ソナー 2005

HAPPENING

それは良く晴れた日で、このままバルセロナでは暖かい天気が約束されていた。私たちの飛行機が滑走路に並び、出発のポジションにつく。隣に座った女の子が大きなクロスワードパズルの本に没頭していて、その様子は、その時間を過ごすためなら何でもできる海辺の長い休暇を連想させた。しかしこれから私たちが向かう場所では、まるで荒れ狂う牛のごとく時間が早く過ぎるであろう。「ソナー・フェスティバル2005」で、凝縮されたエンターテイメントの三日三晩を過ごすのだ。DJ、VJ、Mp3J、ライブにロックバンド、レコードレーベルのショーケース、ニューメディアアート、シネマ、それにサンミゲール・ビールを楽しめる。


12回目の開催を迎える「ソナー」は、ミュージックやアートのトレンドを追い、シフトし続けてきた。現存する何千ものフェスティバルの中でも、最も将来性があって根強い大黒柱の1つとしてすでに充分な成長をとげている。一体どのように成り立っているのか?キレのあるマーケティングや、戦略的なイベントプラン、ミュージックやアートシーンで活躍する”重要な”アーティスト達との関係への投資など、すべての要素のコンビネーションが必要だ。こんなにたくさんのアーティストが繰り返し参加し、こんなにたくさんの世界中の客がそのセレクションを味わいに訪れる理由は、何よりも「ソナー」の持つ信憑性である。

「ソナー」は、小奇麗でスマートな感覚が好きな人のためのフェスティバルだ。ここにぬかるみは無く、バルセロナのスーパーホワイトな現代アートスペース「CCCB」の清潔さと芝生による、人工的な環境が整っている。夜の会場用には巨大な工業用ウェアハウスが並び、その球体から生み出される最新のオーディオビジュアルを眺めるのには理想的な場所だ。


The busy courtyard thoroughfare

そんな“スマート”カテゴリーに確実に良く合う人と言えば、常に「ソナー」のお気に入りであるマシュー・ハーバートだ。もう何年もの間、どういうわけか私の彼に対する評価は賞賛のコーラスに値しないのだが、彼のパフォーマンスはこのフェスティバルの幕開けに相応しい選択のようだった。

最初のミュージックと美食プログラムに参加しようと、ハーバートのファン達は「エスセナリオ・ホール」を埋め尽くした。これは食とミュージックを一緒に提供するプログラムで、ステージ上のミュージシャンに合わせてシェフが登場する。食との関係に固執して強調するのは、スペイン人にとって良くある試みでは無い。しかし私は、テレビ番組に登場するクッキングショーのスタイルでは無く、アルモドバルの90年代のヒット映画「ハモン・ハモン」のように、2つの大きなハムの足をめぐって必死の戦いが行われるのを願った。

ハーバートは、まるで客など存在しないように振舞いながら、いくつかの塊をこね回し、何にも合わないような支離滅裂な衝撃のビートを作り出した。あまりパッとしないステージ上のパフォーマンスと、繰り返される機械音やグチャグチャという音は、私がハーバートに対する興味を失うのに充分だった。このパフォーマンスの一番の見せ所は、食の思考として、人間の脳に見立てた猫のスキャンをしたビデオ投影で、実際に生の肉がスライスされていた。


Mathew Herbert tucking into a chicken leg, and wincing to the raw onions being sliced nearby

お腹もすき、感銘も受けず、私は外に出てサンドイッチ休憩を取る事にに決め、「ソナー・ラボ」の美しい教会仕様のセッティングの中で行われている、サイモン・ラッセルの「ラフ・トレード・ショップ」の後半を見る事にした。今年はBBCラジオのジャッキー、ジョン・ピールが司会をしていた。私はこの「ラフ・トレード」の男達が好みであったことを認めなければならない。この自惚れた奴らは、どこか可愛さがミックスされ、私の好きな外見をしており、どんなカタログのナンバーも全て知っていると言わんばかりの、震え上がらせるような自信に満ちあふれていた。


The Sonar Lab

美食シリーズのセクションに戻ると、ちょうど「ベジタブル・オーケストラ」の番だった。その名前が示すように、野菜を楽器に見立てて演奏するというものだ。


The Vegetable Orchestra

そのアイディアはあまり上手く表現できていないようで、楽器の多くは濡れたカズー(筒に紙を張り、声を共鳴させて鳴らすおもちゃの楽器)のような音にしか聞こえなかった。そしてそれが、古くからヒョウタンや巻貝を使ってきた祖先達が、改善を見つけ使わなくなっていった理由だと思う。私は常にトリックを期待するが、「ベジタブル・オーケストラ」の10人のメンバーはこれら全てのことを、とても真面目に行っているようだった。最後には彼らの楽器を切り刻んで、ヘルシーなミネストローネスープを会場の皆に振舞えばいいのに、と思っていたが、最後には野菜を楽器として使用した事に対するニヒルなコメントで締めくくった。次の彼らのショー「ロンドン・フィルハーモニック・キャベツ・シンフォニー・No.5」でも同じ事が行われるのだろう。

[NEXT]

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE