渡邊希

PEOPLEText: Mariko Takei

素材から発想を得て空間にアプローチするアーティスト。

nozomiwatanabe

黒く光沢のある色を指す言葉「漆黒」。その言葉の原点となっている「漆」を素材に、まさに「漆黒」の世界を展開する漆造形作家の渡邊希(わたなべ・のぞみ)。艶のある漆を巧みに使い、その鏡のような表面に周りの世界を映し出し、“内”と“外”の空間を曖昧にする。そんな彼女のつくり出す内側の世界を覗いてみた。

出身地である札幌には2年前に戻ってきたそうですね。

大学と大学院が山形で6年間過ごし、卒業してから2年間青森で過ごしてから札幌に戻ってきました。青森は、職人の街ということもあってか、若手を育てるための地元愛が強いところで、そういうスタイルを見ていたら、地元を大事にしなくてはいけない、地元で知ってもらわないと、どこにも通用しないな、という思いがあり、初個展は札幌で行うことに決めました。2008年8月に高校の卒業制作展を行った同じ場所の大丸藤井セントラルで開きました。

いつくらいから芸術的なことに興味があったのですか?

小さい頃からですね。母が毎年、年3回くらいは写生会に行っていたので同行して絵をよく描いていました。もともと内気で絵ばかり描いているような子供で、絵がきっかけで友達ができたり、学校でも先生が絵を教室にはってくれたりしたのが、嬉しかったのを覚えています。

高校では、絵を描いたり、陶芸をやったり、美術一色でした。大学でももっと美術をやりたいと思うようになったのですが、当時札幌には美術専門の大学がなかったので、北海道から一番近いところならと親の承諾を得て、山形にある東北芸術工科大学に入学しました。

渡邊希

「漆」と出会ったきっかけは何でしたか?

大学で陶芸を学ぼうと思って工芸科に入ったのですが、金属、染色、陶芸、漆と選択肢が更にあったのです。1年生のときに一通り体験するのですが、その時に漆が塗り物ではなく乾漆技法をはじめて知り、かぶれは恐怖でしたが、かぶれてもいいと決意したくらい、漆という素材の力に魅了されました。漆の作業が先生にべた褒めされ、背中を押されたというのもありましたが(笑)。

作品は、麻布で形を作って漆で張り合わせてつくっているのですが、漆という素材が形になるというのに興味をもって、塗料ではない力という、漆自体が芯になることを面白いと思って漆を続けるようになりました。あと、型に麻布を貼り重ねてその型を抜くのですが、型を抜くとその内側に自分の意図していない形があったりするのが面白くて。それも漆にしようと決めた理由のひとつです。

渡邊希
「MASK」(2010)北海道立体表現展’10展示風景

ちょうど6月6日まで北海道立近代美術館で行われた「北海道立体表現展’10」で新作を展示していましたね。

展示したのは、新作「MASK」(2010)です。約4mも横幅があり、かなり大きな作品になりました。窓のある部屋で展示したのですが、日中と夜の見え方は全く表情が違うのです。とても晴れた日の昼は、ガラス越しに映る庭のグリーンが鮮明に作品に映り込みます。夜は、白い壁の反射光を使って、反対側にほんの少しだけ光を落としています。夜のライトアップでは真っ青に見えました。

作品は、麻布と、その目の荒さを埋めていく作用のある地の粉と漆を混ぜたものを使用した「乾漆」(かんしつ)という伝統技法を使っています。石膏で型を作ったものに、土と漆を混ぜたもので麻布を何枚も貼り重ねていくというものです。乾漆技法は、日本では奈良時代に仏像を作るために生まれた技術で、漆は(木と比べると)細密なこともできるのと、軽いというのが特徴です。

他の伝統技法でいうと、青森で技術習得した「津軽塗」という技法を取り入れた作品もあります。津軽塗の原点とみたいなもので、「変わり塗」といって、スタンプ状に模様を描いて、その上に何層も漆を塗り重ねて、いろいろな色を塗っていき、平らに研いでいくと模様がでてくるという技術です。

渡邊希
「スロウレイン」(2007)乾漆(漆、麻布、地の粉)

スロウレイン」(2007)は、津軽塗の一つで「紋紗」(もんしゃ)という技法を使っています。私が、基本から少しデザイン等、表現を重ねて「紋紗塗」(もんしゃぬり)をアレンジした作品で、お米の籾殻を炭にしてその粉末を撒いています。お米の場合は天然なので、縦とか四角とか三角とか顕微鏡で見ると色々な粒子になっていて、それが不思議な乱反射を起こします。江戸時代には家紋が描かれていた技術です。津軽塗は目玉模様が有名ですが、この作品は、少しでも現代的に身近に感じてもらえるかなと思った一つの提案で、津軽塗の職人の元で学んでいた時期に制作しました。

渡邊希
「Humpty Dumpty」(2008)乾漆(漆、麻布、地の粉)

漆という素材から発想を得て空間にアプローチすることをコンセプトに作品をつくっているそうですが、どのようなアプローチを試みているのでしょう?

素材そのものだけでなく、これまでの行程もそうです。陶器などがなく、漆がメジャーだった昔の時代には、漆が固まる性質を見て接着剤として使ったり、水を吸い込まないことを発見して器に塗ってみたりというように、日常の中で使われてきた素材の力みたいなものを、作品を通して、もっと色々な人に知ってもらえたらという想いがあります。

私は顔料を使わず漆に鉄分を加えることで科学反応を起こさせて黒くして使っています。そうしてできる黒い艶の塗膜は、他では出せない深い黒だというのが自分で分かっているので。そして漆の肌に光沢やマットなど、サーフェイスの仕上げで、映える形をつくっています。光沢の場合は、鏡面に仕上げることで、物の形と空間の境界線がぼやけるのです。漆で何層も塗っている作品自体にも、その奥行きが自然と外側に出てきます。

この点では、「Humpty Dumpty」(2008)が好例です。鏡面が反射し合いすぎて、作品と空間に境目がないような、境界線が曖昧すぎて、触ろうとしてもどこが表面かわからない。触ろうとして、触れなかったり、触れないようにして、触ってしまったり、という錯覚に陥るという効果が生まれる、その素材の特徴を活かして、それを自分のコンセプトに重ね合わせてというのをテーマに作品づくりをしています。

そして、更に奥の世界がありそうに見える。私は別に巨大な作品が作りたくて大きいサイズの作品を作っているわけではありません。漆の持つ艶の吸い込まれる感じを見てもらいたいと思ったら、奥は見えないけれど、触ったらあちら側にも同じものがありそうだ、といったことを人に想像してもらいたいため、こういう作風になっています。お椀など用途のあるものだと、そちらの方に意識がいってしまいますので。

渡邊希
「secret」(2004)乾漆(漆、麻布、地の粉)

内と外、表と裏、というような対極する2面性にも興味を持っているのですね。

まず、見る人に、境界があるのにないような、何か奥にあるような、内側に入り込んでいくような、そういう感覚に陥ってほしいという想いがあります。それは、「secret」(2004)のような透かし造形の作品でも展開しています。これは雪の上で撮影したもので、漆の艶の部分に空を映しているのですが、何か立体に窓みたいな透かしがあることで、人は自然に中を覗くという行為が生まれることに面白さを感じます。

渡邊希
「secret」(2004)detail, 乾漆(漆、麻布、地の粉)

「secret」には、実際に中を覗くと3つくらいの球体があります。この作品を覗くと、表層の透かしの影が中の球体に映って模様のように見えるのです。私の作品に、透かし技法を取り入れたものと、そうでないものがありますが、基本はどちらも同じコンセプトでつくっています。

渡邊希
「ドロシー」(2005)/ ギャラリー門馬ANNEX「渡邊希展 – うるし恋しなまめかし-」展示風景

作品に、黒と赤を使っているその理由は何ですか?

黒は、私が無になれる、そして、人が色に惑わされないで見ることのできる色だということです。吸い込まれることに集中してくれる色だというのが大きな理由です。鉄分の科学反応で黒くなるその力というのは、絶対に他では作れない黒だから。

赤は、宗教的な意味合いというか、お祭りとか葬儀とか鳥居とか、人に「魔」的な印象を与えるのと、逆に元気になったり、盛り上げたりという、興奮の色だと思うから、象徴的なものを作りたい時は赤を使います。札幌のギャラリー門馬ANNEXで展示した「ドロシー」(2005)という作品は、この空間での展示の為に作った作品なのですが、全く艶がなく、森を覗かせようという意識を赤で引きつける、「門」のような感じのイメージがあり、この作品には、赤を使っています。
赤の作品では、鏡のように見える表現は追っていなくて、漆の中に赤い顔料を使っているので、漆に不純物がはいるのです。色鮮やかにはなりますが、吸い込まれる奥行きというのとは、また違うものになります。

女こゝろ
「女こゝろ」(2009)乾漆(漆、麻布、地の粉)

女こゝろ」(2009)は、赤黒それぞれマットと艶の2種類があるのですが、マットの方が自然光で形が変わるというのが生きていて、艶の方は、目の前に立つといろんな自分を映り込む効果が強いです。この作品は、一枚の板から、ちょこっとだけ出っ張りがある作品で、24時間日が射す方向が変わる度に違う形に見えるという、女の人みたいですよね。

渡邊希
「skin」(2005)乾漆(漆、麻布、地の粉)

作品をつくる上でインスピレーションになっているものはありますか?

例えば「skin」(2005)だと、自然なものを形に固めたいと思うから、カーテンとか。カーテンの揺れているのが美しいと思うから、「今の揺れいいね。固めたい!」っていうのがあります。あと、人が着ている服があって、でも人がいない服だけの状態で、だけど人が入っているふうに見えるその形とか。そういうのが面白くて、固めてみたいと思うのです。

今後、どんな作品を制作してみたいですか?

真っ黒な空間で展示してみたいです。少しだけ照明で照らして、床一面に、北海道ならラベンダーや、白いバラ、白い花などで、作品の見え方を変えるというようなインスタレーションをしようと思っています。
あと、今は艶やマットのシリーズを展開していますが、これからは、どんどん朽ちていく表現がしてみたいです。お花とかも枯れていくところに美しさを感じるのですが、滅びていく美しさというというか。漆も紫外線に当てると劣化して、透明感がなくなり曇っていくのです。漆は酸にもアルカリにも強いのですが、紫外線にだけは弱いのです。後世生き残って土の中に還っていくためにある、自然の条件なのですね。それを利用したインスタレーションをしてみたいです。

今後の展覧会予定は?

今秋に7つくらい展示の予定があります。9月始めに上海の美術館で展示がある他、10月に会津の芸術祭で日本の漆造形作家が集まって作品を展示します。あとカナダや札幌、来年にはロンドンやニューヨークでも展示を行います。

Text: Mariko Takei

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE