita

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
カラードットインク
MoMA STORE