NIKE 公式オンラインストア

コシノジュンコ + 矢柳剛「越境」

HAPPENINGText: Hiromi Nomoto

ファッションデザイナー、コシノジュンコ氏と現代美術作家、矢柳剛氏が、両者初となる共同制作を行った。矢柳氏の個展で互いに知り合い、彼の版画をコシノ氏がデザインするという今回の共同制作に至ったのだ。

P1010264.jpgkosinosanphoto339001.jpggoyayanagiphoto339001.jpg

8月8日に行われたオープニングレセプションでは、コシノ氏がデザインした服を身にまとった二人のモデルが登場した。そして798芸術区の特徴的な工場の面影が残る空間の中、矢柳氏の作品の間を通り抜け、その場はアートの熱気とデザインの華やかな空気に包まれた。

P1010268.jpg

今回の共同制作について教えてください。

矢柳:初めての共同制作です。このようなことは日本でもありません。純粋美術とデザインの組み合わせは画期的です。個性と個性がぶつかり合いハレーションが起こりますが、それでもバランスが崩れない様にしないといけない。この企画には刺激と面白さがあります。また見る側にとっても刺激がある。これを多くの若い人達に見てもらいたい。今回の試みが未知な空間を表現できる足掛けになればいいと思います。

コシノ:初めてが面白い。以前パリのアーティストと合作の話がありましたが、その時は断りました。今回はスムースにナチュラルに話が進みました。この合作では矢柳さんと私はお互いに遊んでいます。アートには理解が大切で、矢柳さんと東京画廊の田畑さんと私が三位一体となってできたものです。

P1010220.jpg

合作ではどのようなこと考えながらデザインをしたのですか?

コシノ:一つづつ作ることから始めていきました。可能性があって色々ものができます。まだ始まったばかり。これからです。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
スティーヴン・チータム
MoMA STORE