王敏(ワン・ミン)

PEOPLE

2008年夏、北京オリンピックが開催され、世界の注目は中国、北京に集まる。グローバルな観光、スポーツの中心舞台としての中国デビューだ。その主要プログラムの1つとして、北京オリンピックの競技シンボル、アイデンティティプログラム、アプリケーションの開発があげられているが、そのクリエイティブを担当したのがデザイナー、王敏(ワン・ミン)である。オリンピックのデザインプログラムは、3年前から進められていた。

王敏王敏

北京のCAFA(チャイナ・セントラル・アカデミー・オブ・ファインアート)にてデザイン校の学部長となっていた王敏は、2006年に北京オリンピックのデザイン・ディレクターに任命された。CAFA内にユニークなリサーチグループを作り、生徒達を含めてオリンピックのデザインシステムに取りかかり始めた。1964年東京オリンピックのアート・ディレクター、勝見勝とそのグラフィック・デザインチームによる国際的にスタンダードとなったシステムをモデルとしたのだ。1968年メキシコシティーオリンピックのランス・ワイマンも、1972年のミュンヘンオリンピックのオトル・アイヒャーもモデルにしたデザインシステムだ。

中国政府が望む北京オリンピックと精神には、議論の余地がある。かつてのオリンピックでも社会政治問題を引き起こしており、少なくともアメリカでは中国人権記録に関する記事が絶えない。国際社会の一人前のメンバーと認められる機会として、中国は建築から、グラフィックデザインまでオリンピックとそのアイデンティティに投資し、洗練されたパブリック・リレーションズで囲んだ。結果、西洋のデザインと5000年に及ぶ伝統芸術を混ぜ合わせ、オリンピックデザインプログラムは比較的新しいデザイン教育環境とビジネス環境で発達した。オリンピックのマークとそのアプリケーションのデザイン、競技の絵文字とオリンピックの色彩デザインは、3つの大きなフォーマットで、エレガントに提示される。

グラフィックデザイナーのアーミン・ホフマンや工業デザイナーのリチャード・サッパーらの元でスイスのエール・サマープログラムを経て、イエール大学に入学、現在のチャイナ・アカデミー・オブ・ファイン・アーツで学業を終えている王敏は、イエール大学在籍中の1986年、アドビ・システムズで初代マッキントッシュ・コンピューターの導入と共にデジタル改革を手がけた。1998年にはアドビを離れ、パートナーのエディー・リーと「スクエア・トゥ・デザイン」をサンフランシスコと北京に設立。アドビ、IBM、インテル、ネットスケープ、スタンフォード大学などをクライアントとしている。アドビやスクエア・トゥ・デザインでのミン・ワンの数々の作品には、現代的な西洋デザインと伝統的な中国アートの影響が表れていた。その後、ミュンヘンの「Akademe der Bildenden Kunste」、ベルリンの「Hochschule der Kunste」を訪問、上海ファインアート大学の名誉教授に任命され、また数々の国際的な展覧会でも作品が展示されてきている。

王敏
Left: Inscriptions on the Gui bronze vessels, Right: Pictograms of the Beijing 2008 Olympic Games

2008年北京オリンピックのアートディレクターとしての、リーダーシップの本質は何ですか?


私の責任は、イメージ、アイデンティティプログラム、北京オリンピック全体を通した試合の見え方などを、監督することです。もともとは、2001年にモスクワでIOCミーティングがあり、その重要なプレゼンテーションのデザインを北京オリンピック委員会に頼まれたことから、北京オリンピックに関わりはじめました。CAFA校に来る2003年以前は、20年以上をアメリカで過ごしています。CAFAでは、オリンピックゲームのためのアートリサーチセンター(ARCOG)をスタートさせました。アイデンティティ、ガイドライン、カラーシステム、メダル、などをチームベースで手がけます。今センターには20人の常勤デザイナーがいて、たくさんのデザインスタジオなどがプロジェクトに関わっています。

王敏
Athletics Pictogram

どのようにオリンピックのシンボルとアイデンティティをデザインしたのですか?またデザインに対するオリンピック委員会の反応は?

全てのデザインプロセスで、世界を行き来してきました。中国人アーティストやグラフィックデザイナーにとって、グローバルなニーズや精神を理解し、アーティスティックな言語で表現し、北京オリンピックから世界に伝えることは偉大な挑戦です。世界を中国に取り入れ、中国を世界に出すのです。従ってデザインプロセスでは、オリンピックの精神と中国の価値をどのように組み合わせるか?伝統と現代をどのように掛け合わせるか?中国をどのようにユニークに色と形にするか?世界の人の心に触れるものを見せるか?などといったことを問答し続けなければなりません。

私達が見つけた2つの解決例があります。1つは、オリンピックのピクトグラム(絵文字)です。世界の全てのアスリートに知られ、同時に中国の特徴も活かしたピクトグラムをつくることが当初からの挑戦でした。コンセプトに基づいて内部で協議を重ね、外部のコンペティションなどでも討議された結果、ようやく現在の形に行き着きました。このピクトグラムの背後にあるインスピレーションの源には、2000年以上前から骨文書と青銅ウェアスクリプトの魅力を取り入れた中国の印表記の構造があります。伝統的な中国美術の拓本(すり写し)の表現です。しかしそれでいて、現代的で国際的な見栄えとなるよう、西洋のデザイン要素のライン、形、カーブ、白黒のコントラストを、スポーツの動きに沿って効果的に取り入れました。そうして中国のユニークさだけでなく、世界に向けたシンプルでクリアなイメージをつくりました。

もう1つは、オリンピックのメダルデザインです。中国古代の翡翠(ヒスイ)からデザインのインスピレーションを得ました。古代中国では高貴さや名誉を象徴するために身につけられていた翡翠です。今は健康や幸運を願って、または美の象徴として身につけられます。メダルフックも、二つのドラゴン模様がついた儀式的な翡翠「huang」に由来します。メダルの前面は、IOC(国際オリンピック委員会)に求められた、スタンダードなデザインに沿う必要がありますが、裏面には中国の要素を加え、環形の翡翠を散りばめています。翡翠と金は、名誉と達成を象徴し、伝統的な中国の価値と長所の完全な具体化となります。IOCも、こう応えています。「高貴でエレガント、北京オリンピックのメダルは伝統的な中国文化とオリンピックの混合。大会の勝者に業績の認知として、大きな名誉と喝采となる。」(BOCOGウェブサイトからの引用)

アメリカの元愛国者ヘンリー・スタイナー(イエール大学出身)は、中国のグラフィックアートに対する広い影響を持ってきたようですね。彼の作品に対する印象や影響はありますか?

彼は、1960年代にやってきた香港のグラフィックデザインの初期では最も有力な人物と言えるでしょう。1980年代には、香港デザイナーは、中国本土にその影響を持ってきました。香港の元愛国者デザイナーとして、スタイナーのデザイン作品は、常に異文化間のテーマを扱わなければなりませんでした。結果、彼は「クロス・カルチュアル・デザイン」という優れた本を出版しました。中国デザイナーの若い世代に影響を与えたその本も、スタイナーのデザイン作品も私は賞賛しています。

王敏Min WangMin Wang
Bird House Logo / US Korea Trade Logo / Eaton Food Logo

文化をまたいだアイデンティティやアイコニックなデザインに対してどのような考えを持っていますか?また、どのように作品に現れていますか?

クロスカルチャー・デザインは、異なる双方の文化をとても深いレベルで理解することが必要です。ただ中国の漢字を作品に取り入れているのではありません。英語を取り入れたパッケージが、アメリカの市場で売り上げに繋がらないのと同様です。私に関しては、西洋国での何年にも渡るデザイン経験と、西洋文化に対する理解が、2008年北京オリンピックのデザイン担当に導いてくれました。 西洋の観衆に理解を得るために、西洋のビジュアル言語やテクニックを取り入れながら、深く中国文化に根ざし、強い中国のメッセージを明らかにします。

王敏
The Forbidden City Logo

1993年、アドビ在籍中にデザインされたフォント「Mythos」、また「Forbidden City」のグラフィックについて教えて下さい。

2つの作品は同じではありません。「Mythos」は古典的なヨーロッパの象徴から来ていますが、無意識的にアジアのテイストも加えられているというもの。一方「Forbidden City」のグラフィックアイデンティティは、初期の漢スタイルのドラゴンに基づいています。中国のシンボルとして捉えられているドラゴンのイメージを選択するのは私にとってとても自然なことですが、明と清朝スタイルのドラゴンは精巧すぎて品のなさに繋がるので、漢スタイルを選びました。

王敏
Paul Rand and Min Wang

イエール大学ではどのような学生でしたか?ポール・ランド、アーミン・ホフマン、ブラッドバリー・トンプソンに対する印象は?

1980年代後期のイエール大学にて、それぞれ全く異なるスタイルとアプローチを持った3人の偉大なマスターの元でグラフィックデザインを研究できたのはとても幸運でした。ポール・ランドは、速くて、鋭い。ブラッドバリー・トンプソンは上品で、忍耐強い。アーミン・ホフマンは、機知に富んでいて、賢い。という印象があります。良いデザインをする方法だけでなく、デザインについて考え、良いデザイン教育者である方法も彼らから学びました。

ヨーロッパやアメリカでの教育は、あなたのデザイン言語でどのように形になっていますか?

私たちがどうあるか、何をするかということは、とても学習経験に関わってきます。中国文化大革命時代に育った私の場合は、最初に色やフォーム使いを学んだのは、ある地方の村の壁に毛主席の肖像を描くことからでした。その後進んだ中国のデザイン校、ヨーロッパやアメリカに、それぞれの経験が今の私のデザインを象っています。アドビとスクエア・トゥ・デザインは、強烈な西洋のデザイン訓練となりましたが、中国の文化的な感覚と感受性は私にとどまっており、確かにデザインに影響しています。

イエール大学卒業生グラフィックデザイン・プログラムのディレクター、またアドビのタイポグラフィック・アドバタイザー、アルヴィン・アイゼンマンの指導役割はどう思いますか?

40年以上の間、アルヴィンはイエール大学卒業生グラフィックデザイン・プログラムにすべての時間、情熱、精力的な献身を与えて、国際的な教育機関にしました。私にとってアルヴィンは、ただ師でなく、役割モデルと、教育者として、父親のような人物です。私が中国に戻って、CAFAで教えるという決定をしたのもアルヴィンの影響は大きいです。2007年5月に訪ねた時改めて、彼の大きな心、広い展望、タイポグラフィに対する愛情、教育に対する情熱とイエールグラフィック学生への心遣いは、大事だったと気づかされました。

イエール大学のグラフィックデザインプログラムにおけるあなたの教育役割は何でしたか?アドビ・イラストレーターやフォトショップのベータ版の使用も含みましたか?

1980年代後期から1990年代後期まで、イエール大学卒業生グラフィックデザインプログラムコースを教えました。クロスカルチャーデザイン/アジアのタイポグラフィと、デジタル画像制作という2つの分野を集中して教えました。1989年に、同僚チャールズ・アルチュールと、まだベータ版であったフォトショップを使ってワークショップを行ったり、イラストレーターと漢字フォントの初期版でアジアのフォントの実験的なデザインへの取り組み方などを教えました。多くのイエール学生にとって、最初のアジアのタイポグラフィへの進出となりました。

王敏
U.S.-Korea Trade Relations Conference, Poster 1988

中国とアメリカのデザインの違いは何ですか?

ここで語るには大き過ぎる問題です。 今の、色、フォーム、コンピューター技術といったデザイン規律に大差はありませんが、確実に文化的背景、内容、読解の違いがあります。

中国文化大革命の間、どれくらいデザイン言語を使用できていましたか?コンピューターは不可欠のツールだったのでしょうか?その期間の商業デザイン以外のものは、ほとんど公になっていませんでしたね。

文化大革命の期間は、全く中国でコンピューターは使えませんでした。商業デザインも実在しませんでした。 デザインはほとんどが政治的なビラ、本、パンフレットに使用されました。 「グラフィックデザイン(ping mian shi ji)」という言葉が導入されたのも、1980年代初期のことです。

王敏
Art Show Poster

特にパソコンの技術的な普及につながった、アドビ・システムズにおけるフォントのデジタル化ですが、どのような挑戦でしたか?

アルヴィン・アイゼンマンがアドバタイザーで、サムナー・ストーンがタイポグラフィー部のディレクターであった1980年代半ばから後半は楽しい時でした。彼らや当時のタイプデザイナー達による高い規格のタイポグラフィーへの専念と、伝統的タイプフェイスのデジタル化の貢献は、80年代のデスクトップ・パブリッシング革命を刺激しました。イエール大学からの若い大学院生だった私は、コンピュータでデザイン作成する新しいフォントに対して、自由に楽しく行動できました。そこでしたほとんどの仕事は、その後場所を変えても残っていきました。

王敏
Book Cover Series

アドビ・システムズの当時の任務とは何だったのでしょうか?また現在の成功の理由は何だと思いますか?

アドビは技術革新とアプリケーションに重点を置いた会社を、この分野が集中的だった80年代から90年代初期に始めました。何年も拡大し続け、 激しいマーケット競争、公的会社としての成長、新技術の導入が、さらに新しいマーケット、新しい産業につながり何年も拡大し続けます。特に株主にとって、今も間違いのない会社です。ただし、タイプ・デザイナーやサムナー・ストーンや私などの人間にとって、80年代の最盛期は過ぎました。

アドビシステムズの今のフォントの質は改善されたと思いますか?

「改善された」という言葉は使いません。アドビはいつもマーケットの需要を満たす高品質のフォントを作ってきていて、ハイテクとデザインを混合する最先端にいます。

1998年にアドビシステムズを離れ、自身の「スクエア・トゥ・デザイン」を始めたのはなぜですか?

1986年にインターンとして働き始めたアドビは、30人くらいの規模の会社で、シニアデザイナー、アートディレクター、デザインマネージャーなどを務めました。企業マーケティング、コミュニケーション、インタフェースやウェブデザインなど、とてもたくさんのことを学びましたが、デザイナーとして、独立したデザインスタジオを経営する経験はできませんでした。1998年、ドットコムブームはシリコンバレーで進行中で、 エディ・リー(イエール大学の私の元学友)をパートナーとして「スクエア・トゥ・デザイン」を立ち上げたのです。人生や仕事に変化を与えたかった時でした。

王敏
Circles and Squares in Beijing

なぜ中国に戻ることにしたのですか?

20年、ヨーロッパやアメリカで、学び、教え、働いてきて、2つのことに集中するために中国に戻りました。デザイン教育と、2008年北京オリンピックのデザインです。10年弱の間に、中国は何千ものデザイン学校やプログラムを増やしてきましたが、中国でのデザインの教育の仕方、西洋のコピーではなく学ぶ方法、東洋の美的感覚におけるデザイン表現の見つけ方には、大きな疑問があります。それらの疑問に直面するために戻ってきたのです。

中国と西洋国とで教育を受けた中国人デザイナーとして、現在CAFAでデザイン校の学部長をできることはとても幸運です。今の中国のデザイン教育にインパクトを与えることが可能だからです。CAFAの学生達は、今後のリーダーや教育者となっていくでしょう。彼らに中国におけるデザインの将来を示唆し、投資します。

王敏
Chinese Student Poster

中国のグラフィックデザイン教育にある強みと弱点をあげるとすれば、何になりますか?

強みは、マーケットの需要と、就職の機会です。またこの業界に入りたがる若い才能ある世代の多さもあります。ただ、強みは弱点でもあり、デザインを教える先生が圧倒的に少なく、デザイン教育が商業化、短期間化し、技術的な運営となっています。誰もが結果を早く求めたがり、良いデザイン教育や循環は、そこには基づきません。その結果、卒業生が良いデザインや、コピーからの創造力や、基本的なグラフィックデザインの原則を理解できません。従って、デザイン教育は今、混沌としたフィールドであると思います。デザイン教育の品質は、学校、部門、教職員と学生募集によって、大きく違います。

中国グラフィックデザインの次の成果は何だと思いますか?中国グラフィックデザインの将来や若い世代に対して楽観的ですか?

私達は、この25年に中国の市場経済と改革の最前線となってきたグラフィックデザイナーの「以前の」世代と考えています。序王(シュ・ワン)といった中国グラフィックデザインのトップチームや、チェン・チェンダ、MIWIスタジオ、ジャン・ホワなどの若い世代は、国際的なデザインコミュニティーにも知られていて素晴らしい活躍をしていますが、しかし西洋の国や日本など他のアジアの国に比べると、全体的なデザイン標準は未だ遅れています。

従って尚更、2008年オリンピックのデザインは、私達にとっても素晴らしい機会と言えるでしょう。私たちがオリンピックのデザインプログラムで直面することは、今日の中国のデザイナーが直面することを反映しています。デザインが露顕することで、中国デザイナーが世界のプラットホームに出るだけでなく、中国に最高の国際的なデザイナーを連れてくることになることを願います。

また、ICOGRADA(国際グラフィックデザイン団体協議会)に申請してきた結果、CAFAをメインの主催者とし、2009年にICOGRADA世界デザイン会議が北京で開催されます。このカンファレンスは約3000人の参加者を魅了するものになるはずです。世界のデザイナーが中国のデザイナーと出会い、考えや作品を通して交流できる素晴らしいイベントになるでしょう。

Text: Richard B. Doubleday and Stephen Goldstein
Translation: Yurie Hatano

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE