シュゥン

PEOPLEText: Zhang Chu

空想の世界に登場する生き物達の世界

日常と非日常の間に潜む生き物とその世界をモチーフに絵を描き出すSHUUN(シュゥン)。圧倒されるほどの多彩な色遣い、可愛さと怖さ、愛嬌と不気味さを併せ持った生き物、緻密さと大胆なユーモラスを交えて描き出されるその世界は、観る者を強烈に惹き付ける。作品同様に謎に満ち、初の個展を目前に控えた作家にインタビューを行なった。

shuun

自己紹介をお願いします。

北海道に住んでいて、SHUUN(シュゥン)という名前で絵を描いています。

今までどのような活動をしてきましたか?これまでの活動と最近の活動など教えて下さい。

学校卒業後はデザイン会社に籍を置き、ひたすら仕事をしつつ、2010年頃から本格的に絵を描いて、気に入った物はホームページのSHUUN.MEに掲載していました。最初の頃はほぼ全部デジタルで描いていました。誰かに学んだとかは無く、思うがままに描いています。
2012年に現在所属しているクラークギャラリー+SHIFTと出会い、クリエイティブ北海道というプロジェクトでいきなり海外で作品展示をして頂きました。
現在、クロスホテル札幌で開催されている展覧会「MUSIC」での展示や、札幌芸術の森美術館ミュージアムショップで開催中の企画展「星の風景」に出品してます。

playboys.jpg
Playboys, Shuun, 2011. 544 x 726 mm, Giclee print on photographic paper

SHUUNさんは日常と非日常の間に潜む生き物とその世界をモチーフに主にデジタルで描いていますが、これらを描くようになったきっかけを教えて下さい。

小さな頃から、一人で悪戯描きばかりしてすごしていました。少年の頃、流氷の音がミシミシ聞こえる海沿いに住んでた時の僕の友達は、家とおじさんの店で飼っていた犬五頭でした。ほとんどをその犬達と、店の前に広がる冷たい海や裏の森で過ごし、いつも自分と犬達を中心に身の回りの物や動物を擬人化して想像していました。木や虫や葉っぱや犬達にやった残りのえさをあげていた鷲や鳶、白鳥、カモメ。おじさんの店の生け簀から脱走したがる、大きな蟹達。雪、砂浜に流されてきたゴミや石や空き缶。死んだ魚とか灰色の海の向こうのよくわからない山々とか。あとは目がとても悪いので、遠くのよくわからない物には勝手に姿を決めつけて、絵を描いたりしていました。いつのまにか自分の描く物と言えば、自分の中でそれが当たり前のようになっていき、その生き物達に自分の心持ちを預けています。

2012年より本格的にキャンバスへのペインティングを始めたそうですが、キャンバス作品とデジタル作品での創作の違いは何かありますか?

単純に大きいキャンバスは体力も場所もお金も使いますが、デジタルだけだとそうでもありません。あとはキャンバスの際もデジタルを使うのであまり違いを考えず、同じ作業のなかのひとつだと思っています。

Shuun_MiikoToChiiko.jpg
Miiko to Chiiko, Shuun, 2012. 1,000 x 1,606 mm, Acrylic on canvas

作品をいくつかご紹介ください。

「ミーコとチーコ」というタイトルは子供の頃親戚のおばさんの家にいた母子の猫の名前です。2012年のクリエイティブ北海道にこの作品で参加させて頂きました。アナログでここまで大きいのを描いたのは初めてでした。とても暑い夏の良い経験です。

多くの作品は動物が擬人化されていて、とても面白く作品を観た人々の笑みが浮かびます。どういう人・コト・モノに面白さを感じますか?

ぎりぎりの基準が曖昧な存在とか、あとは、勿論、意図しないレベルででの話でですが、当人は可愛いつもりなのに怖かったり、怖そうに威嚇してるのにかわいくみえちゃったり、とかです。

WE.jpg
WE, Shuun, 2013, 606 x 727 mm, Acrylic on canvas

SHUUNさんの作品はとても独特な世界観ですね?アイディアはどのように生まれてくるのですか?

無意識の中でというかそうでありたいです、なんとなく。ただ野っ原で座り込んでる時や街中を歩いているときとか、好きな音楽を聴いたりしながら。あまりアイディアをまとめたりはしませんが、いつも見た物や思ったことをよくメモカードに描いてそれを(千秋庵の)山親爺とかの、色々なお菓子の缶箱に突っ込んでいて、たまにそれらをあけて見返して、そこから組み立てたり計画することもありますが、殆どのアイディアは無意識の中での思いつきです。

SHUUN🌪さん(@5huun)が投稿した動画

以前の作品で描いた動物達には前歯が2つしかないですね。最近の作品ではみんな歯が綺麗になりました。気になったので聞いても良いですか?何か理由はありますか?

今1本の歯しかないの描いてたりするのでたまたまです。でも、「aitsu」という作品では、「あいつ」の理想である歯が揃ってる自分という理想像を描きました。元のたった2本しかない歯のあいつは恥ずかしそうですが隠すこと無くにっこり笑います。僕もそういう心持ちでありたいです。

moja.jpg
mojamoja, Shuun, 2014. 910 x 910 mm, Acrylic on canvas

今回クラークギャラリー+SHIFTにて8月5日から開催される初個展「ANIMALS」について意気込みやコンセプトなど教えていただけますか?

初めてのギャラリーでの個展なので 自分の世界に登場する生き物達をうまく紹介できれば良いなと思います。それぞれ面白く解釈して頂ければうれしいです。

今後はどのような活動を行なって行きたいですか?

作品をもっと作りたいです。色々なサイズで、あとはできれば大きな作品を制作できる場所に引っ越したいです。

最後に、好きなアーティストやミュージシャン、アート、デザイン、本などあれば教えて下さい。

コメディやSFや怪獣映画、ローファイなものが好きです。

SHUUN個展「ANIMALS」
会期:2014年8月5日(火)〜9月30日(火)
   ※好評につき会期を1ヶ月延長いたしました。
時間:11:00〜19:00(月曜日・第3火曜日休廊)
会場:Clark Gallery + SHIFT
住所:札幌市中央区南3条東2丁目6番地 MUSEUM内
TEL:011-596-7752
http://www.clarkgallery.co.jp

Text: Zhang Chu

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
icon
スティーヴン・チータム
MoMA STORE