バーニング・マン 2013

HAPPENINGText: Isao Nishiyama

サンフランシスコからハイウェイ・ルート80を北東に4時間ほど走ると、乾いた空気に包まれ突如現れる小さなカジノシティ、リノ。バーニング・マンが開催されるブラック・ロック・シティに最も近い人口およそ20万人の小さな街に、大型のRVや改造された派手派手しい自転車を積んだバンが最後の補給を行うべく無数に押し寄せ束の間の賑わいを見せる。一週間分の飲料と食料、厳しい砂漠で生き抜くためのサバイバル・ギアを買い求める半狂乱なバーナー達によって、リノのウォルマートは小惑星の衝突直前を思わせる乱れ模様だ。

バーニング・マン 2013

2013年8月26日から9月2日までアメリカ・ネバダ州ブラック・ロック砂漠にてバーニング・マン2013が開催された。参加チケットは数ヶ月前からオフィシャルサイトにて発売され、世界各地から集まったおよそ68,000人超の参加者が砂漠の厳しい気候の中で1週間だけ形成されるブラックロックシティの市民として互いに協力し合い生活を共にする。カフェで販売されるコーヒーなどのソフトドリンク、食料を冷やすための氷を購入する以外に貨幣は使用できず、あらゆる商行為は禁止されている。世界中ここにしかない果てしなく創造的で自由なコミュニティの一部になるのだ。

burningman1.jpg

バーニング・マン2013のテーマはカーゴ・カルト。シンボルである「ザ・マン」は超巨大な木製のUFOを模した台座の上にそびえ立つ。ザ・マンから北へ数100mの距離に見える巨大なピラミッドは人々が祈りを捧げる特別な場所ザ・テンプル・オブ・ホーリネスだ。ロサンゼルス・カルバーシティをベースに活動する建築家・アーティストグレッグ・フレイシュマンを中心に設計された幾何学的なブロックを組み合わせる画期的な建築法で建てられている。

burningman18.jpg

このテンプルを目指し、キャンプサイトの中心に位置するセンタープラヤから一直線に伸びる道を白い衣装を纏いランタンを灯しながら歩くランプ・ライターズも必見。バーニング・マンが砂漠で開催されるようになって以来、参加者によるボランティアにより続けられている伝統的な儀式だ。

その他にもザ・マンが燃やされる夜に開催される、身体と精神の包容そして拡張を促す美しい炎の儀式「ファイヤー・コンクラーヴェ」、世界のどこにもないプリミティブなビートを轟かせるドラムショー「アンビエント・ドラマーズ」はスペクタクルに満ちている。その場にいる者全てを繋ぎ、薄汚れた精神を洗い流すようなヴァイヴレーションが最高潮のフィナーレを演出した。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
チーヤン・チェン
MoMA STORE