コンタクト・ゴンゾ

PEOPLEText: Mariko Takei

格闘技を思わせるスリリングなパフォーマンスを繰り広げることで、国内外から多くの注目を集めているパフォーマンスグループ「コンタクト・ゴンゾ(contact Gonzo)」。2006年のグループ結成以来、コンタクト・ゴンゾは、グループ名として、その活動メソッドとして、自在に変化を遂げながら、国内外のあらゆる空間で即興的な身体の接触を展開している。5月15、16日に山口情報芸術センター[YCAM]で開催される「YCAMパフォーマンス・ラウンジ」でのパフォーマンスを控えたメンバーの塚原悠也氏にインタビューした。

01_w.jpg
Photo: Toda Yoichi

メンバー構成含め自己紹介をお願いします。

コンタクト・ゴンゾ。現在、三ヶ尻敬悟、加藤至、金井悠、塚原悠也という4人で活動を展開しています。体と体をぶつけあうパフォーマンスを軸に、撮影された映像や写真を使っていろいろ遊んでいます。
はじまりは、2006年です。僕(塚原)と、現在はフリーのダンサーとして活動している垣尾優との二人ではじめました。実際にメソッドとしてのコンタクト・ゴンゾらしきものを始めるまでは、この二人で巨大な坂を転げたり、落ち葉をキャッチするなどの行為を撮影したり、六甲山の垂直の岩場を必死に登ったり、あげく遭難しかけたりしていました。最近は、この映像のように、コンクリートの坂を落ちたりもしています。これまでの、コンタクト・ゴンゾとしての活動は、簡単にですが、ウェブサイトでも紹介しています。

一見すると殴り合いのようなパフォーマンスなど個性的な活動が話題ですが、これまでに、どのような活動をされてきましたか?

ほんとうに場当たり的な活動なんです。手当たり次第に、電話ボックスから飛び降りたり雪山で槍投げのトレーニングをしたり、ちょっとイタズラしたりもします。

02_w.jpg

コンタクト・ゴンゾという身体表現を展開するようになった経緯を教えて下さい。

垣尾優が「公園で接触を試そう」と誘ってきたのが直接的な始まりです。僕自身はずっとサッカーをしていて、体がぶつかったり吹っ飛んだりすることに興味がありました。
垣尾は武術マニアである側面もあったので「月刊秘伝」という雑誌を立ち読みしてそれを公園で試したりしてましたね。そのころ、僕はロシアに「システマ」というものがあるらしいとのことで、よくその動画を研究して、夜中に公園で垣尾に報告していました。そうして二人で試した中でできあがった何かしらに「コンタクト・ゴンゾ」と名付けました。身体表現そのものへの興味は「それが誰の手にも入らない」ということにあります。

03_w.jpg
Photo: Toda Yoichi

パフォーマンスはすべて即興ですか?何かルールみたいなものは設定されているのでしょうか?また、パフォーマーの身体の接触という身体表現を殴り合いのようなカタチで表現するようになったのはなぜですか?

パフォーマンスは全て即興です。基本的には始まってからどないしたろうか、考えますね。思いつかないときはストレッチしてる振りをして待ちます。いずれにしても誰かとぶつかり始めたら、自ずと波が形成されてきます。ルールがあるとすれば「顔面を拳で殴らない」ということでしょうか。予想外のことが起こっても、その事実をそのまま認識できるような「瞬発力のある脳」があることを願っています。

と、ここまで答えてきて、「予想/予想外とは何か」ということが問題なのかな、と自問し始めてきました。間違いの起こし方や、進化におけるエラーの役割等をもっと研究したいです。人が出来事を出来事として認識する仕組みの解明というのか。物理現象は本来人間に対してとてもクールなものでもあります。出来事とは人間にとってのことでしかありません。
そのへんにこの質問への回答の兆しがあるのではないかと思いますが、ここから先は言葉にするのにまだもう少し時間がかかりそうです。

poster_pl5_ycam-h380.jpg
AD:加藤賢策(東京ピストル)

5月15日と16日にYCAMにてパフォーマンスをされますが、音や空間のインスタレーションを手掛けるアーティストの梅田哲也氏とコラボレーションされるそうですね。その内容をご紹介いただけますか?

ゴールデンウィークに一緒にツアーをして爆竹や発煙筒で遊んでいました。梅田哲也氏からは『ぼくハンマー投げするわ』とだけ、聞いています。

他にも最近ですと宇治野宗輝氏とのコラボレーションなど、音を通じた活動をされているアーティストの方と一緒にパフォーマンスをしている印象があります。実際にはコラボレーションされるアーティストにはどういった方が多いのですか?また、コラボレーションする相手により、表現される方法(内容)にどのような違いがありますか?逆に、共通していることはありますか?

いろいろな人たちと一緒に活動をするようになったのは最近のことです。
というのも、僕たち自身もメソッドとしては途上にあるので、とりあえずは自分たちの軸を作る必要があると思います。ここ3年間くらいは、本当にシンプルな了解事項を確認し、新たに合流した仲間にそれを伝えるという作業をしていました。「打ち合わせのふりして飲んでるだけ。」と言われるかもしれませんが、実際はそういうことです。

最近、やっとそれを他の作家の仕事と接合させることができるのではないかと思い始めています。基本的には相手が何をしていようと、その人に惚れてしまったら何でも成り立つと思います。例えば、バンド「にせんねんもんだい」の姫野さやかさんの場合は、YouTubeで見て、その切実な動きに感銘を受けて一緒にやってくれるようお願いしました。なので、お客さんにもその動きを見てもらいたくて、舞台でやったときは、背中を客席に向けてもらっています。いつもと違うことは「何を見せたいのか」という必然的な要請であると言えます。

大工の白藤垂人氏には「六本木クロッシング」での構造体などのデザインや施工をお願いしています。白藤さんは長屋などが解体されたときに出る古材を使って、大阪でお店などを作っていますが、その方法やスタンスはとても牧歌的であり、それ故に都市においてはときに叛乱的であったりもします。

パフォーマンスだけはなく、例えばコンタクト・ゴンゾの雑誌も作ったのですが、これは甲斐賢治さんなどに手伝ってもらっています。編集するということに関してとても共感できる考えをお持ちなのでお願いしました。先日も(大阪旋風プロジェクトが発行する)「インタビューズ」という、コンタクト・ゴンゾのインタビューを掲載してもらったフリーペーパーを大阪で編集されましたが、とても現代的な「朴訥ネス」を含んだ編集になっていてかっこ良かったです。
コラボレーターとして共通しているのは多分みんな「おいしいものが好き」ということだと感じています。「好き」というよりもおいしいものがどこにあるかちゃんと知ってるって感じですかね。

05_w.jpg

表現する際に、身体以外に他に必要な素材や道具、要素などはありますか?

これがないといけない、というものはありませんが、インスタントカメラやペットボトルをよく使います。最近は、インスタントカメラが入ってるビニール袋もパフォーマンス中に投げたりしますが、そのふわふわした動きに一瞬、癒されています。すぐまた殴られるんですが。
あ、でも一番必要なのは睡眠かもしれません(…zzz)。

06_w.jpg

世界各地の旅先でコンタクト・ゴンゾを行う作品「project-MINIMA MORALIA」では、「吉原治良賞記念アートプロジェクト2008」で大賞を受賞されています。美術作家としての活動についても教えて頂けますか?また、メンバーそれぞれが美術の領域で行っている個人的な活動もあれば教えて下さい。

(…むくっと起きて、)「コンテンポラリー・ダンス」と呼ばれている分野で仕事をしていましたが、自分たちがやろうとしていることを考えるとこっちの領域の方が動きやすいだろうと思い、それで「吉原治良賞記念アートプロジェクト2008」に応募しました。本来そういったジャンル的なことはどうでもいいと思ってもいますが、実際に活動は広がりましたね。

「project-MINIMA MORALIA」と名を付けたプロジェクトでは、始めに「シェルター」というキーワードを元にフィンランドへ行き、ヘルシンキの地下空間に広がる核シェルターと、北極圏まで行ってキャンプを張り自然のシェルターである森で撮影をしました。こうして撮影した素材を美術展等で使用しています。
その後、南京トリエンナーレやプラットフォーム・ソウルなどに参加させてもらって、さらに様々なサイトの映像を撮影することができました。核シェルターの映像を含め、そういった映像を六本木クロッシングの展示に組み込んでいます。今、狙っているのはモスクワの地下鉄の駅(「中央」から放射状にのびる地下鉄の各駅は豪華な装飾を施されているらしい)や、ブラジリアのオスカーニーマイヤーの建築群など、多くの人々の共同幻想を巻き込んだ象徴的なサイトです。
メンバーの加藤と金井は京都精華大学でそれぞれ染色と陶芸を学んでいたので、その方面でも自分たちの活動は行っています。

森美術館で開催中の六本木クロッシングでの出展作品についても教えてください。

コンタクト・ゴンゾという方法論の「都市」というものの解釈です。僕たちが「都市」を生きるための視野、その総体のプロローグです。

パフォーマンスする上で、インスピレーションを受けているものがあれば教えて下さい。

散歩ですね。それから気象現象。ほかには街を歩いている人々の顔つきや匂い、服装、姿勢、体つき、言動。あとは、ナイスな○○○○ですね。

好きな音楽/ミュージシャンを教えて下さい。また、コラボレーションしてみたいミュージシャンやアーティストがいれば教えて頂けますか?

誰とでもいいので、今思いつかないくらいに不可解な仕事をやりたいです。とても大きなものが崩れていく景色を見てみたい、というか関わりたいです。そういったものそのものになりたいです。

今後挑戦してみたいことがあれば教えて下さい。

ドリフト走行、です。

快快「Y時のはなし」 + コンタクト・ゴンゾ パフォーマンス
日時:2010年5月15日(土)19:00 開演、16日(日)14:00 開演
※コンタクト・ゴンゾによるパフォーマンスは開演の30分前より開始。
会場:山口情報芸術センター
料金:当日2,500円/前売2,000円、any会員・特別割引1,700円、25歳以下1,500円
※全席自由/コンタクト・ゴンゾ パフォーマンスは無料
http://www.ycam.jp

Text: Mariko Takei

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE