第17回 文化庁メディア芸術祭

HAPPENINGText: Noriko Yamakoshi

記憶を繋ぎ、覚醒を促す「現在」芸術としてのメディア芸術の祭典

第17回 文化庁メディア芸術祭
入り口をくぐり、受付を左手に右へ曲がると仕切りの無い開けた展示会場が広がる。

文化庁メディア芸術祭が今年も開幕した。1997年の開始から17回目の開催となるこのメディア芸術総合フェスティバルは本年度も応募総数記録を更新、世界中から過去最多となる84カ国(地域)計4,347作品が寄せられた。
アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門に分けられ募集された作品群から各部門毎に大賞、優秀賞、新人賞、審査委員会推薦作品が選ばれ、国立新美術館を主要会場に、東京ミッドタウン、シネマート六本木等全4ヶ所で展示・上映・トークイベントなどが開催されている。

DSC_6327.JPG
Carsten Nicolai “crt mgn” 展示風景

2,400点を超えるアート部門作品群の中から大賞に選ばれたのはドイツ出身のカールステン・ニコライ。「ジュッ、ジュッ」と不思議な音を送り出しているブースの中では、壁に設えた4つのネオン管の光りに照らし出されながら巨大な2本の振り子が行ったり来たりしている。磁石を先端に付け天井から吊り下げられた振り子の下には画面を上に設置されたテレビモニター。その画面には壁のネオン管が映し出され、振り子が上を通り過ぎる度にそのイメージはまるで波紋のように揺らいでゆく。画面横には電磁波を分析し音へと変換するアンテナが設置され、歪みを創りだす度に電磁波は知覚可能な「音」として観客へと伝わってゆく。内省的な佇まいで、本来「見る」ことも「聴く」事もできないエネルギーの可視化を可能にした作品だ。

DSC_6336.JPG
阿部修也 展示風景

この作品はビデオアートのパイオニア、ナム・ジュン・パイクが亡くなった翌年、東京・ワタリウム美術館で開催されたカールステン個展を機にパイクへのオマージュも込めて制作された。ビジュアルアートと実験音楽を横断し、ジャンルを超えた総合芸術で世界の美術館や国際展で活躍している彼が大賞を受賞するのは当然との向きもあるかも知れないが、本作はメディアアートの歴史をも踏襲した傑作として選出されたという。「パイクと初めて出会ったのはまだ彼が存命の時、ニューヨークのオープニングにおいてだった。当時私はまだ彼の初期の作品に詳しくなかったけれど、音楽におけるシンセサイザーのようにビデオシンセサイザーという画期的な世界を創った人だ」(「アートがもたらす世界の捉え方01~アートから世界を知覚する」トークより)
ニコライの展示ブースの向かいにはそのパイクのエンジニアとして数々の作品をコラボレーションし、功労賞の一人に選ばれた阿部修也の作品が展示されている。

DSC_6185.JPG
三原聡一郎「 を超える為の余白」展示風景

音響を基軸にしたシステムを利用したメディアアート作品で活躍する三原聡一郎は、2011年より展開している「空白」プロジェクトの一環として制作された「  を超える為の余白」でアート部門・優秀賞を受賞した。会場内の小部屋に設置された作品からはジワジワと溢れ出る泡。時にその塊は人の身丈を大きく超え、消えてゆく気泡と生まれでる泡は常に留まる事無く変化し続けてゆく。3.11というトラウマに端を発し、何かを失った時の”空虚”さ、不安定で流動的なその「空白」な現状を”泡”で具現化しているこの作品は、作品体験を通して社会の在り方への気づきや未解決な事物への自由な”問い”として見る者それぞれの感情や議論を引き出すきっかけになって欲しいという願いが込められている。

DSC_6343%202.JPG
Benedikt GROSS「The Big Atlas of LA Pools」展示風景

その他の優秀賞には、ニューヨークタイムズやグーグルマップといった一般メディアのみを利用し無人航空機に爆撃された場所と画像を集めたプロジェクト「ドローンスタグラム」(ジェームズ・ブライドル/イギリス)や、オープンソースとして公開されているビッグデータを元にロサンゼルス周辺の43,000個以上ものプールや人工水域をマッピングする膨大なプロセスを可視化した「ザ・ビッグ・アトラス・オブ・LA・プールズ」(ベネディクト・グロース/ドイツ)など、情報の透明性を求めるものやテクノロジー過信への批判を込めてマテリアライズする作品などが入賞した。

DSC_6202.JPG
和田永「時折織成 ―落下する記録―」展示風景

アート部門では今回、初めて審査委員とは別に選考委員による事前選考が行われるようになり、より一つ一つの作品が精査できるようになったという。入賞こそしていないが、充実した審査委員会推薦作品も多く見られた。会場でひと際存在感を放っていたのは和田永の「時折織成-落下する記録-」。オープンリールという旧式のメディアの見方を変え、新たな価値を見出す作品としてICC「オープン・スペース2013」でも同シリーズが展示されている。そびえ立つ巨大なアクリル容器上部に設置されたオープンリール式テープレコーダーが再生されると磁気テープが容器に落下してゆき、時間と共にグラフィカルな模様を織り積んでゆく。テープが溜まりきるとそれまでの静寂を断ち切る交響楽と共に一気に巻き上げられ、それまで創りだされた模様は消滅、新たな偶然の撓みが再び織り成されてゆく。会場では交響楽が高らかに響き渡るたびに多くの観客が作品の前に詰めかけていた。

01_310.jpg
Dora Garcia: The Joycean Society. 2012 HD Video © Photo: Giovanni Pancino, Courtesy of Prince Pierre of Monaco Foundation

また展示はされてはいないが、2011年ヴェネツィアビエンナーレ・スペイン館代表ドラ・ガルシアによる「ザ・ジョイサン・ソサイエティ」も推薦作品に選ばれている。これは30年間にも渡って続くジェイムズ・ジョイス著作を読む会の模様を捉えた映像作品だ。最初の1ページから最後の1文字までを、参加者は11年という歳月をかけて読み解いてゆき、その後また最初の言葉へと戻ってゆく。彼らにとって”世界”とはこの部屋の中での時間のみを意味するのだろうか。もしくはこの部屋が故に世界は存在しているのか。この”部屋”を私たちが日々過ごすそれぞれの環境になぞらえてみるとき、それは決して特殊な状況では無い事を実感するのかもしれない。

DSC_6379.JPG
「Sound of Honda/Ayrton Senna 1989」展示風景

エンターテインメント部門の大賞は「サウンド・オブ・ホンダ/アイルトン・セナ 1989」。電通の菅野薫、メディアアーティストの真鍋大度ら総勢8名によるこの壮大な再現インスタレーションプロジェクトはホンダのエンジニアによって記録された走行データからセナのエンジン音を再現しようとの発案から生まれた。会場内ブースでは1989年のF1日本グランプリ予選でアイルトン・セナが樹立した世界最速ラップの迫力のサウンドとLEDを駆使した美しい映像が体験できる。

DSC_6339.JPG
池内啓人「プラモデルによる空想具現化」展示風景

映像作品やそのプロセスの紹介展示が多い中、エンターテインメント部門優秀賞を受賞したこの池内啓人の「プラモデルによる空想具現化」は異彩を放っていた。個人の記憶を保存する建物としてパソコンを捉え、パソコンはその記憶を守る為の要塞として、マウスは防衛用戦車としてその要塞周辺を縦横無人に動き回る。日常で使用しているガジェットを自由な空想でジオラマ化したこの作品では有用と無用が入り交じりながらも構成する電子回路や配線などは破損されずに保たれており、本来もつ機能や特色の可能性も浮き彫りにされている。

DSC_6257.JPG
トラヴィス「ムーヴィング」展示風景

同じく優秀賞に選出された劇メーション「燃える仏像人間」(宇治茶)、スコットランド出身バンド・トラヴィスのミュージックビデオ「ムーヴィング」(トム・リグルスワース、マット・ロビンソン) は共に現行の技術に敢えてアナログな手法を組合わせることで作品メッセージを生み出している。

CGを一切使わず制作されたこのMVは、-1℃に設定されたスタジオにバンドメンバーが集まり、最も鮮明な映像を求めて何百というバージョンの白い息が試されたという。そしてそれらがこのアニメーションの投影スクリーンとして使用されている。彼らの目の前に吹き出された輪郭の曖昧な白い影は生き生きと走り、転び、歌い、時に光源をボールに見立て戯れながら、その内省的且つポップな歌詞の世界を体現している。
「投影されるアニメーションはそのどれもがシンプルで最小限であるが、そのすべてのアイデアは、人が息を吐くという行為や白い外気の移ろいという、この状況自体の豊かさを引き出すことに捧げられている。(審査委員・中村勇吾)」

DSC_6204.JPG
望月ミネタロウの「ちいさこべえ」展示風景

マンガ部門では荒木飛呂彦の「ジョジョリオン-ジョジョの奇妙な冒険Part8」が大賞に。優秀賞には望月ミネタロウの「ちいさこべえ」や雲田はるこ「昭和元禄落語心中」など全般に日本人作家が優勢を占める中、新人賞の一人としてフランスのバンドデシネ作家・バスティアン・ヴィヴェスの「塩素の味」が選ばれた。

130724.jpg
左: Dans Mes Yeux「僕の目の中で」原書表紙, Caserman, 2009, 右:「塩素の味」バスティアン・ヴィヴェス著

本国フランスでも本作で国際展の新人賞を受賞しているヴィヴェス。脊柱側弯症治療の為プールに通う事になった少年がそこで毎週水曜に出会う少女に段々惹かれてゆくストーリーは、最小限に押さえられた台詞、輪郭の無い水中描写やその独特のタッチで、浮遊感や水の匂いまでもを効果的に瑞々しく描写している。今回日本初出版となった同作には”僕”の目で見つめた”彼女”との日々の記憶をカラフルに描く「僕の目の中で」も収録されている。日本マンガとアニメーション文化を吸収しながらも、フランスという土壌を基にユニークでユニバーサルな作品を創りだすヴィヴェスは今後様々な芸術分野を横断する可能性を秘めているようだ。

8079415809_3a4731d01b_z.jpg
「While the crow weeps(カラスの涙)」より

アニメーション部門新人賞には日本の鋤柄真希子松村康平デュオによる「While the crow weeps(カラスの涙)」が入選。これまでも「Walkin’on Snow Grass(雪をみたヤマネ)」など自然を生きる生命を描いてきた彼ら。今作は擬人化された描写は一切排除され、野生世界の緊張感、死、それを糧に生き繋ぐ行為を淡々と綴ってゆく。けれどもそこからは生きてゆく上での抗えない営みと命への愛しさが伝わってくる。

DSC_6281.JPG
「While the crow weeps(カラスの涙)」展示風景

展示ブースには実際にちぎり絵のように切りとって撮影された墨で描いた和紙や、背景に使用した岩絵の具、透明アセテートフィルムなどが展示され、彼らの制作のプロセスも垣間みる事ができる。

DSC_6368.JPG
ユン&ローラン・ボアロー「はちみつ色のユン」展示風景

アニメーション部門大賞はユン&ローラン・ボアローによる「はちみつ色のユン」に贈られた。ストーリーは作者ユンの自伝的物語。朝鮮戦争以後朝鮮半島の多くの子供達が世界中に養子として引き取られていった事実は日本では余り知られていないかもしれない。作品は実際に残されていた子供時代の8ミリフィルムや写真、5歳でベルギーの家族に引き取られて以来、44歳にして初めて生まれた場所・韓国の地に立ち戻ったユンの映像などがアニメーションと静かに交差しながら進んでゆく。細やかで、時にユーモラスに語られる物語は、様々な手法で熟考され削ぎ落とされているからこそ、観客はその豊かな作品を心から体験できるのかもしれない。

DSC_6365.JPG
ユン&ローラン・ボアロー「はちみつ色のユン」展示風景

展示では作者が兄弟・家族と過ごした時間と記憶を記した数々の写真も額におさめられ壁に飾られている。それはエナン家リビングの一角をも彷彿とさせる。同時にその下のショーケースには実母が実際に記載した養子縁組依頼書や引き取られる際利用したKLMオランダ航空の領収書など、胸を締め付ける時の記憶も並べられていた。彼の抱えてきた痛みと喜びは一見特殊に思えるかもしれないが、見る者それぞれが持つそれらときっとどこかでリンクするように思う。人間の関係の形はひとつではない。痛みを避けられない出来事はどうしても起きるだろう。
インタビューで彼はこう話した。「皆に貴方はそのままで良いのだと伝えたい。そして人生は貴方の後ろではなく、前にあるのだと。」

DSC_6355.JPG
「アートがもたらす世界の捉え方01~アートから、世界を知覚化する」トーク終了後風景
左から 岡部あおみ、カールステンニコライ、三原聡一郎、高谷史郎(敬称略)

4つに分けられた部門それぞれの作品群を辿ってゆくうちに、時にメディアアートのバックボーンのひとつである「テクノロジー」というキーワードを忘れ、そこに表現されている「想い」に埋没してしまう思いにかられた。今回一つの傾向として多くみられた既存の映像や様々なオープンソースデータを収集し羅列する作品は、結局「個」の再認識に立ち戻らせる。

アート部門新人賞を受けたラオ・ホチィの作品「ラーン・トゥ・ビー・ア・マシーン︱ディスタントオブジェクト #1」も生身の身体無くしては成立しない仕組みを提示することで、触れ合うことのないインタラクティビティや現在の私達を取り巻く環境への批評性を表現している。記憶を繋ぎ、テクノロジーを内包しながら覚醒を促し進化し続ける「現在」芸術としてのメディアアートは、見えないものを可視化・可聴化・透明化することで、見る者に気づきのトリガー(きっかけ)や意識の転換を与えている。テクノロジーと人間性のバランスの中で、メディア芸術が今後どのような気づきの機会を与えてくれるのか。共に歩み「今」に立ち会いながら、その新たな展開を楽しみにしたいと思う。

第17回 文化庁メディア芸術祭
会期:2014年2月5日~16日
時間:10:00〜18:00(2月12日休館、金曜は20:00まで、入場は閉館30分前まで)
   ※開館時間、休館日は会場によって異なります
観覧料:無料
会場:国立新美術館 他                     
住所:東京都港区六本木7-22-2
TEL:03-5459-4755
http://j-mediaarts.jp

Text: Noriko Yamakoshi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE