リヨン・ビエンナーレ 2009

HAPPENINGText: Kana Sunayama

不可能を可能にしたビエンナーレ。

第10回目を数える記念すべき今回のリヨン・ビエンナーレは、大御所キュレーター、カトリーヌ・ダヴィッドを筆頭に当初企画が進んでいたが、オープニングまで数ヶ月という時点で、カトリーヌ・ダヴィッドが突然キュレーターを辞任してしまったところから始まる。フランスを代表する国際展でもあるリヨン・ビエンナーレを中止、または延期をすることはできない。そこで 世界中に拡がるそのネットワークを駆使し、既に20以上のビエンナーレを手がけた経験を持つ、ホウ・ハンルウが選ばれた。彼が挑戦したポジションはカトリーヌ・ダヴィッドの後継者としてではなく、ほんの数ヶ月で国際現代アートビエンナーレを立ち上げるという、アート関係者が皆不可能だと心の中で感じていたことを、可能にすることに他ならなかった。

iwasaki.JPG
Takahiro Iwasaki – Reflection Model, 2001

日頃から都市空間における現代アートや文化政策の役割、パブリックとプライベートな空間の境界の在り方に興味を持つホウ・ハンルウは、サンフランシスコ在住の中国人キュレーターである。ハンス・ウルリッヒ・オブリストやダニエル・バーンバウムなどと肩を並べながら国際的に活躍する引っ張りだこの若手キュレーターの一人だ。彼は第10回リヨン・ビエンナーレを、ギイ・ドゥボールの「スペクタクルの社会」を喚起させる「日常のスペクタクル」と名付けた。

このテーマの元に展示された作品たちは、4つのチャプターに分けられ、各作品のキャプションにはチャプターの違いが色分けされた。

SalaG.JPG
Sarah Sze – Untitled (Portable Planetarium), 2009

一つ目は「モノの魔力」。
キッチュな東洋的モチーフがプリントされた壁紙で潜在的な出会いの空間を創り上げる作品で知られるマイケル・リンは、上海のある金物屋の商品を一店まるごと買い上げ、それらのオブジェを形、色、機能によって選り分け、アーカイブ化したものを、博物館に並ぶ作品のようにコンテナーごとにインスタレーションとして展示した。サラ・ジーはいつもどおり、日常生活で使用される様々なオブジェを組み合わせ、フラジールな偶然性を作品いっぱいに孕んだインスタレーション。

pedlo.JPG
Pedro Cabrita Reis – Les Dormeurs, 2009

その他には、鉄筋コンクリートの廃墟となっていた倉庫跡の800平米もの空間を利用してネオンのインスタレーションを見せたペドロ・カブリタ・レイス、 岩崎貴宏の繊細で詩的な感動を与えてくれる彫刻群などに、まさに「モノの魔力」を感じる。

DanPerjovschi.JPG
Dan Perjovschi – installation view

二つ目は「派生礼賛」。
このチャプターにはアデル・アブデセメムド、オリヴィエ・ヘリング、リン・イリン、HeHeなどのビデオや写真作品に見られるような、 私たちになじみ深いはずの街角で日常から脱線した不条理な事態が起こっているのにも関わらず、どこまでも他人事として驚きながら笑いながら眺める私たち観客の反応のどこかで、現実的な恐怖感を煽る展示や、ダン・ぺジョヴスキ独特の、壁一面にはられた黒板にチョークで毎日少しずつのメッセージが加えられていく直接的社会批判を面白おかしく見せる作品が印象的であった。

Sarkis.JPG
Sarkis – Le monde est illisible, mon coeur si, 2002

三つ目は「共に生きよう」。
このチャプターでは街という単位やあるコミュニティーに注目したカテリナ・セダやサルキスの作品が目を引いたが、最も衝撃的であったのは、アラン・ブルフィンの作品であった。 静かな住宅街の芝生の上で遊ぶ思春期の子供たちのうちの一人の女の子がカメラの前に直立し何か液体のようなものを頭からかぶる。彼女の兄か友人かの別の男の子が、彼女に何かを投げる。するとその女の子があっという間に炎上し、周りの子供たちがはしゃぎまくるというビデオ作品。 YouTubeにアップされていても不思議ではないような、携帯電話で撮影された画質の悪いホームビデオのように仕上げられていることが、より一層そのビデオの真実性を深めさせ、作品の前で足をとめた私たちは目をこすることになる。

MUNIR.JPG
mounir fatmi – Ghosting, 2009

最後に「もうひとつの世界は可能である」。
ムニール・ファトミのコピー機を占拠するかのように垂らされた黒く長い髪の毛のようなビデオテープや、陽江グループによるエキゾチックなサッカー賭博場のインスタレーションのように、それがたとえユートピアと呼ばれるものであったとしても、 現実社会をある視点から批判しながら、新しい社会秩序を持った世界を想像する可能性を与えてくれる作品がこのチャプターで展示されていた。

YangjiangGroup.JPG
Yangjiang Group – The Pine Garden-As Fierce As A Tiger, 2009

8ヶ月という超短期間での企画にも関わらず、60名近くのアーティストが招待され、半数以上の作品がこのビエンナーレとその展示サイトのために制作された。日常で発見するスペクタクルという発想に基づき、ホウ・ハンルウは現実生活とアートとの関係性に着眼し、ブルジョワジーの街としてのリヨンとその移民の多さや治安の悪さで有名な郊外の街と、このビエンナーレをリンクさせるために、アーティストたちに住民の生活の輪に入り込んでの創作を全面に押し出した。

フランスのアート界やメディアからは、「頭で見るアートばかりで目に訴えかけてくるものではない」「社会的モラルに即した作品ばかり」「社会の変化に対しての客観性と奥深い思考が足りない」などと叩かれることが多かった今回のビエンナーレであるが、リヨン・ビエンナーレの特徴とも言える、「中心」と「周縁」のアート、グローバリゼーションの中で境界線が良い意味でうやむやになってきている現代アーティストたちの位置や社会との関わり方などがホウ・ハンルウの観点でうまく引き出されていた。

彼自身が言及するように、「展覧会というものは目標ではない。多種多様なアイデアや論争が大衆に発表される舞台であるべきだ。」と考えるならば、このビエンナーレは偽善的で単純すぎると言われようが、その唯一無二の目的を果たしたことになるのではないだろうか。

第10回リヨン・ビエンナーレ
会期:2009年9月17日〜2010年1月3日
会場:リヨン現代美術館、スゥクリエール、ブルキアン財団、ビシャ倉庫跡

Text: Kana Sunayama
Photos: Kana Sunayama

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE