堀康史

PEOPLEText: Ayaka Sato

2009年に続きデジタル映像フェスティバル「DOTMOV 2011」に作品が選出された堀康史。どこかユーモラスでユニークな作品から、日本のアイデンティティーを再認識させるような作品まで、立体から平面、映像と幅広く制作を行っている。
選出作品「Brunch」や、活動背景についてお話を伺った。

堀康史

まずはじめに自己紹介をお願いします。

1987年生まれ。埼玉県出身。現在は大学で美術作家を目指し勉強中です。


「Brunch」ビデオ, 2011

2009年に続きDOTMOVに作品が選出されました。選出された作品「Brunch」について教えてください。

子供やペットが持つ「見る人を和ませてくれる雰囲気」を作り出したい、という想いから制作を始めました。
またその雰囲気は緊張感の無さから生まれるものだと思い、それに対する疑問も作品に取り入れました。

hikikomori.jpg
「ひきこもりデビュー」インスタレーション, 2009

ユニークな映像作品だけでなく、インスタレーションやアート作品の制作もされていますね。「ひきこもりデビュー」など、映像作品との関連性も感じされますが、制作活動についてメディアはどう意識されていますか?

メディアは手段なので、テーマに適したものを選ぶよう心がけています。
「出来ること」「出来ないこと」がメディアによって異なるため、同じテーマでも必要であれば複数使うこともあります。


食品サンプルシリーズ「そばボール」ビデオ, 2010

立体作品「食品サンプル」シリーズについて教えてください。

「日本のものを使って何か作れないかな」という想いで、日本で生まれた「食品サンプル」を使うことにしました。
「食材」でも「料理」でもない、「主食」をモチーフとして主に選んでいます。そうすることで得体の知れない物のような、曖昧な感覚が出せるのではと考えました。

作品からは「ユーモア」や「笑い」のセンスを感じますが、どうしてこのような作品を制作されているのでしょうか?

タレントである松本人志さんの「食べ物には食べる以外に利用法がある」という考え方や、「食べ物を粗末にするとクレームがくる」ことに対しての「不満」に大変共感を覚えました。
無理に「笑い」にしようとは思っていませんが、意識はしています。

happy.jpg
おりがみシリーズ「happy」樹脂, 2010

おりがみ」というシリーズも行っていますね。こちらはどのようなコンセプトがありますか?

「食品サンプル」と同じように、日本のアイデンティティーを再認識させるような作品を目指しています。
少し手を加えて、おりがみの魅力をさらに引き出していきたいと考えています。

usagi.jpguma.jpg
おりがみシリーズ (左)「うさぎ」石粉粘土, 2010 (右)「うま」石粉粘土, 2011

今回制作いただいたSHIFTのカバーデザインについて教えてください。

DOTMOVで入選させて頂いた作品の「SHIFT」バージョンです。
制作させて頂きありがとうございました。

最後に何かメッセージをお願いします。

記事をご覧頂き、ありがとうございます。
まだまだ自分のことで精一杯ですが、いつか皆さんに貢献できると幸いです。

Text: Ayaka Sato

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
icon
MoMA STORE