内沼晋太郎

PEOPLEText: Yuko Miyakoshi

1980年生まれ、ブック・コーディネイター/クリエイティブ・ディレクター、本とアイディアのレーベル「numabooks」代表、内沼晋太郎。ただ本を並べるだけではない、ちょっと印象に残る手法で本を見せる。内沼さんの肩書きはブック・コーディネイター以外にも、エディター、プロデューサー、ファシリテーターなど、実にさまざま。最近ではグラフィック/アートコレクティブ、NAMとのコラボレーションなど、アート方面での活動も記憶に新しい。内沼さんのお話は、何かが生まれる時のわくわく感に満ちている。確かに、その感覚はアートと親和性が高いのかもしれない。今回はその内沼さんの発想の秘密にせまるべく、お話を聞かせていただいた。

内沼晋太郎

フリーでお仕事を始められるようになったきっかけから、最近のお仕事について教えてください。

大学時代にユニットを組んで色々な活動をしていまして、そこでは雑誌を作ったり、クラブイベントをやったり、メディアアートのような作品を作って展示したりしていました。それから大学卒業後に一回就職をするんですが、その会社を2ヶ月で辞めまして、長距離の運転手のアルバイトや、テレアポのクレ—ム処理の仕事なんかをしつつ、やっぱり何か本のことがやりたくて、千駄木の往来堂書店という、小さい町の本屋さんでありながら個性もあるお店として業界では有名な本屋さんでアルバイトを始めました。その頃に「ブックピックオーケストラ」っている名前の古本ユニットも始めたんです。そこで古本の中身を見せない「文庫本葉書」というの作ったり、古本が袋に入って並んでいる本屋「encounter.」などをギャラリーや展覧会に呼ばれてやっていました。「encounter.」をやった時は、実際に横浜で1年半お店をやっていました。

p01_2.jpg
「文庫本葉書」クラフト紙で包まれた古本の裏には本の中の気になる一節が印刷されている。表面は葉書としてそのまま使うことができる。

その辺りから「本と人との出会い」ということについて考えていて、クラブとか現代美術の界隈とかで、普通とはちょっと違う本の売り方や、本との出会い方を作品にする、というようなことをやっていました。それでそのブックピックオーケストラをやっているうちに、だんだんと僕個人への依頼が多くなって来たんです。きっかけは原宿で5年半やっていた「TOKYO HIPSTERS CLUB」(2010年12月閉店)という、僕に一番最初に本のセレクトを依頼してきてくれたお店でした。洋服屋さんなのですが、ギャラリーやカフェもあって、その洋服のフロアで本を扱いたいということで本のコーディネイトの仕事を受けました。それをきっかけに本当に色々な出会いがあって、そこから「本と人との出会い」を考える作品やプロジェクトと平行して、アパレルや雑貨屋さん、CD屋さんといった異業種の中に本の売り場を作るという仕事が始まりました。

それから段々と今に至るという感じでして、さらにここ2、3年は出版業界のコンサルティングの仕事が増えてきています。出版業界というのは、別の小売り業界と比べると特殊な業界なので、洋服や雑貨とは商慣習がまるで違うし、長年それでやってきているので小売店としてのあり方が古い。僕は他の業種で本を売ったり、本の可能性を広げるような活動を通じて頭がやわらかくなっているのでそれを生かして、本の流通をやっている会社の顧問や、地方の書店さんのコンサルティングをしたりしています。

あとは電子書籍の仕事ですね。僕は最初から本と人との出会いっていうのがずっとテーマで、自分が一貫してやりたいのは人に本を面白がってもらうきっかけを作ることなんですよ。それはもう電子も紙も関係ないんです。電子書籍はこれからどんどんスマートフォンで買えるタイトルが増えていくと思いますが、今まで本を読まなかった人たちが、何かがきっかけで本を読むようになるしかけというのは、ただ売り場を作るだけじゃダメだと思うんですね。そこのところで僕が出来ることがあると思っていまして、実際に電子書籍の売り場作りや、ビューアーのインターフェイスや機能についてのディレクション、端末のプロモーションのためのコンテンツ作りという仕事などが入りつつあります。

アート的なアプローチのお仕事が多いですが、最初からそういう希望があったのでしょうか?

アートも好きでたくさん見ていましたが、僕は別に美大を出ているわけでもデザイナーとしての勉強をしてきたわけでもありません。ただクリエイティブという意味でいうと、僕は学生の頃からウェブと連動するカルチャー雑誌を作ったりしていたんですよ。実際に作っていたのはかなり手作り感のある雑誌だったんですけど、ウェブサイトはコンテンツとかフラッシュの簡単なゲームを作ったり、周りの大学生を巻き込んだりしてやっていました。なので大学の時に見よう見まねで文章を書くこと、デザインすること、ウェブサイトのコーディングがなんとなく出来たんですね。それから会社を辞めた時も、出版社の書籍の校正のお仕事や、バイトしてた本屋さんの系列のカフェのメニューやウェブサイトのデザインの仕事をやっていたんですよ。今はデザインで自分が手を動かすことはあまりないんですけど、ディレクションの仕事でどういうデザイナーにどういう風にお願いするかという時などに、自分がやっていた経験が生きています。

numabookface.jpg
グラフィックデザイナーの中沢貴之とフォトグラファーの間仲宇によって結成されたグラフィック/アートコレクティブ、NAMの個展「A FANTASY IN LIFE」。この時に併設された古書店「NUMABOOKFACE」から内沼晋太郎とNAMのコラボレーションが実現した。(2011年2月)

NAMとコラボレーションすることになったきっかけは何だったのでしょうか?

NAMの作品で「BOOKFACE」という黒い本が顔の形に積まれた作品があるんです。それで僕はもともとその作品のことを知っていて、かっこいいなと思っていたんです。そしたらNAMと共通の友人から次回の個展をやるにあたって、「BOOKFACE」を実際に本が買えるようなインスタレーションにしたい、という話が来まして。最初に「BOOKFACE」を作った時は積んでいる本の中身にあまり意識がいっていなかったので、中身をきちんと選びたいということで僕が紹介を受けたんです。それで僕も嬉しかったので、ぜひやりたい、ということで、最初は池尻大橋の「PUBLIC/IMAGE.3D(パブリックイメージ・スリーディー)」というギャラリーでNAMの個展の時に作りました。それが「NUMABOOKFACE」の最初で、お互いに盛り上がって、これをこのまま終わらせるのはもったいないということになり、第二弾として今回 IID世田谷ものづくり学校でやっているという経緯です。

numabookface_1.jpg
先の個展で発表された「NUMABOOKFACE」の巡回展示。本は全て販売されており、購入を申し込み質問に答えると、その回答をもとに選ばれた本が郵送されてくる。東京・ IID世田谷ものづくり学校(2011年5月31日〜 7月31日)

これからどんな風にアートに関わっていきたいですか?

美術でも文学でも、作家とその生きる時代や地域とは確実に隣り合わせです。その時代その地域の表現でないとほとんど意味がない。つまりこれから日本の現代文学や現代美術、その他全ての表現は、否応なく3.11以降の表現になっていきます。本屋の本棚にどんな本を並べるかということさえ、その影響からは逃れられません。もちろんそれとの距離はそれぞれ違います。僕らにとって3.11は、 NAMの個展の会期中にやってきました。そのときNAMは会期の途中でインスタレーションに手を加えました。僕自身も、そこから目をそらさずに活動をしていこうと思います。海外の人に対して言えることは、これから日本のアートはそうした意味で見応えのあるものになっていくということです。
NAMと作った作品は、本との関わり方でもあるし、本そのものを素材として作ったインスタレーションでもあるわけですけれども、僕が作るとしたらやっぱりこれからもそういうもの、本と人との関わりということ —— 今の日本や世界の色んな場所において、本がどういった存在になっていくかとか、もっとこうなったらいいのに、ということや、本がどんどん電子化して行き、それに対して反動的に紙の本に対する執着が生まれていくこと、そういうところに出てくる色んな歪みみたいなことだとかを、バンとビジュアルで伝えるということをやっていくんだと思います。ビジネスではなくて、アートの枠組みの中でやった方がばっと伝わるようなことは、その枠組みの中でやりたいと思います。

内沼さんの中でアートとビジネスが同時進行しているのが凄いですね。

ビジネスという言い方には違和感があるのですが、お金とお金じゃないっていう風に言い換えると、僕はアートだから、ビジネスだからお金になった方がいい、ならなくたっていい、というよりは、お金になることもならないことも、両方やっていないとだめだ、と思ってるんですよ。資本主義社会の中で人は無自覚でいると、いつのまにかお金を儲けることが優位になってしまう。例えば文章を書くのが好きで、書きたいことがあって自分でブログを書いていたりジーンやフリーペーパーをつくっていたりする。最初はどこに文章を書いても、お金が貰えなかったとするじゃないですか。それがお金を貰えるようになると、いつの間にか今度はお金を貰わないと文章を書かないようになっちゃう訳ですよ。そうなっちゃうと本末転倒というか、本当に書きたかったことが何なのかわかんなくなっちゃうんですよね。それはアート作品でも音楽でも何でもそうで、僕は色んな活動をしていきたい一人の人間として、そのことを凄く危険だと思っていて、いつも半分はなるべくお金にならないことをやろうとしているんですよ。何故かと言うと、お金にならないことは、世の中にあまり無いということなのですよ。つまり、世の中でビジネス上存在することのほとんどは、採算が取れてるのですよ。だから逆に言うと、お金を儲けることを諦めるとあんまり世の中にないものが作れるわけじゃないですか。これは誰がどこで儲けてるのか全然わからない、というものの方が新しい可能性が高い。つまり、凄い面白いこと思いつきました、企画書書きました、これはどうやって採算がとれるんだ?、いや、とれません、と言うと、普通企業ではその企画は無くなるんですよね。だけど個人だったら、自分がお金を出して採算取れなくてもやります、と言えば出来るわけじゃないですか。だからお金から自由になると、新しいものが作れる可能性が高いわけです。だから、半分はお金と関係ないことをやるようにしています。
それがアートかアートじゃないかということは僕にとってどうでもいいんです。さきほど「アート的なアプローチの仕事が多い」というふうにおっしゃっていただきましたが、僕がやってる活動の何かを、「あ、お金が儲かってなさそう」という理由だけでこれはアートだね、って言う人もいるんですよ。そうなるとアートって、その定義は何ですか、みたいなことになる。それは言ってる人も、誰もよくわかってないし、僕もよくわからない。それならばそれをアートだって言ってくれてもいいし、別にどっちでもいい。ただ、アートのフィールドでやらなきゃいけない時、アートのメディアに紹介される時や美術展に出るという時には、僕なりに考えます。今、人の目の前に出して、ちゃんとアートとして機能するものかどうかということは、自分も鑑賞者として、観る側として好きなので、ちゃんと考えますね。

bunkoset.jpg
「文庫本セット」カフェで実現した文庫本とドリンクのセットメニュー。ケーキセット感覚でセレクトされた本を楽しめる。

やりたいことやアイディアは常に沢山湧いてくるのですか?

そうですね。アイディアは一杯あります。でも、ゼロからでてくるものっていうよりは、人に求められて出てくることが多いです。自分でやりたくて仕掛けてることも色々あるんですけれども、自分が忙しい理由は、だいたい誰かが予想もつかないところからぼ僕に依頼をくれて、それをどんどん受けてしまうからなんです。求められることは嬉しいし、やったことのないことをやるのは楽しいじゃないですか。それで凄く大変なのですが、大体僕がやりたいこと半分、どこかからやってくること半分、という感じです。

アイディアマンていう人はやっぱりアイディアに溢れてる人じゃなきゃだめなんですよね。つまり、たまにしかアイディアが出ないけど、そのたまのアイディアが凄くいい人、なんていないんですよ。大体アイディアマンという人は、泉のようにどんどん出てるんです。それはある種筋トレみたいなもので、出し続けてないと出てこない。だから僕は、自分もどんどん出て来ていると思っているので、どんどん人に話してます。盗まれるとか、もうそんな時代じゃないと思うんですよ。これだけインターネットで世界中が繋がっていて、あるアイディアを自分しか考えてないなんて、ありえないんです。絶対100人ぐらい同時に同じことを思いついていたりしている。だから新しいことを考えた人は全然偉くないんです。やった人が偉い。そうすると、僕は自分で思いついたことなんて、実現できる量は限られているのでどんどん喋ります。どうしても自分でやりたいものも、今こういうことやりたいと思ってるんです、という話をします。それを誰かが先にやったって、僕が自分でやろうとしていることについては、僕の方が上手に出来ると思っているわけです。あとは、僕がやりきれないことは、誰かにやってもらった方が僕もそれを体験したいし、世の中は楽しくなるじゃないですか。

あとは、世の中に必要なアイディアの99.9%は、問題解決のためのアイディアなんです。どこかに何か問題があって、それを解決するためのアイディアが必要なケースの方が多いんです。ゼロベースの思いつきがもてはやされることは少ない。なので、アイディアを盗まれるとかいうよりも、僕がアイディアをアウトプットし続けていることによって、周りの人が困った時にあいつはいいアイディア出しそうだ、と思って貰えることの方が大事なんです。そこで僕が問題解決をすることが仕事になったり、何かを良くすることに繋がる、と思っています。

好きなアーティストを教えてください。

過去のものはもちろんたくさん観ていますが、どちらかというと同世代で同じ問題意識や違和感を共有できるアーティストにいつも興味があります。元々僕は、YUKARI ART CONTEMPORARYというところに所属の泰平君と、飯田竜太君と三人で「森」っていう名前でアートユニットをやっていまして、彼らの作品は凄く好きです。二人とも本を素材にしたりモチーフにしたりして作品を作ったりしているんです。NAMも凄く好きです。そういうアーティストとは、活動をしているうちに自然とどこかで繋がるし、話も合う。先ほどもお話したようにアートはアクチュアルなものだと思うので、そういう感覚を共有できる作品や、実際のアーティストとの関係性の中で生まれるものが好きですね。

最近の活動について教えてください。

今手がけてるのは、読書生活用品のブランドのプロデュースです。本棚に始まり、ブックエンドやブックカバーやお風呂で本を読むための道具、本をしまうための段ボールといったものを扱うブランドの立ち上げをやっていて、もうすぐ正式にリリースになります。

それから僕の独自のプロジェクトで、書き込みのある本だけを扱う本屋というのを進めています。色んなアーティストに頼んで自分の好きな本に、例えばイラストレーターだったら余白にひたすらイラストを描いてもらうとか、写真家だったら小説の内容にインスピレーションを受けて撮った写真を挟んでもらうとか、その本を素材にして一点ものの本を作ってもらう予定です。本って、最初はマスプロダクトなんですけど、ちょっと線を引いたり書き込みをした時点で世界に一冊しかないじゃないですか。その楽しさみたいなものを、もっと共有するようなブランドをやりたいんです。最初は20人ぐらいのアーティストに作ってもらったものと、一般の人から買い取った、書き込みのある本を一緒に扱うということを、出張ショップのような形でやろうと思っています。

これからどんな活動をしていきたいですか?

最近はラジオをやってみたいなと思っています。Ustreamが流行り始めた時に、「ヌマブックス・トーキングパブリッシャーズ」という名前で、僕が色んなクリエイターにインタビューするチャンネルをやっていたんです。トークをUstreamで配信することも広義の出版だし、たとえばそのトークを元に本を作ることと本質的にどう違うんだろう、みたいなことを考えてしばらくやっていました。やってみて、映像はいらないかもしれないと思った。ラジオは、何かをしながら聞ける、究極の「ながらメディア」なんですよ。忙しい現代人にはまだまだ可能性がある、耳から何を吸収するか、ということでまだまだやれることがある、これからのメディアなんです。僕らの世代の色んなことに興味がある人が普通に聞けるような、ゲストと深い部分の話をきちんとできる番組をやってみたいなと思ってます。

あとは海外の仕事をやってみたいですね。ずっと、世界は日本よりも広くて、自分が必要とされることなんてないと思っていました。でもよく考えてみたら、どこかに問題があってそれを解決しなきゃいけないということは同じで、アイディアが必要されているのだとしたら、僕にもできるということに最近になって急に気がついたんです。どこか遠くの国の出版社が別のビジネスをやりたいんだけど、どうしたらいいかな、とか、企業がつぶれそうでブランディングをやり直したいとか、コンテンツに関わることとか、何でもいいんです。せっかくインターネットと飛行機があればどこにでもいける時代に生まれたので。もし海外から声がかかったら、ぜひやってみたいです。

NUMABOOKFACE
開催日程 : 2011年5月31日〜7月31日 ※毎週月曜休館(祝日の場合はその翌日)
時間 : 11:00〜19:00
場所 : IID (世田谷ものづくり学校エントランス)
入場料 : 無料
主催 : numabooks、NAM
協力 : IID (世田谷ものづくり学校)
http://numabooks.com

「本業界」の知っておきたい情報をお届けするメールマガジン
BOOK TOMORROW
http://www.mag2.com/m/0001286972.html

最近ブックコーディネイトを手がけたお店
ヘンゼル&グレーテル成城店
TOKYO CULTUART by BEAMS
diskunion JazzTOKYO
bookunion お茶の水駅前店
efiLevol(エフィレボル)

Text: Yuko Miyakoshi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE