祭太郎

PEOPLEText: Satsuki Miyanishi

ウサギを模した和柄のマスク、紺のショートタイツ、前掛け姿が彼のトレードマークだ。ただひたすらに「受け身」をとり続けるパフォーマンス、映画「男はつらいよ」に登場する寅さんを思わせるような口上パフォーマンスのスタイルを続ける芸術家、祭太郎。ライジング・サン・ロック・フェスティバルに10年連続登場、プロレスのリングアナウンサー、紫綬褒章受賞記念、結婚式、おまつりなどのお祝いの席でのパフォーマンスなど、ジャンルを越えてますます活動範囲を広げている。今回、CAI02にて2008年以来5年ぶりに行われる彼の個展に際し、パフォーマンスに込められた意味、またパフォーマーと思われがちな彼の芸術家としての作品についてお話を伺った。

祭太郎

今回の展覧会について、また展示作品について教えて下さい。

5年ぶりの個展ですが、今まではインスタレーションを含めた展示でしたので、平面作品中心の展示はこれが初めてです。今回の展示は1999年から2013年までに制作した平面作品が主です。ほとんどの作品は時間をかけず、即興的な作品です。その多くは未完成のままが多いですが、それぞれに、明確な意思を持って取り組んでいる事が今回の展示している作品の特徴です。

2010年に新潟で行われた「春山登山展」では自分の背中をキャンバスにして、地元のアーティストに絵を描いてもらい、大きな紙の上で受け身をとり転写させる受け身絵という作品を展示しています。新作として、東洋思想を表す言葉を引用し、色と線を付け足したドローイングの作品を展示しています。ライジング・サン・ロック・フェスティバル in EZOで毎年販売しているエゾロックタオルやドローイングの展示をしています。カフェスペースにも平面、映像含め7点展示しています。こちらは一点を除き3.11以降に起きた出来事を作品にしました。「からたちの花」という映像作品に印象的な場面があります。2011年5月に震災ボランティアで訪れた避難所の壁に地元の小学生が描いたと思われる絵と標語の作品のカットを入れています。平面、映像作品などを含め約60点展示しています。

maturi.%E9%A1%94.jpg

祭さんといえば「受け身パフォーマンス」が印象的ですが、どういったものを表現しているのですか?パフォーマンスに込められた意味などがあれば教えて下さい。

受け身パフォーマンスとは大地との勝負に挑み、重力という絶対的なものから逃れられず完敗するという完全な負け試合を演じる事からはじまります。地面に叩きつけられ、身体の一部分が傷つきます。生体の自己防衛反応とも言える痛みを創出させます。即席的に創出した痛みは身体に危機的な状況を作りだし、生体の持つ恒常機能が働き潜在的な生命力を引き出されると考えます。そして、積極的でもなく消極的でもなく、あいまいな態度ではありますが、物事の本質を捉えようとする身体を自ら作り出します。あらゆる物事からの自由と解放をするための儀式に似たようなものかもしれません。

身体を通じてさまざまな現実と向き合おうと自覚し行動に移すこと(能動的)と、現実に向き合い、物事がなんらかの作用で働くとき(受動的(受苦、受容))というのは、絶えず、同時に存在しているということ、矛盾として捉えられるような出来事を自らのからだで証明し自覚しているのではないかと思います。

%EF%BC%88%EF%BC%92%EF%BC%89rsr2012.JPG

口上パフォーマンスを始めたきっかけ、バックグラウンドについて教えて下さい。

1998年からパフォーマンスを初めてから、私は内向的な表現から外向的な表現に自分を変えたいという気持ちが常にありました。観客の前で受け身をとる反応の多くは、悲鳴を上げたり、顔を歪めたり、なぜ?という反応があったり、バカバカしい行為に受け取れるため笑いが起こったりします。私は笑いや笑顔が起きる反応について考えてみました。私の直感ですが、受け身に対するイメージはネガティブなものとして考えることが多いと思います。それに対して、笑いや喜びといったポジティブなイメージを同時に創出しなければ、自分自身の表現に折り合いがつかないのではないか?と疑問が湧いてきました。しかし、そのような考えは浮かんでは消え、浮かんでは消えるといった状況が何年も続きましたので、論理的な思考まで至ることはありませんでした。

ある時、苦しまぎれに観客に発した言葉を観客が思いもよらない言葉で返すという事が起きました。その場には今までとは違う、日常と非日常の境界のような、場の空間や時間になったことを記憶しています。日常では恥ずかしいような言葉でも祭太郎では意外と言えてしまうという事を、その時に発見しました。今までは当たり前のように発していた(声、言葉)が自分の表現にとって重要ではないか?と考える様になったことがきっかけです。

rsr2003.jpg

2002年に祭太郎さんが誕生したと伺いました。そのころからパフォーマンスのスタイルやスタンスが変わらないように見えるのですが、常にぶれない軸を持っていられる理由は何ですか?

1999年〜2001年に邦楽の音楽フェスティバル、ライジング・サン・ロック・フェスティバル in EZOを体験しました。生きる事=生活する事=表現する事がうまく結びついている素晴らしいフェスティバルです。それは本当にすばらしい体験でした。すばらしい体験と自分の表現を比較してみると、到底かなわないと思いましたが、いつか必ず、すばらしい体験を自らの表現で実現してみたいという、二つの感情が同時に芽生えました。その事が実現するまで、きっと祭太郎は続けていくので、ぶれる事はないと思っていますが、いつもいろいろな疑問で悩んでます。身体のことや人の生き方を学びたくて鍼灸師になったり、合気術を学んだり、絵をかいてみたり、とにかく飽き症なのでいろいろな事に興味を持ちたいと思いながら、あっちへフラフラ、こっちへフラフラしているのが現状です。

sakuhin%EF%BC%92.jpg

他のアーティスト作品やその他影響を受けているものはありますか?

具体的な作品ですと1997年にベネチアビエンナーレで見たピピロッティリストの映像作品『Ever is Over All』やドイツで見たポールマッカーシー展、2003年、京都ビエンナーレで見た高嶺格さんの「在日の恋人」、札幌のライブハウスで見た松蔭浩之さん、宇治野宗輝さんのロックユニット「ゴージャラス」のライブに衝撃を受けました。やなぎみわさんの作品制作に関わる機会があり、アメリカロケをはじめ、いろいろな現場を肌で感じプロの仕事というものを垣間見ました。岡部昌生さんは何度か作品の搬入のお手伝いをさせて頂きました。私が生まれた1977年からフロッタージュの作品を制作していると伺い驚愕し、手を使うという重要性、意味などを考えさせられました。他には、ジャイアント馬場さん、手塚治虫さん、尾崎豊さん、Björk 、端聡さん、門馬よ宇子さん、増子直純(怒髪天)さん、武田英祐一(the武田組)さん、竹原ピストルさん、円空上人、行基上人エトセトラエトセトラ他にもたくさんの方の影響を受けまくっています。

sakuhin1.JPG

10年後の祭さんはどのようになっていると思いますか?

世界各地の大地と勝負に挑んでいると思います。

祭太郎個展「まつりのつぼ」
会期:2013年2月22日~3月15日(祭BAR 3月2日、3月15日)
時間:13:00~23:00(日曜祝日休廊)
会場:CAI02
住所:札幌市中央区大通西5丁目昭和ビルB2
主催:CAI現代芸術研究所
TEL:011-802-6438
http://www.cai-net.jp

Text: Satsuki Miyanishi

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
マリアンナ・ドブコウスカ
MoMA STORE