東野祥子

PEOPLEText: Mariko Takei

031011kikai_14-2.jpg
BABY-Q Dance Performance「←Z←・Z 滑稽な独身者機械」2003 / Photo: 清水俊洋

ダンスカンパニーを始めることになったきっかけを教えて下さい。また、どのようなメンバー構成で、どういった活動されているのでしょう?

「BABY-Q」の結成前は、維新派(大阪の前衛劇団)から派生した「プリティーヘイトマシーン」という野外劇団に女優兼ダンサーとして出演したりしていました。そこで知り合ったミュージシャンや、DESTROYED ROBOT作家ほか、数名で「BABY-Q」立ち上げたんです。今では10名以上のダンサー、音楽コンポーザー、映像作家や衣装デザイナー、ウェブやビジュアル全般を担当するデザイナーなどが在籍しています。メンバーそれぞれがダンス、美術、音楽、映像、ファッション、デザイン、写真、といった異なるメディアを追求し、その過程のなかで感じている切実な思いや実体験が、私たちの舞台作品の骨格を成しています。舞台において私たちのエネルギーを生身で感じてもらい、よりリアルな人間の繋がりを深めていくことにより、身体とそれにまつわる表現の新たな時代を目指していきたいと考えています。「BABY-Q」は国内においてはオルタナティブ/サブカルチャーシーンから舞台芸術、近年では海外にもその活動の幅を広げ、草の根的に多様なジャンルに共鳴し、活動の幅を広げています。

ダンスシーンでも、国内で開催されるダンスのコンペティション「トヨタ・コレオグラフィーアワード」や「横浜ソロデュオ<Competition>+」などでグランプリを受賞しました。突拍子もない創造力とか、大胆で大掛かりな演出が注目されているようです。ほかにも、超絶技巧で繰り広げるダンス、キャラクターの突出した存在、アナログ的手法を用いつつもダンスに密接に結びついたな映像など、様々な要素が混在していることも特徴です。だからこそ、先端アーティスト集団として、ダンス作品が多様なシーンで話題になったりと、現在では、国内だけでなく世界へも活動の幅を広げることができています。

これまでにカンパニーとしては「ALARM!」「GEEEEEK」「E/G」「Matar o no matar」などを発表しています。ソロ作品では、「ERROR CORD」「VACUUM ZONE」「MESs–メス」を発表しました。最新作「[リゾーム的]なM」は「New Dance Performance Tour 2009」として東京では「吉祥寺シアター」、関西では「アイホールダンスコレクション」に続いてドイツのデュッセルドルフ、ミュンスター、ベルリンなどでの公演が決定しています。


BABY-Q Dance Performance「GEEEEEK – 愛の乞食と感情の商人、その家畜たち ───」2007

「BABY-Q」で振付家/ダンサーとして活躍する傍ら、煙巻ヨーコとしてもソロ活動されてますね。まず、「煙巻ヨーコ」という名前の由来を教えてください。また、煙巻ヨーコとしては、どのような活動をされているのですか?

煙に巻かれるように観客のみなさんがダンスを観て、ここがどこで、自分が誰で、これがどういうことなのかよくわからなくなっていく。そういった意味のほか、いつも白い衣装をきていたので、写真に撮ると、白い残像で写真に残る動きが煙のようにみえてしまう。といったところからきています。活動としてはソロで、即興で、ミュージシャンや映像作家や造形作家など、ほかのジャンルの方々と共演しています。

続きを読む ...

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE