ロバート・サイデル

PEOPLE

ドイツを拠点に活動するロバート・サイデルは、実験的な作品を手がける映像作家。DOTMOV FESTIVALでは、2004年、2006年、2007年と、三度も作品が選出、上映されており、それぞれにゲスト審査員からの高い評価を得ている。4月22日〜5月27日の期間中、マックス・ハトラーと共にジャパンツアーに挑むロバートに、彼の作品や制作について話を伺った。

ロバート・サイデル

自己紹介をお願いします。


ロバート・サイデルです。ドイツの小さな大学町、イェーナ出身で、そこでは1年間生物学を勉強しました。その後は、由緒あるバウハウス・ワイマールにてメディア・デザインの学位をとりました。ウェブサイトの名前に現れているように、アート、科学、コンピューター、自然美の間で板挟みになっている、実験的な映像作家であり、映写アーティストです。

何がきっかけで映像を撮り始めたのですか?

とても早い時期から父が僕と弟にコンピューターを教えてくれたのですが、ゲームばかりをしないよう強く言っていました。それで、デジタルベイントを始め、ちょっとしたフラクタル・アプリケーションを書いて、のちに3Dにもはまりました。そうした技術と共に、バウハウスでアニメーションを始めたのです。ただ伝統的なアニメ制作者が周りにいなかったため、自分のスタイルを発展させ、とても個人的なストーリーを表現する自由がありました。

作品のコンセプトについて教えてください。

見る人の感情レベルとつながり、特定の複雑さをもつ有機的で半抽象的なアニメーションをやっています。大概が、あらゆる見方と共に美しくなっていくもので、それは異なる層を見るからです。時と共に貴重になっていく人のように。ただ映像は今という時も必要で、誰かが思うようなフラッシュビデオやスクリーンサーバーではないのです。

僕はいろんなものに興味があり、魅了され、それらを映像の中に盛り込もうとします。まずは自然の全ての形と美しさ。次にコンピューターの可能性。特に再結合や、取り消しといったものは、僕の作品にとって大事な部分です。3つ目は、ファインアート(マルセル・デュシャンディーター・ロートなど)や、実験的な映像制作(ヤン・シュヴァンクマイエルマヤ・デレンなど)など、見る人のある感情を引き起こす、新しい空間、時間のコンセプトの発展の仕方を考えさせられるもの。最後には、見る人自体が、僕がとても驚くべき部分になってきます。どのように反応するのか、どのストーリーを受けいれるのか、などは本当にたくさんのことを理解する助けになります。まだまだ学ばなければなりませんが・・。

2004年、2006年、2007年のDOTMOV選出作品についてそれぞれ教えてください。

ロバート・サイデル
Dir: Robert Seidel, 10:01 | 2004 | Germany

_grau」は、抽象化された自動車事故を使った最も幅広い作品で、僕の卒業作品です。とても個人的ですが、架空でもあり、事故は最後に起こっていなかったことになります。この作品は僕の記憶の濃密な構成に基づいています。タイトルは、ドイツ語の灰色に由来し、人生の何事にも純粋な白黒や善悪など無いというのが基本のアイディアです。全ては時間や比較で違った色合いになります。この考えを伝えて、全ての彫刻的な瞬間に対する信頼性のある抽象概念を作るため、全ては、僕の人生の現実の原料に基づいています。小さなストーリーだったり、自分の頭と手の3Dスキャン、捉えられた動きや、脳のMRTデータセットなど。「_grau」の制作には9ヶ月かかり、今のところこれまでの最高です。それから4年がたって、本物の後継者をつくる、時間と、特に静けさを見つけたいです。

ロバート・サイデル
Dir: Robert Seidel, 3:58 | 2006 | Germany

Futures」は初めてのミュージックビデオです。「_grau」の後に、ホセ・ゴンザレスの美しい声をフィーチャーするイギリスのバンド「Zero 7」に依頼されました。時間と共に象られる将来について書かれたこの曲の特別なムードをつくりたかったので、この作品はクラッシュの連続、僕たちの願望や欲求のように明らかになっていく日用品で始まります。人生がアクシデントに溢れているように、ビデオもそうで、そこには凝縮された人工品と荒い同期があります。これらの誤差が、全てあり得る将来のぞっとする描写を組み立てるのに役立ちます。とても少ない予算でしたが、完全な創造的な自由がありました。しかしレコード会社には結局ビデオは使われませんでした。フェスティバルだけでしか公開されることなく、また同じ曲に作られた他の作品も見られました。

ロバート・サイデル
Dir: Robert Seidel, 1:10 | 2007 | Germany

appearing disappearance」は、ユニバーサル・エブリシングがキュレートをするHDプロジェクト「アドバンスド・ビューティー」に依頼されたものです。これは間もなくブルーレイでリリースされ、とても詳細なテレビ解像度の可能性を利用する多くのデザイナーとアーティストをフィーチャーします。抽象的であると同時にリアルな動きの断片もある、とても短くて絵画的な作品で、ミステリアスな構造をしています。HDで全ての詳細を見て、この作品は初めて伝わります。YouTube版はあまりお進めできません。

他にはどのような作品がありますか?

僕のウェブサイトでは、抽象的なナレーションと僕のペイントと3Dスタイルをミックスしたいくつかのショート作品を見ることができます。例えば「E3」は、イギリスで過ごした3ヶ月間の日記です。この手の作品は、資金を得るのが難しいので、個人的な作品は自分で調達します。

ロバート・サイデル
“processes: living paintings” Phyletic Museum, Robert Seidel, 2008

しかし時々、面白い依頼があったりして、最近では大規模なイェナにあるPhyletic Museum建築の投影を行いました。「processes: living paintings」といいます。僕の好きなインスピレーショナルな生物学者でアーティストのエルンスト・ヘッケルによるミュージアムの100周年記念として作られました。外の35m x 16mの大きさの3つのプロジェクター、内側からのライトに、サウンド効果と環境効果。2008年冬の一日だけの公開にも関わらず、約2万人が訪れました。言い表せない何かに魅了され、凍える寒さの中15〜20分ほど立ちすくむ人々を思って未だに感動します。

技術的な部分を教えていただけますか?どのようなツールを使うのでしょうか?

基本的には、スリーディーズ・マックス、アフター・エフェクトとプラグイン、スクリプトを使います。特別なことは何もないです。どのハリウッドスタジオも、誰もが使い方を知っている有能なツールを使うように。フルタイムで一緒に仕事をしてくれるプログラマーがいて、自分ではできないアイディアを出してくれたらと思います。日々の仕事にはエネルギーを奪われますし、すでにパソコンの前で時間を過ごしすぎているので。

4月よりスタートのジャパン・ツアーについて教えてください。

昨年、僕は映像作家のマックス・ハトラーに、ドレスデン映画祭のアニメーション・エクスチェンジ・フォーラムで会いました。僕たちは仲良くなり、オーロラフェスティバル(イギリス)でライブをしました。マックスはロンドンにいて、僕たちは二人とも商業的なプレッシャーから距離をおくことを必要とし、また新しいインスピレーションを求めていたのです。二人とも日本のカルチャーに魅せられていたため、しばらくそこで過ごしてみようと計画しました。元々は日本の癒しの部分を求めていたわけですが、とてもいい反応を得た今、東京、京都、神戸、大阪、名古屋という大々的なツアープランをもち、オーディオビジュアルのライブセットを披露。アートスペースや映画館、フィルムフェスティバル、大学などで、トーク、上映を行います。4月22日〜5月27日です。是非ツアープランをチェックして遊びにきてください。このインタビューを受けながらも、楽しみで仕方ありません。どうなることやらまるで検討もつかないですから・・。

その他に予定はありますか?また、この後どのようになっていきたいですか?

ジャパンツアーの後には、とても穏やかな雰囲気で次の作品に取りかかりたいです。それには、休みも取りたいと思います。個人的な作品以外では、新しい建築的なものや、シネマの挑戦、プログラマーや専門家チームとのコラボレーションで、より複雑なプロジェクトを自分の仕事を増やさずにすること、などがあります。ここ数年、少しずつ手助けをしてくれるすばらしい人たちにたくさん会っているので、時間はかかってもいつか実現するのではないかと信じています・・。

読者にメッセージをお願いします。

周りの全てにインスパイアされよう!

ジャパンツアー日程
4月23日:21:00〜 ツアーオープニングパーティ/Le Baron(東京)※メンバー限定
4月24日:19:00〜 プレゼンテーション/SuperDeluxe(東京)
4月28日:14:30〜 上映+トーク/イメージフォーラム・フェスティバル(東京)
4月29日〜5月11日:展覧会/フィルムスタジオ1928、同時代ギャラリー(京都)
4月30日:17:00〜 上映/イメージフォーラム・フェスティバル(東京)
5月05日:18:00〜 ミニ上映+AVライブ/アップルストア銀座店(東京)
5月07日:18:30〜 上映+トーク/Uplink Factory(東京)
5月08日:18:30〜 上映+トーク/Uplink Factory(東京)
5月09日:20:00〜 プレゼンテーション/SuperDeluxe(東京)
5月10日:23:59〜 AVライブ with Salmon/Minimal Tokyo(東京)
5月11日:展覧会クロージング/フィルムスタジオ1928、同時代ギャラリー(京都)
5月12日:講義+上映/京都大学(京都)
5月14日:講義+上映/名古屋学芸大学(名古屋)
5月15日:講義+上映/大阪電気通信大学(大阪)
5月16日:18:30〜 AVライブ with dubmarronics/K.D.Japon(名古屋)
5月17日:19:30〜 上映+トーク/イメージフォーラム・フェスティバル(京都)
5月18日:18:30〜 AVライブ with dubmarronics/UrBANGUILD(京都)
5月20日:講義+上映/京都嵯峨芸術大学(京都)
5月23日:AVライブ/Roots(神戸)
5月24日:15:00〜 上映+トーク+AVライブ/Planet Studyo Plus One(大阪)
5月25日:15:00〜 上映+トーク/Planet Studyo Plus One(大阪)
5月25日:21:30〜 ライブ with DJ Nick Luscombe/Seco Lounge(東京)
5月26日:19:00〜 上映+トーク/アップルストア銀座店(東京)

Robert Seidel
住所:Max-Steenbeck-Str. 2, 07745 Jena, Germany
TEL:+49-3641-232943
http://www.robertseidel.com

*全ての作品はwww.robertseidel.comでダウンロードできます。

Translation: Yurie Hatano

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE