マリアンナ・ドブコウスカ

PEOPLEText: Noriko Yamakoshi

メディウム(媒介)としてのレジデンスプログラム

「アーティスト・イン・レジデンス」(Artist-in-Residence/通称 AIR)という言葉を聞いたことがあるだろうか。レジデンスプログラムとも呼ばれるこのシステムは、元来はある特定の専⾨職に就く者が⽇常から離れた環境で限定期間研究活動などを行うプログラムを指すものだが、1960年代以降、欧米で現代美術を含む芸術分野における⼀つの形として発展を始め、日本でも90年代、地方自治体を中心にその実験的な動きが活発となった。しかし国内での美術に特化したプログラムの継続は中々発展を遂げなかった。
そんな中、2002年5月、キュレーターを含むメンバーから成るAIT(アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト]/Arts Initiative Tokyo、以下「AIT」)が東京に誕⽣する。彼らは教育プログラムやレジデンシー、企画展などが有機的に関係し合う、それまでの⽇本の枠組みの中では存在し得なかったプラットフォームを創り出し、以来、現代美術に接したくてもどのように始めれば良いのか分からない⼈たちにも、それぞれの立場から自由に参加出来る場を提供し続けてきた。これまで70名以上ものアーティストやキュレーターを受け⼊れ、2011年には文化庁文化芸術の海外発信拠点形成事業として新たな二国間交換レジデンシープログラムを開始。第⼀回目はスコットランド、ニ回⽬はメキシコからのアーティストが来日、日本からは泉太郎や和田昌宏、森弘治を送り出している。2014年、第三回目の相手国としてポーランドに焦点が当てられ、キュレーターのAnna Ptak(アナ・プタック)や、Franciszek Orlowski(フランシスジェック・オルロフスキー)とJan Szewczyk(ヤン・シェブチック)という二名の現代美術家が日本に滞在した。そして2015年7月、AITは長年の提携機関であるバッカーズ・ファンデーションの助成により、再びポーランドから、Centre for Contemporary Art Ujazdowski Castle(ウジャドゥスキー城現代美術センター、以下「CCA」)レジデンスプログラムのキュレーター、Marianna Dobkowska(マリアンナ・ドブコウスカ)を迎えた。約1ヶ月間の滞在を終える間際の彼女に話を聞いた。

md2_portrait
Marianna Dobkowska

生い立ちについて聞かせて下さい。

自然に多く囲まれたポーランド・ワルシャワ南部で生まれ育ちました。ワルシャワ大学にて美術史を専攻し、クラクフのヤギェウォ⼤学でキュレーションを学びました。

いつ頃から美術に興味を持つようになったのですか?具体的なきっかけなどはありましたか?

父がアーティストだったことが大きく影響しているかもしれません。1980年代初頭はちょうどポーランドで戒厳令(マーシャルロー)が敷かれた時期で、当時のアーティストはそれらに対抗する為に地下組織などを形成していた時代でした。父のスタジオがアーティストや批評家が集まる建物の上階にあったこともあり、私の子供時代は常にアーティストやその周辺の人々に囲まれていたように思います。アートが特異なことでも複雑なものでもなく、非常に自然に自分の一部になっていったのはこのためかもしれません。成長の過程では獣医になりたいと思っていた時期などもありましたが(笑)、大学は哲学科と美術史の双方を受験することになります。何故か哲学科の成績が受験者の中で一番という結果になり、周囲は私に哲学の専攻を薦めましたが、結局美術史を選択しました。今思えば何故双方を専攻しなかったのかと少し後悔しています。もちろん、その頃にはアートに携わる仕事に就きたいと考えていましたが、アーティストになろうとは思いませんでした。日々、自分に課題を課し続けて真摯に創作活動に向き合っていた父を見ていたので、簡単にその領域に触れてはいけないようにも感じていたと思います。

大学で美術史を専攻され、その後キュレーションを学ばれていますが、それは自然の流れだったのでしょうか?

私が働いているワルシャワにある美術機関CCAは90年代、とても影響力を持った存在でした。最初に働き始めた機関がこのセンターだったことが、私に大きな影響を与えていると思います。

ポーランドのその他の美術機関と比べて、CCAは何が特殊だったのでしょうか?

ワルシャワにはThe National Museum in Warsaw(ワルシャワ国立美術館)や、Museum of Modern Art in Warsaw(ワルシャワ近代美術館)など従来の美術館が勿論ありますが、そこで行なわれるプログラムには類似した傾向がみられます。CCAはワルシャワで現代美術に特化した初めてのセンターとして1985年に設立されました。13世紀に建てられた古城建築を活用した大規模なアート・センターで、展示施設のほか、図書館やカフェ、劇場など多岐にわたる機能を持っています。もちろん所蔵コレクションもありますが、それだけが目的ではありません。一番のミッションは作品制作とプレゼンテーション、双方の現場であること。それがその他の美術機関とは異なるところだと思います。CCAは2年前に亡くなった初代ディレクターの哲学の元、ロンドンのInstitute of Contemporary Arts(インスティテュート・オブ・コンテンポラリーアーツ)をモデルに設立されているので、ポーランド国内作家の展示は勿論、シアターやダンスパフォーマンスから国際展、教育プログラムや出版に至るまで幅広い分野がその活動の範囲となっています。

Rooted Design for Routed Living
Rooted Design for Routed Living project, 2008-2010, Jakub Szczęsny, Photo by Nicolas Grospierre, Courtesy of CCA Ujazdowski Castle and the artist

そこでアーティスト・イン・レジデンスのプログラムキュレーターとして活動していらっしゃるのですね。これまでどのようなプロジェクトを企画、コーディネーションされてきたのでしょうか。

私が働くプログラム「A-I-R Laboratory」(A-I-R ラボラトリー)は2003年に設立され、年間30人余りのレジデントを迎えています。私は2004年から従事していますが、これまでの11年間に及ぶ実践と経験は、このレジデンスプログラムに深く根付いているように思います。ひとつのプロジェクトは二年間にも及ぶこともあり、これまで100⼈以上もの国内外アーティストやデザイナーらと関わってきました。

Rooted Design for Routed Living2Rooted Design for Routed Living3
Rooted Design for Routed Living project, 2008-2010, (from left to right) Trond Nicolas Perry, Oscar Magnus Narud, Photo by Nicolas Grospierre, Courtesy of CCA Ujazdowski Castle and the artists

例えばノルウェーとポーランドのデザイナーによる共同プロジェクト「Rooted Design for Routed Living」(ルーティド・デザイン・フォー・ルーティド・リビング)では、2008年から二年に渡りプロダクションとリサーチ作業を重ねながら互いの国のマテリアルカルチャー(物質文化)の考察を試みました。伝統に根ざしたデザインの世界にどのような新たな選択肢を示せるのか、プロジェクトは問題提議をしながら新たなオブジェクトを構築していくものでした。公園が隣接するワルシャワの都市中心部に位置するCCAのパートナーとなったのは、ノルウェー西海岸の村、デールに拠点をおく機関Nordisk kunstnarsenter Dalsåsen(NKD)です。地域性も文化も全く違う双方の国と施設において時間と空間を与えられた参加デザイナーは、レジデント生活を通してそれぞれの文化の本質を探りながら、具体的な戦略やテクニックを編み出していきました。2010年には、制作されたプロダクトのプレゼンテーションの場として展覧会を開催、本も出版されました。制作されたデザインは作家に属し、CCAは期間中に制作されたプロトタイプを保管しています。また、生み出されたデザインは家具メーカーにプレゼンされ、実際に採用されるという実績も残しています。

ma1_Tropolicalia
Tropolicalia, Christoph Draeger, 2007, Courtesy of CCA Ujazdowski Castle and the artist

もう一つ、とても記憶に残っているプロジェクトの一つが、スイス出身のアーティスト、Christoph Draeger(クリストフ・ドレガー)による「Hippie Film – Tropolicália」(ヒッピー・フィルム:トロポリカリア)です。作家は2007年の夏、三ヶ月に渡ってセンターに滞在しましたが、そこで注力したのが、自身の三部作映像作品の完結編でした。作品の中で作家は架空のヒッピームーブメント「Tropolicália」(トロポリカリア)を考え出します。これは1967年アメリカを中心に世界に流布した文化・社会ムーブメント「サマー・オブ・ラブ」の皮肉を込めたリメイクでもあり、また60年代後半、ブラジルで音楽を中心に現代美術や演劇、映画を含むカウンターカルチャームーブメントとして起きた「トロピカリア」も彷彿とさせるものです。プロジェクトではまた、滞在当時ワルシャワで行なわれていた軍のパレードに合わせてダウンタウンで平和デモを行ったり、大掛かりな⾳楽フェスの開催やサイケデリッククラブをオープンするなど、コミュニティを積極的に巻き込むものでもありました。これら全ての活動は記録され、DVDと本の制作や展覧会も開催しています。アイディアの段階から実際の制作、ポストプロダクションから試写会・展覧会まで、その全てがワルシャワで⾏われた、広範囲にわたるプロジェクトの一つです。

md6_The allies
The Allies, Jesse Aron Green, 2011, Photo by Michał Grochowiak, Courtesy of CCA Ujazdowski Castle and the artist
ジェシー・アーロン・グリーンによる滞在制作作品発表の場として、2011年7月~9月、CCAにて開催された展覧会。物語は1917年、第一次世界大戦下に起きたカンブレーの戦いに基づき、再演する形で描かれている。作品の重要な鍵となっているのが、当時の戦時下を生きた精神分析家のWilfred Bion(ウィルフレッド・ビオン)。集団力学理論家の第一⼈者でもある。グリーンはArtwrit(アートリット)のインタビューにおいて、暴力や戦争、精神分析学への洞察がこの作品制作の源となっているとし、同時にそれは一人の作家として、これまでの自身の創作活動と現代の理論史をどう関係させていくのかといった「関係性の美学」への考察にも端を発しているのかも知れないと語っている。

また近年のプロジェクトのひとつに、アメリカ⼈アーティスト、Jesse Aron Green(ジェシー・アーロン・グリーン)による「The Allies」(ジ・アライズ=連合国)があります。

2009年の終わりから2010年にかけて三ヶ月滞在した作家とのコラボレーションで生まれたこのプロジェクトは、予算も時間も本当に限られた中での作業だったにも関わらず、素晴らしい恊働で進める事ができた一例です。作品には多くの⼈が登場しますが、プロもアマチュアも混在する中でワークショップなども盛り込んで行われたキャスティング・オーディション作業は、あたかもある種のコミュニティを造り上げていくようなプロセスで、とても複雑で時間のかかるものでした。しかし同時に、ワルシャワの歴史的な劇場、The Grand theater(ワルシャワ大劇場)が会場を無料で貸し出してくれたり、素晴らしいシネマトグラファー(映画カメラマン)らが無料で撮影と機材を申し出てくれたりと、様々な⼈や団体が⽀援を提供してくれたプロジェクトでもありました。私はこれをある種の「ラブ・プロジェクト」だったと感じています。アーティストとスタッフ、協力してくれた関係者の間には「プロジェクトを前に進めるんだ」という絶え間ないポジティブなエネルギーが満ちていました。だからこそ素晴らしい結果を導けたのだと思います。

md7
The Allies, Jesse Aron Green, 2011, Photo by Michał Grochowiak, Courtesy of CCA Ujazdowski Castle and the artist

新たに作家を招聘する際に、事前におおまかな筋道を立てたり、レジデンスプログラムとして気をつけていることなどはありますか?

プロジェクトによって様々ですが、私が関わるプログラムでは出来る限り自由度を確保した環境条件でプロジェクトに集中してもらえるよう努めています。作品の制作を強要することはあまりありません。何よりも彼ららしいテイストやリズムを自然に出して欲しいと考えているからです。招聘される作家の多くは、事前に何らかの関係性や⽂脈がある事が多く、全く面識の無い作家が招かれるケースは稀です。スタジオ訪問や作家の他のプロジェクトを通して彼らの事を事前に知っているケースが殆どですから。またMondriaan Fonds(モンドリアン・フォンズ)など、提携している他の美術機関から推薦を得る場合も多いですね。とはいえ、予算が限られているプロジェクトが多いので、まずはその枠組みの中で何ができるのかを考えることがスタートポイントにはなることは確かです。ただそれは決して制限ではありません。必要であれば資金調達をしながらその先に進めていけば良いのですから。

md8
Bread and pizza baking oven project, Juliette Delventhal and Paweł Kruk, 2011, Photo by Michał Grochowiak,
Courtesy of CCA Ujazdowski Castle and the artists

レジデントの為に出来る限り自由度を確保しながら、実際の関わり合いの中でベストな方向性を見極め、そして引き出していくのですね。

そうです。私はレジデンシーはメディウムだと思っています。そのため、コミッションで作品を制作して貰うプロジェクトとは⼤きく違います。実際に施設に滞在する作家と接し、彼らの考えを理解して、やりたい事を見極めていくというプロセスの中で、様々なアイデアが浮かび上がってくるのです。もちろん、事前にアイデアの種を持っているアーティストやプロジェクトもありますが、我々は決して最初から詳細且つ明確な提案を求めることはしません。その良い例のひとつが、Juliette Delventhal(ジュリア・デルベンサル)のケースかもしれません。料理家である彼女は二度に渡ってCCAを訪れ、二つのプロジェクトを生み出しました。一つは公園の中に位置するようなCCAの立地と環境条件の体感を通して、サスティナブルなパーマカルチャー庭園を造り上げた「We Are Like Gardens」(ウィ・アー・ライク・ガーデンズ)。

md9
Bread and pizza baking oven project, Juliette Delventhal and Paweł Kruk, 2011, Photo by Michał Grochowiak,
Courtesy of CCA Ujazdowski Castle and the artists

もう一つは、現地のマーケットで採れる作物や農家と繋がっていくことでワルシャワという地域と関わりを持ち、郷土料理とは何かを考え、そこから我々を生かしてくれている地球への気づきへと導いていった素晴らしいプロジェクト「Bread and pizza baking oven project」(ブレッド&ピッツァ・ベイキング・オーブン・プロジェクト)です。またMartin Kaltwasser(マーティン・カルトヴァッサー)も面白い例だと思います。彼は公共スペースのデザインや社会問題などをテーマに活動しているアーティストですが、当初は⼀体どのようなプロジェクトに展開していくのか、正直見当もつきませんでした。そんな中、彼が最初に行ったのはCCAスタッフらへのインタビュー。「この場所に足りないものは何か」という問いへの答えを元に、彼はCCAのエントランススペースに様々な娯楽施設を造り上げるプロジェクト「The Eldorado Summer Resort」(エルドラド・サマー・リゾート)を実現していきます。プールやオープンエアシアターなど様々なレクリエーション施設が設置された空間(プラットフォーム)は、スタッフや来館者が実際に体感できる場を与えてくれました。使用された部材のほとんどは施設から出る展覧会廃棄物などが使用され、素晴らしい空間の活性化が実現したのです。

md10_platforms
Platforms, Folke Köbberling & Martin Kaltwasser, 2009, Photo by MG, Courtesy of CCA Ujazdowski Castle and the artists

「レジデンシーはメディウム」とはとても興味深い洞察だと思います。
Trans Artists
(トランス・アーティスツ)によると、世界には現在、1000以上ものレジデンスプログラムが存在すると⾔われています。何故レジデンスという仕組みは増え続けていると思われますか?また何故レジデンスは必要なのでしょうか?

人がある場所から別の場所に移動し、その過程で多様な思考の文脈を考え出すことは、土地を訪れる側にとっても、また迎える側にとっても多くの有益な財産を生み出していくからではないかと考えます。CCAに滞在する作家は皆、自身の視点を持って訪れますが、それが全く違う視座であるが故に彼らは我々が普段気づかない事柄に気づき、そして我々にもその気づきを与えてくれるのです。また作家にとっても、レジデンスの与えてくれる時間と空間は新たな事物を創り出す良い機会になります。そこにはいつもの日常から離れ、プロジェクトだけに集中できる環境があります。それが例え海外でなく、ローカルなレジデンスであっても同じような効果を果たしてくれるのだと思います。与えられたその貴重な時間は自分自身を内省し、自身の制作の習慣を見つめ直すメディウムとなります。今回、自分がレジデント側として滞在することで改めてそれを実感しました。

レジデンスプログラムはまた境界をも超えていくきっかけにもなるのでしょうか?

確かにそうかもしれません。アートの実践方法は様々です。レジデンシーというプラットフォームはそれを体験する全てのアーティストにとってのメディウムとなって、何らかの恩恵をもたらします。けれども、その見方やアプローチの仕方は様々で、それを通して生まれてくる形も多様です。そこに同じものは一つとして無いのではないかと思います。

md11_AIT
AITにて開催したトーク「A-I-Rと都市 / 関係の実験室」に登壇するマリアンナ・ドブコウスカ氏

あとがき

約一ヶ月という短い期間で、精力的に美術館や美術機関を訪れ、アーティストやキュレーターと積極的に会い、京都や九州の美術機関や芸術祭の関係者とも交流したというドブコウスカ氏。Chim↑Pom(チン↑ポム)の卯城⻯太氏やミヤギフトシ氏、hyslom(ヒスロム/加藤至氏、星野文紀氏、吉田祐氏)など、⾯談したアーティストらとはそれぞれじっくりと、時間をかけて作品のコンセプトや彼らの思考を聞く時間を持ったという。特にhyslomのイベント「hyslomツアー2015」に参加し、アーティストのプレゼンテーションを見たことは強く印象に残った様子。AITのキュレーター、堀内奈穂⼦氏はその体験をこう分析する。「実際にhyslomのパフォーマンス映像を見たりトークを聞くことができ、建築現場や資材に介⼊しながら行われるパフォーマンスを通して、彼らが眺める近年の都市計画や景観の移り変わりについて学べたことが、強く印象に残ったようです。これは、彼女自身がポーランドで行なっている、社会主義リアリズム(※1)建築の内観が残るかつての帽子屋『ポルトス』の空間を使い、建築家やアーティストと共に空間を再活性化させる実践とも共通する部分があったのかもしれません。」

※1 社会主義国で公式とされた芸術様式。ソヴィエト連邦において「⾰命的発展」に寄与する唯⼀の芸術様式として1934年に公式化され、他の社会主義国ならびに非社会主義国内の⼀部にも影響を与えた。

md12_xyz
XYZ collectiveで行われた「Japanese Nightingale Doesn’t Sing At Night」展にてミヤギフトシ氏に話を聞くドブコウスカ氏

md13_chimpom
アーティスト・ラン・ギャラリー、Garterで行われた園子温氏の個展「ひそひそ星」にて卯城竜太氏(Chim↑Pom)に話を聞くドブコウスカ氏

堀内氏はまた、AITが10年以上に渡ってレジデンスプログラム続けてきたからこそ見えてきた新たなキーワードについてこう語る。「一つは再招聘です。過去に滞在した多くのアーティストやキュレーターが、日本に再滞在し、展覧会やプロジェクトの企画や参加を行っています。そうしたことが近年とても多くなっています。2012年にはバッカーズ・ファンデーションで過去に招聘した10名のアーティストを再招聘して、原美術館で展覧会を実施しました。これは彼らが初めて東京に滞在した際に生まれた表現と、そうした経験を元に発展していった作品を検証しながら、思考や表現の変化を眺めることを可能にした機会でした。一度限りの関係性ではなく、情報と意見交換・学びの場を通して、長い関係性を築くことが重要です。二つ目は、招聘する専門分野の多様化です。近年はアーティストやキュレーターのみではなく、ライターを招聘するなど、専門分野を広げることで新たな関係性が生まれています。イギリスを拠点とする美術雑誌「frieze」(フリーズ)の編集者クリスティー・ラングを招聘した際は、帰国後に彼女が「frieze」に書いた日本の現代美術の記事が掲載されるという成果があったのみでなく、日本を拠点にするライターが「frieze」に寄稿するなど、展覧会やプロジェクトとはまた異なる新たな形での情報発信が行われました。今後は、建築家、デザイナーなども招聘候補にすることで、日本のアーティストやオーディエンスが様々な表現の思考・実践を知る場を創造したいと考えています。」

インタビューでドブコウスカ氏も語っているように、レジデンスプログラムによって導き出される形は様々だ。まず自分自身と心置きなく親密になれる時間と空間を持ち、そうした内省と行動のプロセスを経て、その後何年もかけて、それぞれの考え方やアプローチを醸造し熟成を促していくのが、レジデンスプログラムの持つ力なのかもしれない。レジデンシーというプラットフォームは、これからも更に進化を遂げていくだろう。そのメディウムを体験した後に慣れ親しんだ場所に戻り、あるいは新天地で、おのおのが実践を重ねる先に生まれるプロジェクトや作品に、これからも多いに期待したい。

Text: Noriko Yamakoshi

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
ステファン・マークス
MoMA STORE