矢柳剛

PEOPLEText: Ayako Ishii

goyayanagi1933年北海道帯広市生まれのアーティスト、矢柳剛(ややなぎ・ごう)。1960年代から個展を数多く開催し国際的に高い評価を得、1970年代からは活動を平面から立体へ、そしてファッション、建築、環境アートへと広げ、更には映像作品も手がけ、現在も精力的に制作活動を続けている。

4月22日から7月10日まで、「まちなかアート」のクロス・エディションとして、SHIFTがキュレーションを担当する矢柳剛展「POP UKI – 色彩の魔術 –」が、クロスホテル札幌で開催中。オープニングに合わせて来札した矢柳氏にお話を伺った。

矢柳剛
© 東京画廊+BTAP

ヴェネツィア・ビエンナーレ(イタリア)やドクメンタ(ドイツ)と並ぶ世界の重要な国際美術展のひとつであるサンパウロ国際ビエンナーレへの出展をはじめ、国際的に活躍されていらっしゃいますが、これまでの活動内容含め、自己紹介をお願いします。また、環境美術家として活躍されていますが、その活動の経緯を教えてください。

1933年、北海道・帯広市に生まれました。小学生時代の担任が絵の上手な先生で、放課後によく絵を描きに出かけて褒められたことが、自分のアートへの原点として思い出されます。帯広農業高校畜産科を卒業後、祖母のすすめで東京星薬科大学に進学。戦後で、地方の出身でもあったし、東京国立博物館で開催されていたゴッホの展示などを見て、人を感動させるアートは素晴らしいと思いました。アートへの情熱が高じて、1953年に大学を中退。横浜の進駐軍キャバレーで似顔絵を描いたりして糊口をしのぎつつ、独学でアートの研鑽を積んでいました。青春病にかかっていたし、好きなことをやっていたから苦しいとは思いませんでした。アートへの情熱はもちろん、考古学にも興味があったので、1957年、当時日本からの移住が最盛期を迎えていたブラジルへ移民船ブラジル丸で45日かけて渡り、59年までサンパウロに住みました。その後、アフリカ、シンガポール、マニラ、香港を旅行し,帰国。1965~68年には渡仏して、パリで版画を学びました。1954年、東京での展覧会を始め、その後は日本と世界各国で展覧会を開催するようになりました。1966年からは主に、クラコウ国際版画ビエンナーレ(ポーランド)、サンパウロ国際ビエンナーレ(ブラジル)などで版画を発表するようになりました。

北海道では、1992年に北海道立帯広美術館にて「はるかなる宇宙学(コスモロジー)矢柳剛の40年」を開催したほか、1994年、北海道足寄町温水プールにて「生命の躍動」というガラスモザイク壁画や、96年には北海道釧路市空港のVIPルームの「地球と生命のリズム」を制作しました。

今日の衣装(写真上※コシノジュンコ氏とのコラボから生まれた1点もの)もそうですが、自分の作品にはアマゾンの熱帯はじめ世界各地を放浪して体得した色使いを施しています。時代や生活と呼吸する要素を意識して作品づくりをしています。農業もそうだし、生きることはアートそのものといえます。自分は数十年前の緑に乏しいブラジリアの都市計画を目前にして、植樹を提唱したことがあります。その10年後に再訪したところ、みごとに緑が生い茂っていて感動しました。これは環境アートです。そう言った意味で、環境美術家を名乗っています。

今でこそ良いことをやっているとの評価をいただきますが、自分が取り組みだした30年前は、木を植え、海の水をきれいにというと、奇異な目で見られることも多かったです。

0749.JPG

クロスホテル札幌では、音楽、ファッション、アートをキーワードに、従来のデザインホテルとの一線を画すことを目的に「ART X(アートクロス)」と題したアート展示を行っています。今回の企画への参加を決められた経緯をお聞かせください。また、「POP UKI -色彩の魔術-」の展覧会にこめられた思いをお聞かせください。

昨年、中国北京798芸術区で行ったコシノジュンコ氏との共同制作「越境」をシフトに掲載した経緯から、東京画廊経由で今回の個展の依頼を受けました。自分は道産子でもあるし、ホテルでの展示というユニークなオファーだったので受けました。

0753.JPG

ホテルでの展覧会については、美術館やギャラリーでの企画が画一的になっている昨今、非常に面白い試みといえます。美術館やギャラリーでできないことがホテルでは可能です。そもそもアートとは、商店街とか空き店舗とか街の中、人々の中に入っていくべきなのです。札幌滞在中、地下歩行空間を見学しましたが、そういった不特定多数の出入りがある場所、面白い出会いの生み出される空間こそ、アートを発表するのに適しています。地下歩行空間を会場にした「札幌ロードファッション」というような企画があっても面白いと思います。

0732.JPG

今回の展示のタイトルPOP UKIは、私がつくり出した造語ですが、「POP」は「ポップアート」、「UKI」は「浮世絵」を指します。ポップアートは英国で発祥し、米国で発展してきましたが、私は日本の浮世絵の伝統にこそ、そのルーツがあると考えます。日本の絵画史を代表する浮世絵と現代社会の証言としてのポップアートを踏まえ「POP UKI」が生み出されました。

0747.JPG

副題については、「色彩の錬金術」にしようとも思ったのですが、マジック的要素が強すぎるため「色彩の魔術」としました。春だし、このご時世だし、明るい自分の作風は今回の展覧会に適していると思いました。また、実際にクロスホテル札幌での展示を見て、ホテルの雰囲気ともマッチしているし、受けて良かったと思っています。

本展覧会には16点の平面作品(油彩画、版画)に加え、立体作品「宇宙から来た女」を展示していますが、クロスホテル札幌のガラス張りのエントランスホールを生かして、360度から見て楽しんでもらうことができます。立体というメディアを選んだのは、浮世絵に端を発した版画やシルクスクリーンなどの2次元の追究に飽き足らず、3次元に挑むことで前からの矢柳、後ろからの矢柳を表現したいとの思いからです。

0726.JPG

近年、岡本信治郎氏との連続個展「笑いの哲学(74 74)」やコシノジュンコ氏との共同制作「越境」など、中国北京を舞台にした発表をされています。中国はじめ海外のアート概況、また日本の現状についてご意見をお聞かせください。

北京の東京画廊のオープニングに参加させてもらいましたが、まずアートに対する興味、活気が凄い。オープニングだけで1,000人を超える群衆でした。作品に対する質問も次々にぶつけられる。いまの日本人にはないことです。

自分はまた、パリに3年間暮らしていたことがありますが、フランスの文化政策はしっかりしていて、パリでは子ども向けアート教育や美術館にも子ども専用コーナーが充実しています。それも、専門家の監修のもと、パリの都市景観について皆で考えようという類の非常に高度な内容が提供されています。また、休日に家族ぐるみで美術館を訪れるといったようなことが習慣化されており、それが素養となり、大人になると自動的に文化に対する価値が身に備わっています。それが国全体の文化の下支えとなっているのです。美術を大切にすることは、人間を大切にすることにつながります。

翻って、日本国内では残念ながら、文化を盛り上げようという機運自体が感じらません。日本には、美術教育と文化政策を充実させる余地がまだまだあります。

今回、ホテルでの展覧会を行うにあたっては、作品に出来るだけ近寄ってもらってかまわないということも念頭にありました。クロスホテル札幌ではホテル従業員のみならず、館内レストランのパティシエさんがお客さんに展示を勧めていると聞いて、大変喜ばしく思いました。日本の学芸員が見習うべき姿勢です。

0742.JPG

札幌では、2014年の札幌ビエンナーレ開催に向けて活動が本格化してきています。地方都市・札幌におけるアート振興についてどうご覧になりますか?

札幌ビエンナーレについては地方の特色や強みを打ち出せる、非常によい機会だと思いますので、札幌の試みには大賛成です。そしてローカルに考えるだけでなく、是非グローバルに発信していってほしいと思います。道民、市民のひとりひとりがメッセンジャーとして発信していく自覚を持つ、そういった意識改革、仕掛け作りこそがいま求められているといえます。

ビレンナーレ全般についていうと、過渡期を迎えているといえます。国内でも各地でビエンナーレが開催されていますが、どれも画一化されていてつまらなくなってきていることは否めません。そんな今こそ、札幌は誰もやったことのない新しい試みに徹底的に挑戦すべきです。しかも、札幌はその土壌が整っているのです。私は世界各国の都市をみてきましたが、現在の札幌のような190万人くらいの人口の都市は、政治的にも経済的にも文化的にも変革に対応しやすいサイズです。その意味でも札幌は好機にあるといえます。市だけでなく道も巻き込んで大々的に展開してはどうでしょうか。また、明治時代の開拓時に札幌農学校にクラーク博士がいたように、ビエンナーレに際しても外部からアドバイザーを招聘してはどうでしょうか。内輪で運営しているとどうしても人間関係に支配されがちになるので、客観的な目線を持つことが必要です。日和見主義に楔をぶち込むことが必要なのです。

長期的なアート振興あるいは都市計画の一部として、コンテンポラリーに特化した展示施設が街の中心部にあってもいいですね。美術館の名前がそのまま地下鉄の停車駅名になるような、そんなインフラ改革も札幌のような新しい都市でこそ実現可能といえます。

また、北海道・札幌は海外に誇れるアイヌ文化を有しています。これをいかにコンテンポラリーアートの文脈に取り入れるか。それにより、北海道・札幌の独自色は強化されると思います。どんどん発信していくべきです。

0772.JPG

アーティストを志す若者たちへのメッセージをお願いします。

1968年の「パリ5月革命」当時、自分はパリにいました。歴史的一大事です。食料危機にも遭遇しました。それをどうアートにするかです。日常の様々な現象をどうアートにするか受け取り方は一人一人違う。そこに自分のエスプリというものが見えてきます。私はひたすらに描きたいものを描いてきました。時代に受けるものを探さなくとも、時代が何を要求しているかは日常の三度の食事と同じように理屈でなく自然に入ってくるのです。

自分自身と対話すること、真剣であることが大切です。私は、30年来、毎朝5時に起床して座禅とジョギングを続けていますが、これは内なるもう一人の自分に批判させ、二人いる自分を一人に重ね合わせる時間を持つためです。甘えの構造はアートを生みません。徹底的に自問自答します。最近の若いアーティストは親から多額の学資を得て、悠然と生活していますが、アーティストは貧乏も経験しないといけないと思います。

また、外へ出て行くことも大切です。私は、生まれ故郷の帯広はもちろん、サンパウロもパリも全てふるさとだと思っています。日本という港の中にとどまっていても何も生まれない。大波が襲ってきたら飲み込まれて終わりです。どんどん外に出て行く気概をもってください。そして、どんどん意見を戦わせてください。ケンカ・激論がアートを生みます。

矢柳剛展「POP UKI – 色彩の魔術 -」
会期:2011年4月22日(金)~7月10日(日)
会場:クロスホテル札幌
住所:札幌市中央区北2西2
TEL: 011-272-0010
主催:クロスホテル札幌
キュレーション:SHIFT
協力:東京画廊+BTAPまちなかアート正文舎印刷株式会社
連携企画:札幌ビエンナーレ・プレ企画2011
http://crossmet.jp/sapporo/

矢柳剛
1933年北海道帯広市生まれ。1951年、帯広農業高校を卒業後、1957年にブラジルのサンパウロへ渡航。サンパウロ近代美術館で個展を開催するなど、異国の地で精力的に作家活動を行う。その後はアフリカ、シンガポール、マニラ、香港と各地を旅行。1965年にはフランスのパリへと移り住み、その後3年間、銅版画の巨匠であるヘイター(S.W. Hayter)のアトリエ17で版画を学ぶ。これまで国内外数多くの展覧会に出品し、1971年には第11回サンパウロ国際ビエンナーレの日本代表に選ばれ出品している。油彩、版画、壁画(公共建築物)、デザインなどの幅広い分野で国際的に活動を続けるアーティスト。

クロスホテル札幌
「音楽」「ファッション」「アート」をキーワードに、従来のデザインホテルとはあらゆる面において一線を画す「クロスホテル札幌」。2007年のオープン以来、海外のホテルを思わせるスタイリッシュな雰囲気と様々なイベント企画で話題を呼び、クリエイティブに敏感な人々のミーティングポイントとなっている。
http://www.crosshotel.com/sapporo/
http://crossmet.jp/sapporo/

まちなかアート
アートのある日常を、生活者が誇りに思える。そんな街になればという思いから生まれたプロジェクト。プロジェクトでは、複数のギャラリーと協同で、カフェ、レストラン、ホテル、商業施設、公共施設などの日常生活空間に作品を展示するもので、街中にアートが溢れ、アートを気軽に楽しめる環境づくりを目指します。
http://www.machinakaart.com

Text: Ayako Ishii
Photos: Ryoichi Kawajiri

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE