大石暁規

PEOPLE

今回のシフトカバーを手がけたのは、フランス国際マルチメディア見本市「ミリア 2001」新人賞受賞をきっかけにヨーロッパで活躍する大石暁規
DOTMOVフェスティバル2005」での特別展示作品としても招待された、インタラクティブ・アニメーションを得意とするグラフィック・アーチストだ。スモールグラフィックスから広がる独自の世界観を表現したグラフィック作品も多数制作しており、作品は「SHIFT 2006 カレンダー」にも採用されている。


まずはじめに、自己紹介をお願いします。

「IAMAS」でメディアデザインを学んだ後、在学中に作った「MICRO-PLANTATION」という作品がフランス国際マルチメディア見本「ミリア 2001」の新人賞を受賞して、それを切っ掛けに渡仏しました。招かれたフランスのクリエイティブ・デザインチームの会社「TEAMCHMAN(チーム・シュマン)」に3年間所属して、主にヨーロッパで活動していました。現在はスイスの美術大学「ECAL」で非常勤の講師を勤めながら、日本の大学でも教鞭をとっていて、日本とヨーロッパの往復をしています。

グラフィック・アーティストとしての活動に至ったきっかけは何ですか?

最初はマンガ家になりたいと思ってアート系のマンガを目指していて、月刊誌ガロに掲載されたりもしました。当時のマンガは、アニメーション作品の原形となるパラパラのコマ・マンガのようなものでした。活動している内に、日本マンガ界の視野の狭さを感じ、アート系マンガの本場であるヨーロッパに向って、アートスクール主催のアニメーション制作ワークショップを受講したんですが、そこでコンピュータの可能性の素晴らしさを知りました。帰国して「IAMAS」でデジタルのメディア・デザイン学び、モノクロのドローイングをベースにグラフィック・アートやアニメーション、そしてインタラクティブ作品の制作をするようになりました。


展覧会カタログ「プティボノム展」YCAM(2005)より。

フランスのデザイン・チーム「TEAMCHMAN」での活動や、スイスの美術大学「ECAL」での活動について教えて下さい。また、ヨーロッパで活動しようと思ったきっかけは何でしょうか?

デザイン・チーム「TEAMCHMAN」では、プログラマーやサウンドデザイナーなどの高いスキルを備えたメンバーたちと、“アートとゲームの融合”をテーマに作品を作ったり、CM制作などに関わっていました。スイスの美術大学「ECAL」では、MID (メディア&インタラクション・デザイン) 科の授業を担当しています。スイスはデザインの面でかなり進んでいて、ものすごく刺激を受けることが多いです。
ヨーロッパでの活動のきっかけは、招待されたフェスティバルで仲良くなって、幾度か会社スタジオに遊びにいってる内にいつの間にか就職することになっていました。

ヨーロッパのアートシーンやシステムの良さは、どんなところにあると思いますか?比べて日本はどうですか?

日本と比べてヨーロッパはアートにおける需要シェアが大きいですね。展覧会以外にも日常的にアートに触れる機会が多く、一般のひとたちもアートに関しての見識は高いと言えると思います。どんな小さなことでも世間が認めてくれる、ヨーロッパでの活動に魅力を感じています。他にはアートイベントやフェスティバルはとても頻繁に開催され、アーティストたちの活躍の場が多いのも特徴ですね。
そう言った発表の場が活発にある反面、商業エンターテイメントの分野が日本のような大きな産業地盤がなく、沢山の日本のコミックとゲームソフト、テレビ番組のコンテンツまでも輸入しています。関係者からしてみるとエンターテイメント産業が活発な日本社会はたいへん羨ましく映っていて、ジャパニーズ・エンターテイメントがヨーロッパではアートとして紹介されているのがとても不思議です。


OPNIYAMA」は子供たちに大人気。「プティボノム展」YCAM(2005)より。

この夏に開催された「大石暁規/プティボノム展」について教えて下さい。

大石暁規/プティボノム展」は「YCAM (山口情報芸術センター)」で行われ、「IAMAS」在学中からフランスでの活動に現在までの活動の集大成の個展で、巨大な画面でプレイできるゲーム型の作品から、さまざまな色を塗り分けて都市を作っていく壁紙、シンプルな数コマアニメーションのワンボタンゲームなどを展示しました。館内の所々にスタンプラリーも設置して、あちこちの小さいキャラクター「プティボノム」を探険しながら、彼らが住むグラフィカルなミニチュアの世界を無限に楽しめる展覧会となりました。


「プティボノム」が住むモノクロのグラフィカルなミニチュールの世界をみんなで色塗り。「プティボノム展」YCAM(2005)より。

最近は主にどのような活動をされていますか?

スイス映画賞を総なめにした映画「MAIS IM BUNDESHUUS」のDVD2プロジェクトにアニメーション作品を提供しました。これに関してスイス国営放送のサイトにも紹介されています(日本語記事もあります)。他に、「絵本・小さなことにくよくよするな」の全ページイラストを手掛けました。現在第2段の続編「愛情編」も出ています。あとはフランスのコミック雑誌「ferraille」にマンガを連載したりと、アニメーションやインタラクティブだけではなく、アナログの作品も精力的に制作しています。


「SHIFT2006カレンダー」入選作品

SHIFT2006カレンダーの入選作品について教えて下さい。

このドローイングは、スケッチブックにペンで描いています。モノクロなのは、小さいころから描いているマンガの描き方に影響されていて、過密にうめていくこのスタイルは建築事務所でアルバイトした時に扱っていた平面の図面に影響を受けました。その図面が何かを意味する様に、この絵も何かの建物や都市を表しています。描かれた色々な小さなオブジェの形は自分にとってはフォントのようなものなのです。

今回手掛けていただいたカバーについて教えてください。

昔から飛行機が好きで、何回乗ってもワクワクするんです。今回は世界中の人に空の旅をして、SHIFTに遊びに来てもらいたいと思って作りました。スペースキーを押すと、人がパラシュートのように降りてきますよ。見るだけじゃなくて、さわって動かして遊んでいただければと思います。

今後の予定や、挑戦したい事はありますか?

「MAIS IM BUNDESHUUS」のアニメーションがスイスのフィルムフェティバルに招待され、年明けのカンファレンスに出席、オフィシャル上映会に参加します。そして、来年度のヨコハマポートサイドギャラリーでの個展と新作発表に向けて準備をはじめたところです。
一度は、超高層ビルの壁面いっぱいに、ぼくのプティボノムワールドでうめつくす超巨大ウォールペインティングに挑戦して、プティボノム・ビルを作りたいです。

最後に、読者にメッセージをお願いします。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。スモールグラフィックスから広がる世界、プティボノムを是非とも御堪能ください。

大石暁規
aki98@iamas.ac.jp
http://www.aki-air.com

Text: Yurie Hatano

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
スティーブ・ベイカー
MoMA STORE