白井剛

PEOPLEText: Fumi Hirota

コンテンポラリー・ダンスグループ「発条ト」を設立、ダンス・音楽・映像等を用いた作品を発表する傍ら、振付家・ダンサーとして活躍している白井剛氏。現代音楽とのコラボレーションや、アーティストの共作など幅広い活動を行い、その作品は国内外で上演され続けるなど評価を得ている。
2004年にはソロ作品「質量, slide ,& .」を発表、2011年には「質量, slide ,& .」をベースに、新作映像作品「質量, slide ,& . in frames」をYCAMにて制作/発表した。ウェブ上で映像作品を公開し、さらに全素材をダウンロード可能にするなど新たな試みを行った白井氏に「ダンスを映像で見る」ということ、舞台作品と映像作品との違いについてお話を伺った。

s_Tsuyoshi%20Shirai.jpg
Photo: 白井 亮

まず、これまでの活動内容含め、自己紹介をお願いします。また、振付家・ダンサーとして活躍されていますが、その活動の経緯を教えてください。

1996-2000年ダンスカンパニー「伊藤キム+輝く未来」の作品に出演。1998年「Study of Live works 発条ト」の設立に参加し、バニョレ国際振付賞受賞。2004年「質量, slide ,& .」を発表、この作品で2006年トヨタコレオグラフィーアワード「次代を担う振付家賞」を受賞。また、ダンサーとして、2004-2005年ユーリ・ン振付「悪魔の物語」、2005年伊藤キム振付「禁色」に出演。2006年、カンパニー「AbsT」を立ち上げ、2007年「しはに-subsoil」、5人の音楽家との共作「THECO-ザコ」を発表。第1回日本ダンスフォーラム賞を受賞。2006年から現代音楽の「アルデッティ弦楽四重奏団」とのコラボレーション作品「アパートメントハウス1776/ジョン・ケージ」に参加し、国内10ヶ所で巡演している。また、2007年にはYCAMでの滞在制作によって発表した、10人のアーティストによる共作「true/本当のこと」(YCAM初演)に参加、ヨーロッパやブラジルをはじめ国内外で上演を続けている。2009年「blue Lion」、2010年「静物画-still life」を京都で創作初演。また、2010年8月には、YCAMにて音響と身体表現をテーマにしたワークショップ「surround garden」の講師を務めた。

01_ms%26if_last8.jpg
「質量, slide ,& . in frames」(2011、YCAM委嘱作品)

今回、YCAMにて発表した新作映像作品は、2004年に初演したソロ作品「質量, slide, &.」をベースにしているそうですが、元々どういった作品なのかご紹介頂けますか?

ダンス作品「質量, slide ,& .」は、シアタートラムの独舞シリーズをきっかけに制作し、発表した作品です。それまでにも、ソロの作品を制作してはいましたが、構成・演出・振付・出演を行い、1つの公演すべてを本格的に作り上げたという意味では、とても大きな作品だったと思います。 タイトルは、一言でいうと「質量感」を示しています。
クリエーション・マネージャーとして演出助手をしてくれた村上克之くんと、このタイトルについて話をしていた時は、顕微鏡で使用するプレパラートの印象で例えていました。プレパラートっていうのは、スライドグラスの上に水滴があり、そのうえにカバーグラスがありますよね。作品タイトルにある「slide」とは、カバーグラスの浮いているような、付着しているような、あの隙間の印象なのです。
すごく感覚的な話になりますが、モノの存在感を実感するときは、その環境全体に関わる、ある種の事件が起きている感じがします。重たいモノがあれば、空間が歪む、時間が歪むといった相対性理論にも関わることなのですが、私たちは、日常においても、ダンスにおいても、それを十分感じているように思います。自身とモノとの関係、モノとモノとの関係は、互いが静止していても、その間は、決して止まっていない、常に動きがあるのではないかと。モノを触る、持つといった動作を考えてみても、何かの存在感を感じ、距離を測り、そこを抜ける、それに届かせる感覚が生まれると思うのです。質量感や存在感と同時に、モノと身体との関係よって生じる、「ある種の事件」が、この作品では題材になっています。

02_mass_ToshihiroShimizu.jpg
白井 剛「質量, slide ,& .」(2004) photo: Toshihiro Shimizu

ダンス作品「質量, slide ,& .」を映像作品に再構成したわけですが、ダンスと映像という異なる表現形態については、それぞれ、どのように感じていますか?

やはり、舞台で表現する人は、映像にされるのを嫌がる場合も多くあると思います。その感覚は、僕自身にもあります。やはり、ライブで見ないと分からない、伝わらないことも多いし、ただ単純に、自分で自分の姿を見たり、自分で自分の声を聞いたりすると、気持ち悪い感じもありますよね。だから、ダンスを記録され、それを見られるということにも、抵抗をもってしまうのです。それは、ひとつの言い訳かもしれませんけど…(笑)。でも、舞台表現には、舞台なりのメソッドがそこにある。観客の前で踊るのと、誰もいないリハーサルスタジオで踊ることには、やはり違いも出てきます。ダンサーや演出家は、観客がいて、生の時間のなかで、距離や移動などを構成しています。例えば、観客に近づくのか、引いていくのか、どこまで近づいて振り返ると印象的なのかなど、空間の中での経験上の勘を頼りに作品をつくっています。やはり、そういうのは、映像では伝わらないのですよね。
ただ、同じように、映像じゃないと伝えられないこともあります。その違いをちゃんと理解して、映像だから伝わること、その方法を、振付家やダンサーが経験的に学んでいかないと、良い映像作品はできないんじゃないかと思うのです。舞台をそのまま収録したものだったら、生で見た方が、やはり面白い。舞台を映像にするときに、撮影する人だけでなく、振付家自身も、映像だったら何が伝わるのかを勘として知っていかないと発展しないと思うのです。そこを勉強していきたいとずっと思っていました。

03_day2_12.jpg
「質量, slide ,& . in frames」(2011、YCAM委嘱作品)

映像作品「質量, slide ,& . in frames」では、出演とともに、実際に撮影や編集、加工なども手掛けられてますが、映像表現はこれまでもされている、もしくは、興味があったかなど、教えてください。

映像制作は、舞台で使うものを含め、これまでにも経験がありました。ダンスを始めたのと、映像を制作し始めたのは、ほぼ同時期です。ビデオカメラが普及した頃には、ハンディカムで、自分の踊りやほかのダンサー、風景なんかも撮影し、ざくざくつくるということを繰り返していました。当時は、そういうのが流行っていたし、そういう発想が生まれていた時期でもあります。同時に、DVDの普及などで、優れた映像作品を見ることができるようになりました。そうなってくると、映像作品をつくろうと撮影してみたところで、自分でできる範囲のクオリティには、すでに満足できなくなっていました。新鮮味を感じなくなっていたんですよね。
でも、マイケル・ジャクソンの没後、昔のPVが大量に放映されたとき、漠然と「ダンスを映像で見る」ということを大きく意識しました。自分のダンスを始めたきっかけに、中学校や高校生の頃にテレビの深夜番組で見ていた映像が影響していることも思い出しました。亡くなった後に、その姿を見ることができるという点でも、「映像で見る」ことの貴重さを改めて感じる出来事でした。他にも、現在はYouTubeで、フォーサイスやピナ・バウシュまで様々な映像に出会えますよね。以前より、映像を介していろんな情報に触れる機会が増えたし、偏った情報だけでなく、受け手が自ら情報を選択できる。そして、意識せずに、たまたま影響力のある情報に出会える可能性も大きくなっている。そうした環境を考えたとき、自分の映像作品をつくりたい、残したい、という思いは、常々大きくなっていきました。

撮影し、ご自身で編集作業に取り組んでみて、いかがでしたか?

映像となる画を想像して、それをカメラの前で踊ってみるというのは、やはり身体が追いつけないですね。踊ると疲れるし、ある意味、満足する。それでいい場合もあるけど、しばらくたって映像を見ると、「こうしておけばよかった」というのは多くあります。カメラアングルや照明とか、色々と気付く点が出てくるのです。撮影現場でのコミュニケーションについても、初めてのことが多かったです。どういう指示を出せば何が伝わるとか、どこまで指示するべきなのか、どうやったら共有できるのかとか。舞台作品の制作現場で人と関わることには慣れてきてはいるのですが、撮影の現場では、感覚として慣れていないことが多くありました。
編集作業では、ダンスの「間(ま)」がとにかく気になりました。今回の作品では、モノがあるから、それとの関わりのなかで、踊りのリズムは少しは成立しています。でも映像で見ると、何に向けて踊りがあるのかわからない瞬間とか、「間」が短かったり、長過ぎる部分もあります。お客さんがいたら違いますよね。そういった部分をカットしたり、スピードを調整したりしていくうちに、もう一度振り付け直しているような、そんな印象があります。そういった作業は、舞台で、ダンサーに振付けをしているような感覚に似ていますね。

04_shirai_videodance.jpg
「質量, slide ,& . in frames」(2011、YCAM委嘱作品)

昨年8月にはYCAMのワークショップ「surround garden」にて「音と身体」の関係性について追求するワークショップの講師も務められています。今後取り組んでみたい活動、テーマなどありますか?

ワークショップの講師は、つくることとか、踊ることとは違う、アイディア、労力、勇気が必要です。ワークショップ専門の振付家がいても良いくらい…。200人の観客を前に踊るのと、10人のワークショップ参加者と顔を付き合わせてやるのに、どっちが負荷があるかというと、比べられない。ワークショップに「発表」などを求められると、プログラムの組み方も変わってきます。常にワークショップは、僕にとっても勉強にもなるし、楽しい現場ですね。
今回の映像作品は、今後もインスタレーションへの展開などもありえるのかな、と考えています。まだまだ具体的ではありませんが、美術とダンスとの関わりにもっと意識的になることで、振付やダンスによる映像作品へのアプローチが、さらに広がるよう活動をしていきたいと思っています。また、今回の作品制作で、カメラへの興味も深まりましたね。とくにダンスにとっては、映像よりも写真のほうが、身体的なリアリティが伝わりやすい部分もあると思います。そういった点を踏まえながら、インスタレーション、映像、写真などと、ダンスとの関わりを今後も探っていければ、と思っています。

白井 剛×YCAM ビデオダンス制作プロジェクト
「Choreography filmed: 5days of movement」

http://c-filmed.ycam.jp

山口情報芸術センター
開館時間:10:00〜20:00 (イベント開催時は22:00閉館)
休館日:火曜日(火曜日が祝日の場合は翌日)、年末年始(12/29-1/3)
住所:山口県山口市中園町7-7
TEL:083-901-2222

Text: Fumi Hirota

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
スティーブ・ベイカー
MoMA STORE