ソナー 2003

HAPPENING

6月12日(木) 午前11時。 シフトのスタッフが現れない。僕はこの日のこの時間に、日本からやってきたシフトのスタッフ3名とメイン会場であるバルセロナ現代美術館の前で待ち合わせをしたはずなのに、どこを探しても彼らの姿は見当たらない。迷子になってしまったのか、あるいはこのうだるような暑さに彼らは溶けてしまったのか。実際その日は、熱湯の中にいるような暑さで、ノースリーブのシャツを着ているだけでもとにかく暑い。靴を履くこと自体、自殺行為ではないかと思うほどなのだ。プレスパスを手に入れた僕は、プロモーション作品やさまざまな情報、それにあまり役に立ちそうもないがらくたでいっぱいになった鞄をひきさげ、いざソナー会場へ。


今年で開催10周年を迎えたソナー。この10年という間にこの祭典は、世界で最も最先端のエレクトロニック音楽を提供する祭典のひとつとしてその地位を確固たるものとした。バルセロナ市内にランブラス通りという目抜き通りがあるのだが、そこにちょっと目をやっただけでも、どこにでもいるような金髪で、日焼けをし、白い靴下の上にサンダルを履いているような白人女性観光客の姿は、地元スペイン人より多くなった。海外でのソナーの評判は驚くべき早さで広がり、今回の開催では、過去最高の観客動員数を数えたほど。ロンドンからの観光客が多いのは、今回始めて、ソナーの前夜祭をロンドンで開催したためかもしれない。

プログラムにざっと目を通してみて、僕はある点に気付いた。それは、僕自身も着実に歳をとり、徐々に流行から遠のいている。そして、今年登場するアーティストのほとんどを、僕が知らなかったということだ。もちろん、知っている名前もいくつかある。しかし昔ほど分かるのが少ないのだ。観客を多く獲得するためにプログラムにはビッグネームがいくつか並らび、まるで見なれたメニューのように「あ、これも、これも」といった感じに観客がついてくるのが普通である。しかし今年は、誰かが「これがいいよ」と言ったら、その言葉を信じるしかないようだ。

SonarDome

日中のソナーはゆったりとした雰囲気で進行。興味深いライブもたくさん行われていたようだが、その中から僕は、ソナー・シネマで開催されたスパイク・ジョーンズのビデオ回顧展と、ヒューマン・ビート・ボックスの歴史を紹介した、ジョーイ・ガーフィールドの素晴らしいドキュメンタリー作品「ブレース・コントロール」を見てみることにした。このドキュメンタリー作品は、ほとんど知られていないヒップホップの特徴を知ることができる貴重な作品。80年代から今日までのヒップホップの現状を伝える、見応えのある作品だった。その後僕は、徐々に盛り上がりを増すソナー・ビレッジに戻る。音楽が頂点に達すると、一瞬で今度はジャジーな雰囲気へ。10周年を迎えたソナーでは、エレクトロミュージックにおけるジャズの影響を、大いに歓迎しているのが伝わって来た。それを証言するようなパフォーマンスを行ったのは、ブッゲ・ヴェッセルトフトとオン/オフ。彼らは、シームレスなジャズとスローなビートを会場に届けてくれ、僕らの気持ちを高めてくれただけではなく、フェスティバルの更なる盛り上がりにも一役買ってくれた。

© Advanced Music – Bugge Wesseltoft

これは僕個人の意見だが、初日の夜が開催期間中で一番素晴らしい夜のような気がする。それは、主催者側にとって初日の夜のイベントのチケットがいつも一番さばきにくいからだ。だからこそ彼らは、多くの人を引き寄せることができるようなエレクトロニックミュージックをこの夜に持ってくる。しかし、今年のソナーはいつもと様子がちょっと違うようだった。それは、オウディトリ・デ・バルセロナをゲストとして呼ぶ代わりに、マシュー・ハーバート・ビッグ・バンドを起用し、斬新で他とは違う音楽要素を街に注ぎ込むことによって、フェスティバルのプログラムを再編成し多様化させるのを目標にしたからだ。ステージには、ハーバートを中心に20名のジャズ・ミュージシャンが登場。彼の最新アルバム「グッバイ・スイングタイム」を、サックス、トランペット、トロンボーンと共に披露。印象的なブラスバンドのパフォーマンスに、ダニー・シチリアーノ、ジェイミー・リデル、アート・リンゼイが彼らの美声を乗せた(また、今回のようなハーバートとリンゼイのコラボレーションは、昨年のソナーから始まった。)。何となくだが、ハーバートがずっと胸に秘めていた、ビッグバンドを引き連れて自分の好きな音楽をする、という夢がこの時実現したのではないかと僕は感じた。バンドが奏でる音に、ハーバートがランダムに彼の音を注ぎ込む。それはまるで、バンドからの音をノイズで邪魔しているようにも聴こえたし、徐々にではあるが、このジャズバンドに対して誰もミスを起こさないということを彼自身が確認するために、彼自身が厄介者を演じているようにも見えた。

© Advanced Music – Matthew Herbert’s Big Band

ハーバートのバンドは新聞をびりびり破くというパフォーマンスを行っていたのだが、その新聞がデイリー・メイルだとわかった時には本当に驚いた(と言うのも、世の中には間違った情報を流すメディアがいっぱいある中、デイリー・メイルだけはブレア首相が湾岸戦争を支持したのを激しく非難したからだ)。

そして最後には、観客にカメラで彼らを撮影するように命じ、フラッシュの嵐ショーが完成。スタンディング・オベーションの後にアンコールが続き、最終的には「実はこれは、今日2本目のショーなんだ。だから疲れちゃって…」と言い残して、ハーバートはステージを去って行った。

13日は、木曜日以上の盛り上がりをみせ、地元住民も多く会場に足を運んだようだ。この日僕は、会場でシフトスタッフと対面。その日の公演のチケットはすでに完売。そしてその日の夜の公演だけを見れるチケットも完売したのは、ビョークが出演するからだ。あるイギリス人が、チケットを探している姿を見かけたのだが、来年ソナーに行きたいと思っている人のためにも、こういった状況さけるためには、前もってチケットを購入しておくことを強くお勧めしたい。

© Advanced Music – Sodaplay

ソナーがフィーチャ−するのは音楽だけではない。マルチメディアのアートを紹介する展覧会「ソナー・マチカ」も合わせて行われるのだが、こういった試みも僕がソナーを好きな理由のひとつである。この10年を振り返る回顧展では、初期のガスブック5からジェフ・ミルズ、97年のソナーのためにトマトが行ったプロジェクトまで紹介。

Beyond Pages by Masaki Fujihata

また、ソーダプレイのソーダコンストラクターや、藤幡正樹が97年に行ったプロジェクト、ビヨンド・ページズなどを見ることができた。しかし、その中でも一番注目を集めたのは、96年にポール・サーモンが制作した、テレマティック・ドリーミングという作品ではないだろうか。ダブルベッドが用意されているのだが、それに横になると、ビデオで投影されている女の子といちゃいちゃできるというこの作品。ISDNやビデオ・カンファレンス・テクノロジーは好む冷たさが、この作品には不思議とない。なぜか人間味に溢れ、インターフェイスだということを飛び越えて、思わず彼女に電話番号を教えたくなってしまう。しかし彼女にはそれ以上発展する気はまったくないという悲しい現実。だがそんな彼の攻める人などいないのである。

この10年間でソナーが築き上げて来たイメージは、それだけでも十分に価値があり、僕が今まで見てきたなかでもこの回顧展ではコンピューターやCDデッキ、ビデオデッキなどを多く設置し、それを通じて観客は、過去10年間に紹介されたインタラクティブ・アートやビデオ、音楽などを楽しむことができた。唯一残念だったのが、僕がもっとも見たかった作品が紹介されていなかったことだ。時間は無駄にできない。僕は急いでその場を去り、ミス・キティンがパフォーマンスを行う会場に向かった。


© Advanced Music – Miss Kittin

予想した通り、会場は超満員でものすごい熱気。しかしそこに集まった誰もが、涼を求めてやってきたのではない。ダンスミュージックの使命はただひとつ。それは人を踊らせることだ。そしてマドモアゼルKこそ、それを見事に行ったパフォーマ−だ。しかしそれさえもまだまだ準備運動程度。


© Advanced Music – Fabio

次に登場したファビオは、イギリスのBBCラジオ1のセッションに制作したドラムとバスの楽曲を披露した。あまり聴き慣れないものだっただけではなく、イントロも何もない楽曲だったが、上質なバックビートが会場にうねりの波を作らせていた。誰もが彼のパフォーマンスを楽しんだようだったが、そのパフォーマンスが行われたのが午後だったのが唯一残念だった。それは彼が奏でるドラムやバスの音は、明らかに夜向きだったように思えるからだ。


Soundcluster

会場となっている美術館内の「ソナラマ」は、サウンド・インスタレーションを専門に紹介するスペースなのだが、ここでの展示も残念ながらあまり満足がいくようなものではなかった。スナスフィアは、普通なら外では聞こえないような音を拾い再生するというインスタレーション作品を制作したのだが、あたりの喧噪によってあまりにもとらえがたいものだった。また、ローランド・オルベターが制作したロボットは、元はラ・フーラ・デルス・バウス・ファウストというカタルニア・ダンスの団体のために作られたものなのだが、どういう訳かダンス中で流れる音楽の良さをかき消していたように思えた。また、ベン・レクトのオーディオ・パッドには、長蛇の列ができていたので、おそらく見る価値十分の作品なのではないのだろうか。フランシスコ・ロペツの作品「トゥー・ブラック・スピリッツ」も、長時間待たなければ体験できなかった作品だ。大きな長椅子があったり、スクリーンやかすかに聞こえるサウンドトラックが流れていたりしたので、ちょっと休憩するには悪くない場所だったが、何だかとっても虚無的な場所であったのは本当だ。

[NEXT]

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
フェルナンド・トロッカ
MoMA STORE