エイドリアン・ルナ

PEOPLEText: Mayumi Kaneko

今月のカバーデザインを制作してくれたのは、ロサンゼルス在住のクリエイター、エイドリアン・ルナ。ラテン語で「美しい」という意味を持つ彼のサイト「PURUS」では、その名のとおりシンプルで美しいフラッシュ作品を数多く発表している。若干22歳にしてE-NEXUSのシニアデザイナーとしても活躍する彼に、ウェブデザインを始めたきっかけや最近のウェブ事情などについていろいろとお話を伺いました。

まずはじめに自己紹介をお願いします。

エイドリアン・ルナ。E-NEXUS のシニアデザイナーであり、PURUS DESIGN のクリエイターです。

私生活では、隣人、友達、家族に優しく、僕の妻、アンバーともうすぐ生まれる子供を愛する普通の男です。彼らは僕を満たしてくれる存在です。今現在は、生活、友人関係、デザイン共に調子はいいです。足りないものがあるとすれば、睡眠時間です。

E-NEXUSMではクリエイティブアーティストとして仕事をしているとのことですが、そこではどのようなことを手掛けているのですか?

すごく面白いことをやっています。日夜、最新のハードウェアで可能となる最新のメディアを押し進めています。それが僕のインスピレーションのソースとなっています。彼らと一緒に仕事をするのは楽しく、毎日を価値のあるものにしてくれます。

ウェブデザインはどのようにして学んだのですか?

僕の師匠である、ゾラン・ベリックからいろいろなことを学びました。過去4年間、自分自身のセンスを見つけ、それを進化させるために、実験的なプロジェクトを経験してきました。彼のおかげで、デザインを見て、感じて、呼吸することができるようになりました。感謝しています。

PURUS DESIGNについて教えてください。どんなことをやっているのですか?

PURUSDESIGN.COMは、もともとは僕自身を世界中のニューメディアスタジオに紹介するために制作したサイトです。今では毎週、世界中から4〜6の仕事の依頼があります。最近はRAZORFISHからも依頼がありましたが、今はVIR21E-NEXUSでの仕事に満足しています。転職する必要があると感じた時はそうしますが、今は不満は何もありません。将来的には自分自身のオフィスを設立したいと思っています。

サイトでは、美しく印象的なフラッシュ作品を数多く制作していますが、ポリシー、アイディアと、作品を制作するうえで心掛けている点は何ですか?

僕のデザインは実験的で、影響力を持っていると思います。僕のデザインを見てくれる人達のために、個人的な現象を作り出す努力をしています。雨上がりの雲の隙間から差し込む光を反射する歩道に落ちているみずみずしいスミレの花びらから、グラスから滴るテーブルの上の水滴まで、僕が目にする世界を全てそのまま表現していきたいです。生活の中のほんの些細な出来事こそが、僕が本当にデザインしたいものなのです。デザイナーであるためには、デザインを生き、デザインを呼吸しなくてはなりません。マット・メジアが言うように、それが見る者の心に食い入るのです。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
デッドウッド
MoMA STORE