PPAF 2010

HAPPENINGText: Wakana Kawahito

10’年代に入り、映像表現はバーチャルの中でより一層リアルを求め、現実社会はより拡張されていく。そんな時代の中で、空間と時間の制約の元での表現は、前時代とは違った意味を持ちつつある。
ポストメインストリーム・パフォーミング・アーツ・フェスティバル(以下、PPAF)は、同時代の「メインストリーム」とされる舞台芸術作品に対し、「ポストメインストリーム」とみなされるアーティストたちの実験的、断片的、単独的なアプローチに着目している。そして、フェスティバルのあり方も、プロデューサーの一人、小沢康夫氏が『自分たちの場所を自分たちで一から作ること。それを大切にしている。』と語るところに現れている。

hm_l_kamp_lvv_04.jpg
ホテル・モダン「KAMP/収容所」Photo: Herman Helle

第一回目が2003年に始まり、そこで紹介した「PME」というカナダ・モントリオールのカンパニーによる「アンリハースド・ビューティ/他者の天才」にインスパイアされて「三月の5日間」(チェルフィッシュ)が生まれた。以後、3年おきに開かれているPPAFは、日本の舞台芸術シーンに影響を与えて続けてきた。そして、3回目である今回はベルギー、オランダ、イギリス、日本から全部で6作品が上演される。

small_needcompany.jpg
メゾンダールボネマ&ニードカンパニー「リッキーとロニーのバラッド」Photo: Maarten Vanden Abeele

これが日本初演となる「メゾンダールボネマ&ニードカンパニー」による「リッキーとロニーのバラッド」で、フェスティバルは幕を開けた。
“ポップオペラ”と名付けられたこの作品は、「メゾンダールボネマ」のハンス・ペター・ダールとアンナ・ソフィア・ポネマ演じる2人が、ポップロック調の曲をフラットな声で歌う、新しい“オペラ”。都会に住んでいる、現代によくいるタイプの夫婦が、各々の、そして2人のファンタジーを語り合うことで物語が進む。彼らのダイアローグは、次第に幻想世界へと逃避していき、それによってかえって現実を浮き彫りにする。

nd_l_MDB_3.jpg
メゾンダールボネマ&ニードカンパニー「リッキーとロニーのバラッド」Photo: Maarten Vanden Abeele

『ここでいうファンタジーとは、矛盾した社会における、セルフポートレートとしての意味を持つんだ。都会に住み、仕事を持ち、必要以上に都市を消費していく夫婦。そのような夫婦、東京にもいるだろう? そして、彼らは、人生をより楽しくて、良いものにしようと努力するんだけれども、どうしてか、それはおかしな方向にいってしまうんだ。』とハンスは言う。

この物語は、さらにもう一人の登場人物を加え、続編「Ricky and Ronny and Hundred Stars」として、2010年2月にブリュッセルで初演を迎える。

fe_l_SITS-1-300.jpg
フォースド・エンタテインメント「視覚は死にゆく者がはじめに失うであろう感覚」Photo: Hugo Glendinning

まだこれから、4カンパニー5作品の上演が予定されている。1984年にイギリス・シェフィールドで始まり、「イギリスで最高の前衛劇団」とも評されたことがあるフォースド・エンタテインメントによる「視覚は死にゆく者がはじめに失うであろう感覚」と「Quizzola!」。前者はすべてのことを言葉で定義しようとする、百科事典的なモノローグで、後者はあらかじめ用意された2000項目の質問に即興で答えていく、6時間に及ぶパフォーマンス作品。彼らが繰り広げる、言葉の演劇に注目したい。

fy_l_ppaf2010_yamakawa_5991trim.jpg
<span class="disc"山川冬樹「黒髪譚歌」Photo:Yusuke Tsuchiya

加えて、山川冬樹による「黒髪譚歌」も紹介される。身体を表現の核としてきた山川が、興味を持っている4つの部位、声、心臓、髪、骨。その中から、今回は髪に焦点を当てた。身体であり、身体でない「髪」。自らの長くて美しい髪を使うのだろうか、使わないのだろうか。どのようなパフォーマンスを見せてくれるのかが楽しみだ。

ppaf2010_yamashita.jpg
山下残「せきをしてもひとり」Photo: AI・HALL

それ以外にも、自由律俳句を取り入れた、山下残の「せきをしてもひとり」や、模型を効果的に使った作品で知られる、ベルギーの「ホテル・モダン」による、アウシュビッツをテーマにした「KAMP/収容所」など、盛りだくさんの内容。これからのメインストリームになるかもしれないこれらの作品を、いち早くチェックしてみてはいかがだろう。

メゾンダールボネマ&ニードカンパニー「リッキーとロニーのバラッド」
日時:1月16日(土) 開演19:00、1月17日(日) 開演17:00
会場:スパイラルホール(スパイラル3F)
住所:東京都港区南青山5-6-23
TEL:03-3498-1171

山下残「せきをしてもひとり」
日時:2月8日(月)・9日(火) 開演19:30
会場:Vacant
住所:東京都渋谷区神宮前3-20-13
TEL:03-6459-2962
料金:前売り3,000円、当日3,300円

フォースド・エンタテインメント「視覚は死にゆく者がはじめに失うであろう感覚」
-日本初演作品・日本語字幕つき
日時:2月10日(水) 開演19:30、11日(木・祝) 開演18:00、12日(金) 開演19:30
会場:Vacant
料金:前売り3,500円、当日3,800円

フォースド・エンタテインメント「Quizoola!」-日本初演作品・同時通訳つき
日時:2月13日(土) 開演13:00〜19:00
会場:Vacant
料金:一般 2,000円、本フェスティバルの他公演のチケットをご提示場合 1,500円

ホテル・モダン「KAMP/収容所」- 日本初演作品・日本語字幕つき
日時:2月20日(土) 開演19:00、2月21日(日) 開演17:00
会場:スパイラルホール(スパイラル3F)
料金:前売り3,500円、当日3,800円

山川冬樹「黒髪譚歌」 -世界初演作品
日時:3月28日(日) 開演17:00
会場:Vacant
料金:前売り3,500円、当日3,800円

※ Vacantでの公演は共にワンドリンク付
※公演チケットはこちらから購入申込できます。

Text: Wakana Kawahito

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE