NIKE 公式オンラインストア

第8回 文化庁メディア芸術祭

HAPPENING

今年で8回目を迎え、優れた作品を広く紹介する文化庁メディア芸術祭が恵比寿にある東京都写真美術館で行われた。毎年国内外から寄せられた多くのメディア芸術〜メディアアートの作品の中から、選定された作品が展示・上映される。また、それらの作品郡が展示された会場は誰もが無料で観賞できるという、現在のメディア・アートを知る上ではとても参考になるイベント。

昨年同様、アート/エンターテイメント/アニメーションそして日本の文化として広く世界に認知されているマンガの四部門が設けられ、各部門から大賞・優秀賞などの賞を選定する。また、受賞者が参加するシンポジウムなども行われる。


取材当日は、休日ということもあり、沢山の人で会場は賑わっていたが、昨今のメディア・アートへの関心の高さが伺える。また、年齢層もお年寄りから子供まで幅広いもので、普段のこういった展示が行われるスペースでは余り見かけない光景ではあるだろう。また、この日はアート部門の受賞者によるシンポジウムも行われ、そちらの方へも足を運んでみた。

参加アーチストはアート部門大賞「3Minutes2」(このインスタレーションはヨーロッパ最大規模のメディア・アートの祭典、アルスエレクトロニカでも賞を受賞している)のエレクトロニック・シャドウの二人と、同優秀賞に輝いた「GLOBAL BURNING」の新世代メディアアーチスト、平川紀道がシンポジウムに参加し、出展した作品のコンセプトや以前の作品の説明などを行った。

特に印象的であったのは平川紀道の言葉で、例えば宇宙から地球の姿などは実際に目で見た人が少ないにも関わらず現代社会では万人の共通認識として伴っているものであるが、そのような概念的なものをメディア・アートを通して実感の伴うものを作るということであった。

そして、「GLOBAL BURNING」は東京を視点としたジャイロスコープを取り付けたスティックを動かすことで、直線上に地球内部を通ってどの場所へ到達するのかを可視化した作品で、体験者に地球が球体で足元にある地面はどこかへ通ずるという、小学校の時に夢想していたものがスクリーンへと投影されるグリッド状の地球をスティックを動かし操作することで驚きとともに確認させてくれた。
シンポジウムの中で語っていたコンセプトを表した作品といえるだろう。そして、バーチャルリアリティという仮想現実ともう一つの現実、現実とは等価の現実というメディア・アートのなかで重要な要素の一つを占める事柄にも言及しているのではないだろうか。

一方、エレクトロニック・シャドウの「3Minutes2」は凹凸のある立体の空間にプロジェクターで空間的な映像を投影し、そこで映像として現れた男女がストーリーを展開していくというもの。立体的なものと平面的なものが渾然一体となって可視化される不思議なインスタレーションであり、現実にある凹凸を映像表現に利用するという新しい可能性を感じさせるものであった。

他にも加藤太一/じゅげむによる「リキッド・ビッツ」や江口拓人による「ラマーズ4」など会場には所狭しと作品が展示されていた。

メディア・アートという包括的で大きな枠組みの中には静止画、映像、インスタレーション、アニメーション、マンガなど多種多様な表現の作品が取り扱われ、一体メディア・アートとは?という疑問を起こさないまでもないが、公共の場で大規模に議論されることで、この手のアートやメディアに対する認識を高める機会を一般的に促す上で、文化庁メディア芸術祭は重要な役割を担っている。アートというものが社会を反映するという要素を持ち合わせているとすれば、先端芸術が可能性を押し広げる上でのボトムアップとして欠かせないものである。また、このような作品に触れ認識の幅を広げることは純粋に楽しめ、知的好奇心を刺激する機会である。

会期は、2月25日から3月16日までということもあり、このテキストがでるころはまだ会期中なので機会がある人は是非足を運んでみてはどうだろうか。

第8回文化庁メディア芸術祭受賞作品展
会期:2005年2月25日〜3月16日
会場:東京都写真美術館
主催:文化庁・CG-ARTS協会
http://plaza.bunka.go.jp/festival/

Text and Photos: Yasuharu Motomiya

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE