NIKE 公式オンラインストア

サンド・フェスティバル 2006

HAPPENINGText: Kat Lo

夏に差し掛かる6月のある土曜日、パラ・サイトの殺風景なギャラリースペースが、ボーダーを越えた音楽、アジア中から11のライブ、そして沢山のミュージック愛好家たちに、8時間に渡り埋め尽くされる。実験音楽をショーケースする香港初のフェスティバルとして、まず特筆すべきサンド・フェスティバルの特徴は、ある4人の友人の物語と、ホワイト・ノイズ・レコーズという名の場所にある。

香港では数少ないセレクトショップにあるホワイト・ノイズ・レコーズは、場所であると同時にアイディアである。この銅羅湾に位置する控えめなビルの2階にあるレコードショップの隠れ家を、明白な必需品、魂への燃料としている者たちがいる。主催者の一人、ウィルソン・リーはこの店に約週1回足を運ぶ。『もし他の音楽を探す気がないなら、「広東ポップ」はどこにでもあるよ。』と彼は言う。

同じ経験を共有する他のフェスティバル主催者達もそれに同意する。何百万もの香港人と同じように、ウィルソン、ジョージ・チャク、エノク・クワン、ギャリー・レオンの4人も広東ポップスのコンスタントな波に囲まれて育った。幸いにも、この時のラジオが今はファンサイトやファックスでのメールオーダーに発展している。ワイア・マガジンや、MP3のファイルシェアが出てきた時、彼らは広東ポップから派生した沢山の道を行き来することができるようになった。パール・ジャム、レディオヘッド、ポストロック、メタル、ドローン、フリージャズなどだ。

エノクは『ハードディスクが爆発するまで何千もの曲をダウンロードするんだ!』と言う。このほぼ無限のダウンロードにも関わらず、新しい音楽を探すものにとってその方法オプションはもはやこれだけではない。『それはそれは沢山のスタイルがホワイト・ノイズで受け入れられているよ。』とウィルソンは言う。『僕はギターを弾くけど、ここではかつてギターを弾いていた人たちから色んな方法を見つける事ができる。可能性を感じることができる。』

この勢いはレコードやMP3だけでは終わらない。必然的に、新しい音楽への意欲はライブへと導く。『その頃はライブショーなんてほとんどなかった。コピーのビデオばかりでね。』ジョージが振り返る。しかし今は違う。すでに2年の間にホワイト・ノイズ・レコーズは、ドローン、チャンティング、オーガニックサウンドからパフォーマンスアートまで店内ライブを行っている。

ギャリーもまた、過去5年の香港にはインディーズの音楽シーンに成長が見られると語る。『手作りのCDを出す人が確実に増えているね。以前はここの人たちはミュージックに注目していなかったけど、今は一般の人やメディアにも意識されているよ。』そして、多くのミュージシャンが過去の音楽に踏み込み、アンダーグラウンドから流行のものまで何でもプラスにする事ができる、と加えた。

これが主催者達の目的の一つである。言わずとも、彼らは広東ポップスの主権に挑んでいて、しかし同時に野心的にインディーズロックのオルタナティブな本拠地を越えようとしている。このフェスティバルのアイディアは一つ、ローカルで実験的な音楽の発表の機会を提供したいという思いからなる。

一つ以上のスタイルを取り入れるために入念な選考をするジョージは、『ラップトップ音楽のライブが11なんてちょっと飽きるだろ。』とジョークを。すかさずウィルソンが『みんなには体験以上のことを得て欲しい。11のラップトップセットがエキサイティングだとしても、僕たちはボーダーを壊したいね。』ジョージはまた、エレクトロニック・ミュージックがラップトップによるものだけではないことも示したいとか。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
チーヤン・チェン
MoMA STORE