JKD COLLECTIVE

PEOPLEText: Aya Shomura

2015年7月に設立3周年を迎え、先日その大規模なパーティーイベント「マルチバース」を東京で開催したばかりのクリエイティブ・スタジオ「JKD Collective」(ジェイケィディ・コレクティブ)。彼らは、従来の「広告」表現を飛び越え、次々と新しい作品を生み出してきた国内トップレベルのオーディオ+ビジュアル混成のクリエイター集団である。ここ数年、日本でも独立系クリエイティブ・スタジオが大手ブランドとの仕事に関わることができる環境が整ってきたとはいえ、映像だけではなく音楽制作までをも取り込んだスタジオは、世界的に見てもそう多くはない。所属クリエイターや関連スタッフのほぼ全員が英語での仕事を行なうことのできるJKD Collectiveの、第2ステージにおける重要なテーマの一つが「海外案件のプロジェクトの数を増やすことだ」と語るのは、代表のBruce Ikeda(ブルース・イケダ)氏。彼に、これまでの代表作と、デジタル・クリエイティブの今と未来について話を聞いた。

Bruce_JKD
Bruce Ikeda, President and producer of JKD Collective

まず初めに自己紹介をお願いします。

JKD Collective(以下「JKD」)のブルース・イケダと言います。「新しい時代の映像コンテンツと音楽制作」に特化したクリエイティブ・スタジオの代表兼プロデューサーを務めています。国内トップレベルのオーディオ+ビジュアル混成のクリエイター集団と、様々なクライアント、エージェンシーを結びつけ、クリエイティブの新たな流れを生み出すべく、刺激的なコラボレーションを、日々手がけています。

jkd_multiverse01
JKD Collective 3rd Anniversary Party “MULTIVERSE”, THE ROOM DAIKANYAMA, Tokyo, 2015

この7月で、JKD立ち上げから3周年とのことですが、設立経緯についてお聞かせ頂けますか?

元々は、ナイキのクリエイティブで知られるワイデン・アンド・ケネディに12年ほど在籍し、2003年以降は、社内ベンチャーとして立ち上げられたW+K東京ラボというオーディオ+ビジュアルのコンテンツレーベルのプロデューサーを担当していました。レーベル立ち上げから7〜8年が経った2011年頃、ひと通りの役目を終えたような節目を感じたこと、劇的に変化する時代の流れ、多様化するデジタルメディアやクライアントのニーズに応えるには、より広いフィールドで、細やかに動かなくてはならないとの判断から独立を決めました。


JKD Collective 3rd Anniversary Party “MULTIVERSE”, THE ROOM DAIKANYAMA, Tokyo, 2015

JKDは、基本的にはW+K東京ラボのスピンオフだと捉えています。2003年~2011年のレーベル活動期に培ったネットワークをもとに、クリエイター達それぞれの表現力とスキルを、新たな表現に対してチャレンジ精神を持った企業やブランド、エージェンシーとのコラボレーションに落とし込んでいます。

jkd_multiverse02
JKD Collective 3rd Anniversary Party “MULTIVERSE”, THE ROOM DAIKANYAMA, Tokyo, 2015

2012年の設立当初と今とでは、デジタルコンテンツ、音楽や映像を取り巻く環境は特に大きく変化していると思います。どのように感じていらっしゃいますか?

劇的な環境変化がずっと続くこのパラダイムシフト感は本当にすごいですよね。色々な見方があるかと思いますが、一つはっきりしているのは、我々を取り巻く情報の量が、さらに増加し続けていること。情報で溢れそうになっているプールで足のつかないままの立ち泳ぎ状態の生活をしていて、泳ぎ方を知らないと溺れる勢いです。

そういう環境の中、人の心に到達できるコンテンツは、ある意味「本質に迫っていること」「本物であること」が求められてきていると感じています。「嬉しい、悲しい、面白い、驚いた」といった人間の原始感情にダイレクトに響くものである必要があり、ただ新しいテクノロジーを取り入ればよいというわけではありません。多くの情報で溢れ返っている今だからこそ、莫大な予算をかけてどうだと言わんばかりの古いスタイルの「広告」ではなく、もっと本質的に人間の五感に語りかけ、琴線に触れるハイクオリティーな「コンテンツ」が必要だと考えています。そのような表現を可能にするには、未来を見据える革新性の高いアーティストとの密なコラボレーションが不可欠です。見たあとに何かしらインスピレーションを感じることができて、センスが良く、質感のいい状態に仕上げられた「良質な動画コンテンツ」へのシフト。JKDが、キャッチしようとしているのは、その「波」です。

これまでの代表作をいくつかご紹介下さい。


“Tsurugajo Projection Mapping: Haruka”, NHK Enterprise, 2013

鶴ヶ城 プロジェクションマッピング「はるか」
NHKエンタープライズが、震災復興を目的に、福島県、会津若松市との共催で行った東北地方初の大型プロジェクション・マッピングの映像を制作しました。坂本龍一作曲の音楽にあわせ、会津地方の春夏秋冬、季節の循環を描いたアニメーションを、築城700年の鶴ヶ城の天守閣に投影したプロジェクト。1日数回、3日間の上映。初日に行ったプレス向けの試写の模様が、NHK総合の午後9時からの全国放送で、トップニュースとして取りあげられ、近県から大量の人が訪れました。地元の方々からは「本当に素晴らしかった」「ありがとう」という言葉をかけて頂き、他では経験できない充足感を得ました。ディレクターの伊東玄己をはじめ、複数のCGアーティスト達との壮絶な追い込み作業と、侍スピリットで作り上げた作品です。


“Mosquito Slap”, Red Bull Summer Edition, 2015

レッドブル・サマー・エディション 「モスキート・スラップ」
「音楽と映像のシンクロ」を追求するJKDにとっては、真骨頂のような作品です。アウトドアシーンで発生する様々な音を使って制作された音楽トラックに、同時撮影された映像をほぼ完全にシンクロさせたビデオミュージック。タイトル通り、蚊との戦いや、スイカ割りなど、思い出に残る様々な夏の一瞬を、遊び心溢れるオーディオ+ビジュアルコンテンツとして表現しました。


“Spooky House”, Google Japan/YouTube Space Tokyo, 2014

グーグル・ジャパン「スプーキー・ハウス」
六本木の森タワーのユーチューブ・スペース東京で行われたハロウィンパーティー「Spooky House」(スプーキー・ハウス)の会場から、真鍋大度(ライゾマティクス)と、ブレイクビーツユニット「ハイファナ」とのコラボレーションによるスペシャル・パフォーマンスをライブ配信。リアルタイム・ミュージックビデオをコンセプトに、モーションキャプチャー、AR(拡張現実)等のテクノロジーと、音楽演奏、映像表現を高次元で融合した新しいタイプのライブ映像作品。ユーチューブ・ロンドン等、グーグル内のグローバルネットワークからも高い評価を得ました。


“The Beat Makers”, Hewlett Packard Japan, 2013

ヒューレット・パッカード「ザ・ビートメイカー」
ヒューレット・パッカードから発売された音質のいいタブレットのプロモーションのために、3名のビートメイカーの創造性の本質に迫るインタビューを中心に構成したミュージック・ドキュメンタリーです。この前年に、アディダスUKからの依頼で制作したドキュメンタリーの第2弾的な位置付けで、ディレクター、関根光才を中心にほぼ同じクルーで制作。TVCMの一線で活躍するクリエイター達が、ある意味、肩の力を抜きリラックスした状態で作ったもので、いい雰囲気のグルーブ感を持った作品となりました。


“Photographic Video Magazine: Koyasan”, Wakayama Tourism Federation, 2015

和歌山県「高野山」
和歌山県観光連盟からの依頼で制作した開創1200年の高野山に関するドキュメンタリー・ビデオ。心身を浄化し、感覚が研ぎ澄まされる奇跡の天空都市が最も美しく輝く紅葉の時期を捉えた映像と、そこに暮らす2名の僧侶が語るシンプルで深いストーリーを軸に構成。「他とは全く違う切り口で、高野山の魅力が見事に表現されている」との高評価をクライアントより得ることができました。


“Tokyo Jazz Festival”, NHK Enterprise, 2013

NHKエンタープライズ「東京ジャズ・フェスティバル」
国内最大のジャズ・フェスティバル「東京ジャズ」のトータルのビジュアル・ディレクションとデザインを担当。ハイブリッドなカオスと洗練さが同居する東京の魅力を、漢字、英語、数字、カタカナを絶妙なバランスでミックスして表現。特に海外オーディエンスから大きな反響を得ました。


“Yokohama Dockyard Garden”, Mitsubishi Estate, Projection Mapping, 2013

三菱地所「横浜ドックヤード・ガーデン」
横浜にある120年前に作られ造船所の跡地で、夏休み時期の3ヶ月間、毎日行われたプロジェクション・マッピングの音楽制作、サウンドデザインを担当しました。高さ10m、横幅30mの船型の石壁に、1800年代から2300年の横浜へのタイムトリップを、スピーディーなストーリー展開、迫力の画面構成で描いた9分間の映像。高木正勝、ハイファナ、インナー・サイエンス達とのチームアップで、三味線などの伝統楽器、アンビエント、ストリングス等、各セクションの音の世界にダイナミックな変化をつけながら、全体としては1本につながった音楽絵巻ともいうべく内容に仕上がりました。


“Kaleidoscope with Mirror Harrier”, Toyota, Installation, 2015

全面鏡張りのコンセプトカーとのコラボレーションとなった作品「カレイドスコープ・ウイズ・ミラーハリアー」についてもお話を聞かせて下さい。どのようなプロジェクトなのでしょうか?

コンセプトカー「トヨタ ミラーハリアー」とのコラボレーションで実施したLED万華鏡インスタレーションのプロジェクトです。約7mの三角柱ミラートンネルを六本木ヒルズ内の会場に一週間設置し、背面のLEDパネルから30パターンのオーディオ+ビジュアルコンテンツを投影しました。トンネル前には、コントロール端末を埋めこんだタブレットスタンドを設置し、来場者は、メニューから好きなコンテンツを選び、様々な映像を投影したり、アートワークの色をカスタマイズし、自分だけの万華鏡ビジュアルを楽しめる仕掛けで、幅広い層から素晴らしい反響を得た作品です。

jkd_office
JKD Collective, Office, Tokyo

JKDにはどういった方々が在籍なさっているのでしょうか?

現在、在籍しているビジュアリストは6名。ミュージックアーティストが9名。在籍といっても、専属契約を交わしているわけではなく、それぞれのプロジェクト内容をもとにチームを形成する「有機的なクリエイティブ・ネットワーク」といった方がいいかもしれません。特徴としては、いかなるプロジェクトにおいても、純粋に「クリエイティブを攻める」、つまり少しでもいいものを作るよう全力を尽くすというワイデン・アンド・ケネディ、W+K東京ラボが実践していたシンプルな哲学、DNAを継承しているチームであることです。社内スタッフとしては、プランナーとPAを兼ねるビジュアルアーティストが一名と、モーションデザイナーなどがいます。

jkd_heartbeatmusic
“Heart Beat Music”, Goldwin, NTT Docomo, Brand Movie for C3fit IN-Pulse by Goldwin, 2014

海外にはJKDのように大手クライアントとプロジェクトを行なう少数精鋭のクリエイティブ・スタジオが多いですが、インハウス的に音楽制作までをも取り込んだスタジオは稀かと思います。海外でのプロジェクトも視野に入れての差別化だったのでしょうか?

大手クライアントとプロジェクトを行なう小規模クリエイティブ・スタジオがこれまで日本に少なかったのは、日本の広告業界における様々な事情によるものですが、ここ数年の市場環境の変化に伴い、日本でもようやく、電通、博報堂、そしてWPP等の外資資本が入っていない独立系のクリエイティブ・スタジオが、メジャーブランドの仕事に関わることができる環境が整ってきたと感じています。

インハウス的に音楽制作の機能を取り込んでいるのは、先ほど申し上げた設立経緯に関わる部分が大きく、ある意味必然の流れといえるかと思います。W+K東京ラボというオーディオ+ビジュアルのコンテンツレーベルからの流れをくむJKDにとって、「音楽と映像のシンクロ」というのが究極のテーマ。音と映像の制作の現場を、近い距離で内包していることは、力強いコンテンツを作る上で、極めて重要だからです。

海外プロジェクトについては、もちろん視野に入れています。関連スタッフ、クリエイターのほぼ全員が、英語での仕事ができるので、逆にやらないと勿体無いと思っています。海外案件のプロジェクトの数を増やすことは、JKDの第2ステージにおける重要なテーマの一つです。

jkd_kaleidoscope
“Kaleidoscope with Mirror Harrier”, Toyota, Installation, 2015

ご自身の仕事のフィールドにおいて、特に面白いと感じることや瞬間は何でしょうか?

音楽と映像がタイト且つオンビートにシンクロしたビデオ・ミュージック的な世界が表現できた時。音楽は映像と融合されることにより、さらに力強いサウンドになり、映像は、まるで命を吹き込まれたような躍動感のある強力な作品として仕上がった瞬間。テクノロジーや技術の進化により、人間の直感に響く表現の領域が今後さらに広がっていくのではないかと、大きな可能性を感じています。

jkd_multiverse03
JKD Collective 3rd Anniversary Party “MULTIVERSE”, THE ROOM DAIKANYAMA, Tokyo, 2015

今、興味・関心のあること、注目していることを教えて下さい。

まずは、やはり「音楽」ですね。ビジネス構造やライフスタイルがどうなろうと、いつの時代も、音楽は変化し続ける文化の中心に位置する極めてコアな存在。
最も関心があるのは、今、日本国内ではどんなサウンドが鳴っていて、これからどういうアーティストが出てくるのかということ。そして、彼らとのコラボレーショで、クオリティの高いオーディオ+ビジュアルのライブ体験をプロデュースしてみたいと思っています。

もう一つは、「東京」という街です。混沌としたカオスな部分と、究極の洗練を併せ持つこの街は、都市としての魅力を以前よりさらに増す一方で、震災後の原発問題、政治不信等で、物理的にも、精神的にも、ある意味、追い込まれている。人間は追い込まれるほど、何か創造的なものを生み出す力が増すと言いますよね。今、東京にいる人達には、ここ暮らすそれなりの必然と理由があるはず。彼らからどういう表現が出てくるのか注目しています。

jkd_office02
JKD Collective, Office, Tokyo

今後のご予定やプロジェクトについて教えて下さい。

JKDとしては、数本のブランド・ムービーの制作に入りつつあるところです。同時に、映像に音をつける音楽制作、サウンドデザインの作業がいくつか進行中。東南アジアからインスタレーションの問い合わせにも対応しているところで、来年何か形になるといいと思っています。

新たなチャレンジとして、秋口までに「WEM」という新しいタイプのミュージック・プラットフォームを立ち上げる予定。東京発の良質な音楽をセレクトし、国内外に発信していくプロジェクトです。パイロット版からのスロースタートにはなりますが、JKDのネットワークをフルに活かして、新しい流れが作れればと思っています。

デジタルコンテンツ制作に携わろうとしている若者へ、メッセージをお願いします。

日本から世界に向けて発信される、クリエイティブの新しい「うねり」、「流れ」を一緒に創りましょう。クリエイティブ表現とブランディング・コミュニケーションが交差するポイントには、新しく刺激的なコラボレーションが渦巻いています。インターン、アルバイトからのスタートになるかもしれませんが、JKDの現場を経験してみたい方は、hello@jkdcollective.jp まで連絡ください。

Text: Aya Shomura

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE