クラウディオ・ギル

PEOPLEText: Mariano Werneck

クラウディオ・ギルは、リオデジャネイロ、ブラジルに拠点を置くアーティスト、教師、デザイナー、そしてプロのカリグラファーである。彼は現在、リオデジャネイロ州立大学の修士課程でデザイン史を研究している。2004年以来、彼は初心者、学生、さまざまな分野の専門家へのワークショップを通じてカリグラフィーを広め、国内の様々な場所でその現代における可能性を探求する活動を続けてきた。

クラウディオはブラジル全体で多くの展覧会に参加しており、ニードル、ブラシなどの変わった道具を使ったり、100m以上もの長さのある紙や80mの布に描くなど、カリグラフィーの限界を押し広げてきた。彼はサンクトペテルブルク、モスクワとベリーキーノブゴロド、ロシアの4つの都市でカリグラフィーの国際的な展示会に参加した唯一のブラジル人アーティストである。彼の作品の一部はロシアの現代カリグラフィー美術館にコレクションされている。

Cláudio Gil
teaching at a workshop in São Paulo – 2012

経歴について教えて下さい。

これまで12人のチームで雑誌を出版したり、5年前からデザインスタジオを持ったりと、2004年に卒業するまでにすでに15年ほどグラフィックデザインに携わっていました。当時ライノタイプ社の環境、フォトメカニック、フィルムレタッチなどの全てに関わっていました。たとえこれらの過程が全てデジタルになっているとしても、このとき学んだ知識は私にとって大きな価値があります。私がデザイナーとして仕事を始めたときにはすでに、紙、インク、様々な印刷プロセスの知識を十分に持っていたのです。現在は、修士号取得に取り組んでいますが、より良い作家、研究者、教師となるために、常に人との出会いや新しい発見をしたいと思っています。

SonnetXVIII01.jpg
Practice for a Shakespeare’s Sonnet Piece, 2008, arts on handmade sketchbook by Gabriela Irigoyen, actually this sketchbook is temporary in Contemporary Museum of Calligraphy, Moscow, Russia.

カリグラフィーへの関心はグラフィックデザイナーとしての仕事からきたのですか?

本当に早くからカリグラフィーを始めました。11か12歳の頃から文字を描画していたと思います。2008年に仕事を辞め、手描きのアートとしてプロの道を選びました。その年の初めにリオで展覧会を開催し、ワークショップやセミナー、プロモーションのためにブラジル中を巡ることで様々な経験をしました。

しかし、始めはタイポデザイナーに興味があり、カリグラフィーの事はほとんど知りませんでした。今ならYouTubeで「カリグラフィー」を検索すれば、実践を見ながら多くのことを学ぶことができるでしょうが、当時は良い本を探して勉強するしかなく、簡単ではありませんでした。この方法は確かな基礎と正しい方向を示してくれました。

Lucaw.jpg
Commissioned caligram, watercolor and guache on paper, 33 x 31 cm, 2011

カリグラフィーを制作する上で完璧主義者ですか?また、制作する上でどのように全体のバランスを参照しますか?

完璧主義者と言えますね。重要なのは文字バランスを知る事です。文字の動き、パスは、使用している道具によって変わります。ヘルマン・ツァップは二次元の建築と考えていると言っていますが、本当にそうだと思います。手が訓練された動きを再現できるようになるまでには、繰り返しまねをする事です。古い本を手に取り、カリグラフィーの本で学び、色々なスタイルを試す必要があります。基礎を学び、知識を身につけた後に枠を越えた作品ができ上がるのだと思います。トレース方法はとてもユニークで、それぞれのやり方がります。この2000年もの間どういった書体があったのかを学び、そこに新しい要素を加え、自分の物にしていきます。偉大なデザイナーであるフルティガーとツァップも、ギリシャ文字などを発展させた作品を制作しています。

LnXVIIIaw.jpg
Calligraphy, commissioned work for Scenography, Theatre Play “Lição nº 18” de Doc Comparato, arts on handmade sketchbook by Gabriela Irigoyen, 2011

ブラジルでこういった活動をする事を難しいと感じていましたか?ほかの場所ではカリグラフィーがより重要な役割を果たすことは簡単だと思いますか?

この活動は間違いなく広がって行くと思います。例えばヨーロッパの歴史はカリグラフィーで描かれています。ブラジルが発見された時には、アルダス・マヌティウス(イタリアの古典学者・印刷者)によって活字が既に存在しました。彼はゲーテンベルクのムーバブルタイプをもとに、鋳造金属を使ってカリグラフィーのモデルを発展させました。ここにはカリグラフィーと文字を書くことの区別はないのです。カリグラフィーを習いましたが、それはあくまで教育的な目的のためであって、アーティスティックな形、技術的な側面、異なるスタイルではないのです。アラブ諸国や、中国のようにそれが文化の一部というようなことはありません。

promo.jpg
left: Silk screen poster, 50 x 70 cm, 2007, Collection piece of Contemporary Museum of Calligraphy, Moscow, Russia, right: Calligraphy, guache on paper, 50 x 70 cm, 2007, Collection piece of Contemporary Museum of Calligraphy, Moscow, Russia

アーティスティックなカリグラフィーはあなたにどのように影響していますか?

私にとってそれは学んでいるものではなく、描くことそのものです。それぞれのドローイングスタイルは、様々な影響を与えてくれます。決まった区別があるわけではありません。例えばメディアヴィラのような象徴的な作品、必ず何かをカリグラフィーの横に描くハッサン・マスウーディー、レザ・アベディニ、そしてジョン・スティーブンスでさえも、内から現れるものの反射であり、彼らが表現しようとしているより個人的な何かなのです。描き、トレースし、線を引く、方法全てが内から現れるものです。またそこに、規律や、献身といったことがらも含まれます。アーティストたちは、瞬間によってコンテンツが変わってしまうようなもっと面白いツールを見つけるかもしれません。もちろん、文化的な違いや影響がありますが、それはとても本質的なものであり、私たち自身の声、多くの物に影響を受けるためにオープンな場所があるのだと信じています。.

SJorge03w.jpg
Development of a calligram, commissioned piece for Yara & Caíque Novis, Practice of Roman Capitals, acrylic on linen canvas, 220 x 145 cm, 2011

あなたの作品はこれまでにない新しいものを模索しているように思えます。それはどういったプロセスですか?

実験的であると言葉が正しいのかもしれません。先に述べたように、その過程は毎日の訓練です。正確な動きを憶えるための筋肉記憶には時間がかかりますが、習得してしまえば様々なツールを使いこなすことができます。私はほうき、針の作品の制作も行いましたし、最近ではパーティーのために友人のソファにもペイントしました。例えばイタリアの友人マッシモ・ペレロの注射器を使った作品はとても美しく、終わりなき可能性を感じました。いつもこれまで学んできたことを思い返しまた学び続けます。古いフォームをまた見直せば、そこからまた新しい発見があります。こうやって常に前に進んでいくのです。何が一番いい方法なのかをすぐにみつけようとするべきではありません。答えを追求し、考える事が大切なのです。

DanielaBado.jpg
Body paint on the model Daniela Bado skin, Pablo Nora’s shortcut Quimera, 2008

今のデジタル世界の中、どのようにしていますか?

デザインのフィールド出身なので、パソコンは常に身近にありました。完全に手放してはいませんが、今では仕上げのツールに過ぎません。2007年に商業用の仕事の際は、既存のフォントは使用しないことを自分自身の中で決めました。今となってはそれが私のスタートポイントとなり、そのおかげで自分自身のスタイルを確立できたのです。

あるプロジェクトのため私に作品を依頼するとしたら、私に求められている事は明確です。それは唯一なものという事です。そしてニーズを考え、作図や実験を繰り返し、問題解決の方法を模索していくことは私にとって絶交の機会です。こういった手段が私をコンピューターから切り離すことになるのです。

しかしもちろんコンピューターは、プロセスの一部として必要です。インターネットが私たちに何を与えてくれるかは言うまでもありません。この力を無視する事はできません。コンピューターを使えば、作業、スケッチ、すべてがシンプルになります。私が教える大部分のワークショップは、ソーシャルメディアを用いてウェブを通して進めます。素晴らしいツールです。

MothersWall01.jpg
At Nésia Gil’s home, acrylic on concrete wall, 6 x 3m, Valença, Rio de Janeiro, 2012

今後の予定を教えてください。

現在の目標は修士号を終えることです。とにかく技術を向上させ、多くの人と仕事していくために最善を尽くしています。私にとってはとても重要なことなので、アートを後回しにすることはできません。また展覧会を予定しています。新たな材料で精力的に活動してきたのですが、過去2年間は展覧会を行なっていませんでしたが、やっと準備が整いました。あと健康にも気をつけています。時には、ワークショップの間に私は、ボード上に腕を上げたまま10時間以上描き続けることもあり、それを維持するための脚と姿勢が重要なのです。これまでやり続けてきたことが多くの喜びとなっています。今年も素晴らしい年になりそうです。

Cláudio Gil
1968年生まれ。彼の文字への情熱が始まったのは11歳の時だった。最初は風景スケッチにそれを使用し、デューラー、マグリット、ゴッホやムンクの影響を受けてカリグラファー、芸術家、教師、デザイナーとして彼自身のスタイルを確立していく。長年のグラフィックデザインの経験を経て、現在はカリグラフィーの活動を展開している。
http://www.behance.net/claudiogil

Text: Mariano Werneck

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE