シャナ・モールトン「ピクチャー・パズル・パターン・ドア」

HAPPENINGText: Fuyumi Saito

ニューヨークをベースに活躍する女性アーティスト、シャナ・モールトンのインスタレーション展「ピクチャー・パズル・パターン・ドア」が、サンフランシスコのコンテンポラリー・アートセンターで特集された。シャナの作品は、消費文化がもたらす物質的豊かさと、精神的豊かさ、真に自由で人間的な生き方の関係を探る。

Shana Moulton02
Shana Moulton “MindPlace ThoughtStream” (video still), 2014, Courtesy the artist and Gimpel Fils, London; Galerie Gregor Staiger, Zurich; and Galerie Crèvecoeur, Paris

彼女のビデオ作品では、シャナはいつも「シンシア」という女性を演じる。シンシアは終始無言で、非常に人工的な環境の中で生活をしている。そしていつも、精神的な啓発や物理的に得られる心地良さ、「商品」を使用することで得られる癒しを追求している。今回の展示では、シンシアのユーモラスで遊び心に溢れた、そして、キッチュで、神秘的で、ポップで、スピリチュアルな要素が衝突しあう世界が、映像、音、体験型インスタレーションといったマルチメディアを用いて表現された。

展示会場であるアートセンターの2階ロビーには、脳波や血圧などを手掛かりに自分の体調を制御するバイオフィードバック・マシンが置かれていた。痛みを緩和する為の実験装置だ。人体の内的および肉体的な反応をモニタリングすることで、心をトレーニングし、人体をコントロールできるという仮説のもと作られたものだ。人々は実際にこのシステムが搭載されたソファに座り、手に装置をつけて自身の体の様子を知ることができる。

ソファに座ると、正面のビデオ画面には、シンシアが「マインドプレイス・ソートストリーム・バイオフィードバック・システム」にプラグインする様子が映し出される。バスタブにつかっているシンシアの体の機能が計測され、音と光で状態を知らせる。徐々に瞑想の世界へと入って行くのだろうか、彼女の頭の中の様子をビジュアル化したような、脳内の迷路をさまよう映像がバスルームのタイルに映し出される。ようこそ、シンシアの世界へ。ここが不思議の世界への入り口なのだ。ビデオを観ながら、ソファに座り半信半疑でシステムを試してみる。最初は心拍数も早く、オレンジ色の電気が点滅する。するとソファの背後から水蒸気のような湯気が立ち始める。意識的に自分をリラックスさせようと呼吸を和らげてみる。電気は徐々に緑色へと変化していく。心で体をコントロールする体験だ。

Shana Moulton04
Shana Moulton “MindPlace ThoughtStream” (video still), 2014, Courtesy the artist and Gimpel Fils, London; Galerie Gregor Staiger, Zurich; and Galerie Crèvecoeur, Paris

人工頭脳学からデカルトの心身二元論(心と体は別物であるとする)まで、長年人間が考えてきた文化的、哲学的仮説が、この小さな器機には詰め込まれているという。シャナの作品において、物は役者であり、ある意味二重性を持っている。物そのものと、その存在を通して人間に作用する役割だ。それは心と体の関係に見ることができる二重性でもある。

ギャラリースペースでは、2014年制作のビデオ作品「マインドプレイス・ソートストリーム」が発表された。シンシアは温熱パッドや、バイオフィードバック・マシン(脳波や血圧などを手がかりに自分の体調を制御する、聴覚や視覚への刺激により心地良さを発生させる)、 ASMR(聴覚や視覚を刺激し心地良い反応・感覚を引き出す)、アクティバのヨーグルト(ダノン社の腸を活性化する商品)を駆使して過敏性腸症候群と戦う。ストーリーはシューレアリズムのフィルムが描く夢の中の世界のように、断片的で説明的なものではない。登場するモチーフは異様に印象的で白昼夢のようだ。

Shana Moulton03
Shana Moulton “MindPlace ThoughtStream” (video still), 2014, Courtesy the artist and Gimpel Fils, London; Galerie Gregor Staiger, Zurich; and Galerie Crèvecoeur, Paris

部屋の中で魔法のグローブを使用しているシンシア。グローブをつけた手で物に触れると、それらは三次元の世界へと繋がっているかのように歪み始める。そのうちに腹痛を感じるシンシアはインターネット通販でバイオフィードバックのマシンを購入。魔法のグローブを使えば商品はすぐに取り寄せることができる。マシンは彼女を瞑想の世界へと導く。ふと気がつくとそこは野原。目の前には一軒の木の家。シンシアは何かに魅かれるようにその中へ入って行き、腰をくねらせダンスを踊る。そしてヨーグルトを見つけて食べるのだ。シーンはいつの間にかアクティバヨーグルトのCMの世界に変わり、シンシアが踊っていたダンスはこのCMで女優が踊る(腸内の)清廉さ透明感を表現するものだったとわかる。そしてシンシアはどこかの海岸にたどり着く。まるでセイレーンのようなささやき声がエコーし、シンシアをもう一つの迷宮へと導く。ダリの絵の中にいる気分だ。そして、幻覚を見ているかのごとく突如現れる迷路模様の扉を開けて、右脳が行う黙想による幸福感溢れる世界に入り込み、やっと肉体的な痛みから解放される。ストーリーは人々が共通して抱く意識(例えば、苦しい時にはいかなる手段をも試してみたくなる)や内なる平和(例えば、物事が解決された時の平静)について物語っているようだ。

Shana Moulton01
Shana Moulton “MindPlace ThoughtStream” (video still), 2014, Courtesy the artist and Gimpel Fils, London; Galerie Gregor Staiger, Zurich; and Galerie Crèvecoeur, Paris

作品の途中、シンガーk.d.ラングのヒット曲「コンスタント・クレイヴィング」が通常再生と巻き戻し再生で流れ、「絶え間ない欲求がいつも…」という内容の歌詞がコーラスで繰り返される。シャナの他の作品にも共通するように、無言で好奇心旺盛なシンシアは、癒しとハピネスを求め奮闘しているが、いつも寸でのところで満足感を逃してしまう。絶え間ない欲求という歌詞は、心身共に満たされない何かを求め続けるシンシアを表現しているのだろう。

心と身体をトリートメントするシンシアの終わらない試みはやがて、現代の生活のなかにある流行り廃りや不安というものを明らかにしていく。インターネットが当たり前のスマートな現代において、我々を取り囲む物や生活する空間は活動的で、感度が良く、シンシアの世界も同様だ。しかし本当のところは不明瞭で神秘的で空想的なものが多くはないだろうか。我々の住む日常世界を再構築してみたら…。シャナの作り上げた幻覚世界は我々に何かを気づかせようとしているようだ。

Shana Moulton: Picture Puzzle Pattern Door
会期:2015年4月16日(木)~8月2日(日)
時間:12:00〜20:00(水曜、日曜は18:00まで)
   ※月曜、祝日は休廊/毎月第1火曜は20:00まで
会場:Yerba Buena center For The Arts
住所:701 Mission Street, San Francisco, CA 94103
TEL:415-978-2700
料金:10ドル
http://www.ybca.org

Text: Fuyumi Saito

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE