ソナー 2008

HAPPENING

スペインの電子音楽とメディアアートの祭典

ソナー 2008ソナーは今年で15周年を迎えた、エレクトロニック・ミュージックとメディアアートの大規模なフェスティバル。毎年6月にスペインのバルセロナで開催され、市内中心部にあるバルセロナ現代美術館「MACBA」を中心に複数の会場にて、マルチメディアの展示やパフォーマンス、また多くの実験的ミュージシャンによるコンサートなどが同時多発的に繰り広げられる。

ソナー 2008


深夜から朝にかけては、市内中心部より少し離れたコンベンションセンター「FIRA Gran Via」内の特設会場にて、多数のコンサートが催される。アーティストは、スペイン国内はもちろん、世界各国から数百人規模で招待され、世界的観光都市バルセロナにおいても、年中行事の一つとして観光ガイドに紹介されるほどの賑わいを毎年見せている。

ソナー 2008

日中のイベント「ソナー・バイ・デイ」は連日午後1時から夜の9時まで、バルセロナ現代美術館を中心に行われた。期間中は4つのコンサートと2つのメディアアートの展示が5つの会場で並列的に行われ、来場者はスケジュールを見ながら、各々好きなように巡回することが出来る。「ソナー・バイ・ナイト」と呼ばれる深夜のイベントが、世界的に有名なアーティストによるライブによって構成されるのとは対照的に「ソナー・バイ・デイ」では、実験的なアーティストや、今後が期待される若手アーティストなどが主にパフォーマンスを行う。また、毎年時代に反映したテーマでキュレーションされたメディアアートやパフォーマンスの展示、上映も行われる。

「ソナー・バイ・デイ」のキュレーションは非常に定評があり、そのため客層も非常に目の肥えたファンが多く、彼らの口コミからソナー出演後に瞬く間にメジャーになったアーティストも数多く存在する。前年ここで演奏したアーティストが次の年に「ソナー・バイ・ナイト」のヘッドライナーとして登場することもあり、アーティストの登竜門的存在として認知されている。

ソナー 2008

「ソナー・バイ・デイ」のイベント会場の一つ「ソナー・ホール」では、毎年その時代に即したテーマによる「ソナーマティカ」と呼ばれるメディア芸術の展覧会が開催される。今年は「フューチャー・パスト・シネマ」という逆説的タイトルで、映像というメディアを軸に、その未来と過去をリンクする作品が展示された。会場内には20世紀以前の映像装置である、ゾートロープや、マジックランタン、影絵人形などがその説明と共に展示された。またそれに並列し、それらの映像装置を根源としながらも、最先端の技術を用いたインタラクティブ性があるメディア芸術作品とそのパフォーマンスが展示された。

ソナー 2008

「ソナーマティカ」は、スペインの首都マドリッドにある研究施設、プラドメディアラボと技術面等で協賛をしており、そこからもいくつかの作品が出展されていた。今回の「フューチャー・パスト・シネマ」の出展作家には歴代メディア芸術祭受賞者も多く見受けられ、第9回アート部門大賞の アルバロ・カシネリ氏による新作「Boxed-Ego」や、同エンターテイメント部門大賞作品「Flipbook!」(フアン・カルロス・オスピナ・ゴンザレス)の作品展示や、第10回アート部門審査員推薦作品「Takashi’s Seasons」(川島高)のパフォーマンスが行われた。

[NEXT]

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE