河地貢士

PEOPLEText: Mariko Takei

よくわからないけど何だかいい感じ? “スナック菓子時代”のアーティスト

マンガやスナック菓子など、日本人に馴染みのあるモノを素材に作品を創作してきた河地貢士。彼が日常的に目にするモノに着目して作り上げる新たな世界は、コミカルな表現で溢れ見る者の笑いを誘う。今回、SHIFT4月号のカバーを手がけてくれた注目の作家は、4月1日から「うまい棒」で創作した作品の展覧会「うまい仏〜THE SNACK AGE〜」で新作を発表する。

kawachi-photo.jpg

自己紹介をお願いします。

河地貢士(かわち・こうし)です。儒教の「孔子」とB’zの「稲葉浩志」と同じ名前です。岐阜県多治見市出身。東京都在住です。

現在、現代アーティストとしても活動していらっしゃいますが、これまでに至る活動の経緯を教えていただけますか?

大学は名古屋芸大で、デザイン科の造形実験コースを専攻してました。ここはデザイン科なのに現代美術的なことをする特殊な所でした。ちなみに僕の卒業制作は「名古屋芸術大学卒業制作展対策本部」というもので、会場の美術館内に体育祭などで使われるテントを張って、長机とパイプ椅子とお茶と灰皿と昨年までの卒業制作で制作された作品の資料を配して、無人の対策本部を展示しました。

就職はMacが多少使えたので、東京のデザイン会社に就職しました。この会社は3ヶ月で退職。次を探している途中に「WIRED(日本版)」(現在は廃刊)でイラストを描いてたりしました。その後、YMOなどのアートディレクションで有名な奥村靫正氏の事務所「THE STUDIO Tokyo Japan(現TSTJ)」に入社。入社早々まかされた仕事は、村上隆の個展のフライヤーでした。

数年の修行の後に独立。書籍やCDや広告などのいわゆるグラフィック系のアートディレクション、デザイン、イラストを生業として忙しい日々を過ごしていました。そんな中、3年ほど前のことですが、祖父が亡くなりました。身近な人の死を初めて体験して「人には本当に終わりがあるんだな」ということを実感しました。この直後に制作した作品が、うまい棒を仏像に彫った「うまい仏」でした。それまでは忙しい仕事の合間をぬって細々と作品を作っていたのですが、これを境に現代美術作家としての活動に力を入れはじめました。

日常ありふれているものを利用してアート作品を手掛けていますが、いくつかご紹介頂けますか?

僕は僕の身近なものを使って作品を作っています。それはその方が説得力のある作品ができるのではないかと考えてのことです。なので「日常ありふれているもの」という表現は少し意味合いが違ってきます。例えば、アフリカや南極だったら「日常ありふれているもの」は違ってくると思うので。

umaibatsu

うまい仏
うまい棒を円空仏風に彫刻した作品です。

107umaibutsu.jpg

百七体旨仏像(充分)
うまい仏が、煩悩の数の108まで1体足りない107体集合したものです。

Embalming~Potato%20Chips~.jpg

Embalming 〜Potato Chip〜
割れたポテトチップスを伝統技法である「金継ぎ」で再生させた作品。Embalming(エンバーミング)とは死体を保全する処置のことをいいます。事故などでバラバラになった身体とかをつなぎ合わせて元の状態に復元したりすることです。

Embalming~Baby%20Star~.jpg

Embalming 〜Baby Star〜
ベビースターラーメンの1袋分をつなぎ合わせた作品。上のポテトチップスの作品と同シリーズです。額装してあるので壁に展示可能です。

Top%20of%20the%20world_2.jpg

Top of the world(ポテ拓)
ポテトチップス1袋の中で一番大きいポテトチップスを魚拓ならぬ、ポテ拓にとる作品。ポテトチップスは成型のもではなく、ジャガイモをそのままカットしてある種類のものを使用します。メーカー名、販売店名、大きさ、重さ、日付が記載してあります。

今回、金沢にある「G-WING’Sギャラリー」内のアートスペース「パラ:サイト」で、個展「うまい仏〜THE SNACK AGE〜」を開催するそうですね。コンセプトや展示内容を教えて下さい。

タイトルにある「THE SNACK AGE(ザ・スナック・エイジ)」は「スナック菓子時代」という意味です。「軽薄で、モロくて、不健康。まさにこの世はスナック菓子そのものやん」と感じたところからそうしました。
今展示では、過去作から新作までのスナック菓子を素材にした作品シリーズを、15作品ほど展示予定です。上記写真の作品も含め、制作後3年を経過した「百七体旨仏像(充分)」や「うまい仏」のパフォーマンス映像などを展示します。

うまい棒で仏様をつくるというアイディアはどのようにして生まれたのですか?

この作品は祖父の死の直後に制作しました。初めて親族として葬式に関わったことで、仏教、宗教ということに強く影響を受けた時期でした。
江戸時代の僧の円空が彫った仏像で「円空仏」というものがあります。円空は修行の旅でお世話になった家々に、お礼として仏像を彫っていました。その円空仏の多くは仏壇に飾られることなく、子供のオモチャとして扱われて、ボロボロになっていたりしたそうです。他の仏像とは全く違うフレンドリーな仏像に非常に感銘を受けました。円空は“棒切れ”に仏像を彫って、子供にオモチャにされました。僕は子供の大好きな駄菓子“うまい棒”に仏像を彫刻しました。

Snack%20Diamond%20Ling.jpg
新作「Snack Diamond Ring – For the Love of Now」/ pARa:siTe / a ring of Poteko with 8 diamonds

スナック菓子に着目したのはなぜですか?また、スナック菓子の王道とも言える、ポテトチップス、ベビースター、うまい棒をセレクトした理由は特にありますか?この3種類以外にも注目しているお菓子があれば教えて下さい。

スナック菓子を使ったのは、石や木や金属といった素材より「“ため口”な表現ができるのでは」と考えたからです。あとは、明るく奔放な存在感に魅力を感じました。
ポテトチップス、ベビースター、うまい棒をセレクトした理由は、おっしゃる通りの王道だから。スナック菓子の代名詞的存在であることが重要でした。
注目しているお菓子は「ハッピーターン」ですかね。かなりの潜在能力を持っていると思います。

mf01.jpg
「まんが農業」2009 / Comic book, Seeds (Radish sprout), Water, Sun, Air

コミック雑誌を利用して植物を育てる作品「まんが農業」について教えて下さい。

僕は美術作家なので、漫画で野菜を栽培してみました。
苗床の漫画に水を充分に含ませて、別で発芽させておいた苗を好きなページの間に挟みます。漫画と水で野菜を栽培するという作品です。

ほうれん草や人参など色々な野菜を試してみたのですが、根づいて成長したのはカイワレ大根ぐらいでした。結局のところ、ひょろひょろと成長するカイワレ大根が漫画には一番合っていたように思います。

mf11.jpg
「まんが農業」2009 / 名古屋松坂屋 / Comic book, Seeds (Radish sprout), Water, Sun, Air

苗床の漫画の内容まで吸って成長してるように見えるところ、あまり成長しすぎると自分自身の重さで倒れてしまうところなど、なんとも魅力的な作品に仕上がりました。
この作品でもそうですけど「よくわからないけど何だかいい感じ」というモノをつくっていけたらいいですね。

作品をつくる上で、インスピレーションは何から得ていますか?

部屋の隅に溜まったホコリ、晩ご飯のにおい、猫の肉球の感触など、自分の周りのあらゆるモノやコト。

今回手掛けて頂いたSHIFTカバーについてご紹介ください。どのようなアイデアをもとに制作されましたか?

作品タイトルは「OASIS(オアシス)」。このカバーのために制作した作品です。「ポテトチップス[のり塩]」のポテトチップス一枚についている青海苔を一カ所に集めました。限りある緑、環境保護へのメッセージを込めました。

今後、挑戦してみたいことなどあれば教えて下さい。

「ハッピーターン」に挑戦してみたいと思います。(笑)
あとは「まんが農業」の時は植物でしたが、その他の自然と絡んだ作品にも挑戦したいですね。

うまい仏〜the snack age〜
会期:2010年4月1日(木)〜16日(金)会期中無休
時間:9:00〜17:00
オープニングレセプション:4月3日18:00〜20:00
会場:pARa:siTe(パラ:サイト)
住所:石川県金沢市松寺町子24番地1
TEL:076-238-0788(G-WING’Sギャラリー内)
http://shiryokuen.com/parasite.htm

Text: Mariko Takei

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
スティーヴン・チータム
MoMA STORE